藁科川 濁りの原因は?(その2)

藁科川の最上流にある「建設発生土処分場」を見てきました。

 

広大な敷地に赤土がむき出しになって、大雨なら土も一緒に流れ出そうな感じがします。

 


地図の「A地点」に「建設発生土処分場」がある。

 


「A地点」の写真

 


「B地点」の写真・・・「A地点」より上流の水色。

 


「C地点」の写真・・・「建設発生土処分場」より下流の水色。
「建設発生土処分場」の下流になるけど、それほど濁りは強くありません。この日は雨も一段落したタイミングなので、残土が流れ出てる様子はないようです。

 

「D地点」の写真
本流側の上流部は、特にひどい濁りはありません。湯ノ島温泉から1kmぐらい上流。

 

「E地点」
まだ茶色っぽい濁りはない。湯ノ島温泉の300mぐらい上流

 

「F地点」の写真
こちらも白っぽい濁りで、濃い濁りはない。湯ノ島温泉から100mぐらい上流。

 

ところが、不思議なことに湯ノ島温泉前あたりから、徐々に茶色っぽい濁りとなり、以下下流までずっと茶色く濁りが入っています。

 

さらに下流の地図です。

 


地図の「H地点」
能又川出合いの上流、茶色い濁りが濃くなってきました。

 

「G地点」の写真
能又川の水色は若干の濁りで、合流しています。

 

「I地点」の写真
対岸に赤土がむき出しの斜面があります。

 

「J地点」
木材の伐採のため、斜面に赤土のままの道路が作られ、広域な赤土斜面があります。見た目にも雨が降れば赤土が流れ出るだろうと思われる。
ここからさらに濁りは濃くなり、浅瀬でも石が見えないカフェオレ色。

 

「K地点」の写真
諸子沢の合流地点、諸子沢も若干の濁りがある。

 

このあたりから下流は、本当にひどい濃い濁りで、泥水のような茶色をしてます。正直なところ仮に水が澄んできたとしても、河床には多くの泥や砂が溜まっていると思われるので、川を歩いただけで濁りの煙幕が広がりそう。

 

この他にも、坂の上堰堤付近や、和田橋、小島あたりに土砂崩れの跡があり、さらに濁りが加わっている可能性があります。

 

写真 坂の上堰堤の土砂崩れ。

 

藁科川の濁りの原因は、さまざまな要因が重なり1つではないようですが、水色が変わったと思われるのが2箇所。

 

1つ目は、写真C地点から湯ノ島温泉の区間で、何らかの濁りが入っている感じがします。急に水色が茶色っぽくなります。

 

2つ目は、材木伐採の工事道路による赤土斜面。「写真J」と「写真I」 このあたりから濁りはとてつもなく濃くなります。

 

今日の濁り具合では、3週間経っても釣りが出来るかどうか疑問です。
最下流の牧ケ谷橋ぐらいまで来ると、徐々に泥が濾されて多少は水色が良くなりますが、それは表面的なものであり根本的な濁りの解消ではありませんね。

 

これじゃ、ひどい時の大井川と一緒!

自分は藁科川と大井川の年券を購入しましたが、どちらもまだまともに釣りが出来ない。

 

なんてこった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019年6月22日(土)某川

解禁から状況が良い人気河川に行ってきました。平日から多くの釣り人が入ってるので、週末はさらに混雑が予想されました。

 

確かに駐車場近辺は釣り人が多いけど、頑張って歩けば他の釣り人を意識せず、好き放題に出来そうです。放流河川のため駐車場近辺がそのまま放流箇所で好ポイントになりますが、当然のこと釣り人も多いのです。

 

人混みで釣るのが嫌いだし、竿抜けや穴場が大好き、だからとにかく歩きます。上流に向け大石を乗り越え、誰も居ないとこまで。ところが途中で急に石色が変わり、駐車場前よりもアカの乗りが悪いような磨き足りてないような違和感を感じました。

 

でも、アカだってあるし、ハミ跡もあるし、魚は居るはずだから大丈夫。(でもちょっと不安(^^;)

 

飛び付きの良い鮎と聞いてるので、ここぞと思う良さげな筋を丁寧に攻めるも反応がありません。周りには誰も居ないので、次から次へと良いところばかりオトリを入れていくも完璧な肩すかし。

 

引舟の置き場所を5回ぐらい移動したとこで、やっと1匹掛かりました。しかもこの日1番のサイズとなる丸々肥えた18cm。2つの流れがぶつかる流心の一等地で、それっぽい場所にそれっぽい魚って感じです。

 

でもオトリが替わっても次が掛かりません。午前中は水温が低いから掛かりが悪いと聞いてたので、そんなものかなと、じっくり腰を据えて水温待ちに徹します。(これが失敗だと後から気づくけど)

 

今日の最低目標が20匹、希望目標は30匹だったので、こんな悠長なことしててはいけないのですが、なんせ澄んだ水で釣りするのが嬉しくて、もうなんかこの雰囲気だけで気分が満たされてました。

 

 

駐車場から大石ゴロゴロの河原を500m以上移動して、苦労したわりに午前中の釣果は14匹。しかも渓流相なポイントだから、幅広くオトリを引けずに、入れ掛かりなしの単発ばかり。数釣りするにはちょっと無理のある流れでした。

 

午前中の釣果

 

しかも、明らかに魚影が薄く、同じポイントで2匹目が釣れないばかりか、ポイントを3か所ばかり探ってやっと1匹釣れるといった具合です。ただ追っ気は強烈でそこに居れば一発で追ってくる。立竿にして目印を見てたら、その脇を黒い影が横切り、その後ろから黒い影が追い、何かと思えばオトリが2mぐらい逃げ走る光景でした。

 

この時は気づかぬ間に逆バリが外れていて、追われてるのに掛からなかったようです。

 

いやホントに楽しい、友釣りの醍醐味というか、釣っててワクワクするし、絶対アイツを仕留めてやるって、次こそはと明確な狙いでオトリ操作することに夢中になれました。

 

昼食後、午後はもう歩き疲れてしまい、駐車場の近くで始めます。午前中に2回も往復して足が上がらないぐらい疲労しました。(スマホを上流の河原に置き忘れた(^^;)

 

駐車場近辺はさすがに釣り荒れして、サイズがイマイチでしたが、周辺の近いポイントで反応があるので、ほぼ大きな移動もせず2時間ほどで13匹。なんだかなぁ〜午前中もう少し上手に立ち回ってたら目標の30匹もいけたかもしれない。

 

スー師匠は合計53匹? 勝〇さんはまったく別の場所で70匹、 案内してくれた斎〇君は短時間に40匹、朝から夕方までやった自分が27匹、まるで勝負にならずの惨敗です。

 

が、、、内心ではがっかりなどしてません。もう正直な気持ちは、とにかく楽しかった、澄んだ水、アカの乗った石、追いの良い魚、これこそ鮎の友釣り、充分に楽しめた1日だったと夜の酒が旨かった。(^^)

 

これで、やっと解禁を迎えられた気分になりました。

 


2019年6月22日(土)某川
場所: 上流部
天候: 曇り時々晴れ
アカ: 平均 80%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ 0.05号
ハリ: スピード6.0号 4本 
時間: 7:30〜11:30 14:00〜16:00
釣果: 27匹 (スー師匠53匹)
サイズ: 13cm〜18cm

 

 

 

 


藁科川 濁りの原因は?

今日も雨で、いやそれ以前に濁りが出てるから釣りは諦めてましたけど、おかげでアマゾンビデオで映画を3本も観てしまいました。ケツにタコが出来そうなぐらい(^^; 最近のお気に入りは、昔の作品から現在までの「ゴジラシリーズ」で、子供の頃から特にキングギドラが大好きでした。(笑)

 

 

と、タイトルについて
今回のテーマは、実際に自分の目で見て調査確認したものではないので、あくまでも噂ということでご了解願います。

 


写真の現場は、湯ノ島温泉の上流500mほどの位置にある「建設発生土処分場」

湯ノ島温泉と言えば藁科川の最上流部で、鮎釣りよりも渓流釣り場になる自然豊かな森林です。ここに、こんな人工的な残土廃棄場所があるとは驚きです。


写真を撮った釣り友の話しでは、ここを境にして上流は澄み、下流が濁りとなってるらしく、降雨のたびにここから土が流れ出てる可能性が高いと疑ってしまいます。

 

 

しかし、これは不法投棄ではなく行政の許可を取ってるようなので、桜エビ不漁の一因と疑われてる山梨県雨畑川の残土不法投棄とは異質なものと言えます。

 

 

個人的に思うことは、「なんで、こんな自然豊かな場所に残土処理を許したのか?その1点です。」誰が許可を出したのか知りませんが、「これでいいのか?」と疑問になります。

 

昔から清流で知られた藁科川は、その流域に住む人達の憩いの場であり、子供たちが自然とふれあう川遊びの場所でした。子供の頃は、夏休みはほぼ毎日、海パンとモリを持って遊んでいたけど、そりゃもうメチャクチャ綺麗で立派な鮎を素潜り見てきました。

 

最近、数少なくなったオイカワやウグイも沢山いて、潜ってると水族館のようなワクワクする豊かな川でしたね。

 

魚が減ったのは、農薬などさまざまな原因があると思うので、一概には特定出来ませんが、ふるさとの川は今後未来に向けても自然豊かであって欲しいと願うばかりです。

 

自分のブログを見てくれてる方は、藁科川で釣りを楽しまれてる方が多いと思うので、嘘か真か実際に自分の目で確かめてみたらどうでしょうか?自分もヒマな時に湯ノ島上流へ行ってみようかなと思ってます。

 

 

 

 

 


 


1本用のロッドケース 工作

梅雨だから仕方がないけど、解禁してからまともに釣りをしてない。

 

ここ数年の藁科川は、濁りの取れないどうしようもない川に変貌し、回復まで2週間近くかかる。今日も茶色の濃い濁りで、たぶん今週末も釣りが出来ないでしょう。

 

そろそろ、このブログタイトル「藁科川の鮎釣り」も潮時かもと思ってしまう今日この頃です。釣行ブログとして継続しても、藁科川にこだわる必要性は残念ながらもう無い。

 

そんな悶々とした日々を過ごし、先週末は暇を持て余してホームセンターへ。ホームセンターでの探索は楽しくて、「これをあーして、こーして、組み合わせたら」などと妄想が膨らんでいきます。100円ショップでも似たことをしてる。

 

写真は、雨樋の陳列棚です。
筒状の雨樋の径が42mmと極細タイプを見つけ、「これ使えるかも?」と妄想が始まりました。

 

ついで、テーブルや椅子の足に付ける保護キャップを探索し、暖衝材のゴムスポンジも物色。

 


このスポンジは反発力があって、竿に詰めたら具合が良さそうです。

 

雨樋を150cmの長さに切ったあと、下部に栓をするように、サイズが具合の良い保護キャップを取り付け、外れないようにビスでガッチリ固定しました。中にはゴムスポンジを入れてるのでビスの先は隠れます。

 

そして、次は上栓を探します。

 

 


これが測ったようにピッタリの保護キャップがあって、これでもうロッドケースの完成です。近場の釣りなら特に予備竿も持たずに、1本用の竿ケースが欲しいと思っていたところです。

 

ここまでの制作時間は1時間程度、実用性のみ見た目を気にしなければ、これで充分使い物になりますね。材料費 1,500円程度でした。


でも、せっかく革作りしてるので、ここからが手間のかかる作業になります。やり始めたらもう面倒臭くて、何度も止めようかと挫折しそうでした。

 

でも最後まで縫い続けることが出来て、なんとか格好だけは整いました。

 


150cmもの長い革は手元に無くて、わざわざ買えば高いので、継ぎ接ぎだらけだけど、それが逆にデザインっぽくなったので良かったかも。

 

灰色部分はワニ型押しのエナメルで、まぁ水濡れに強いからエナメルを使ったんだけど、なんだかテカテカしてビニールっぽい。黒い部分はオイル含みのヌメ革を使用。

 

将来的に免許返上で車に乗れなくなったとしても、これなら軽量だからチャリンコに乗って釣り場に行けるかもしれない。その頃には鮎も壊滅的になってて釣りどころの話しじゃないかも?それぐらい近年は不漁が続いてる藁科川です。

 

今週末は、どこか他の川へ行こうと思案中。(^^)/

 

 

 

 

 


 


2019年6月1日(土)藁科川

白っ川を承知の上で、釣果を期待する気持ちも無く、ホームグランド藁科川の解禁日なので、ここ一択です。

 

解禁前、季節外れの豪雨により古ゴケも流れて、おかげで川が綺麗になって良かったなとポジティブに考えます。放流魚がどうなったか、そんなことはどうでもいい。

 

2月ぐらいから川を観察してきて、今年は天然遡上が極端に小さく数も少ない感じだだったので、過大な期待は年の初めからしてません。そんな感じなんで、解禁日が好条件でなくても受け入れる準備はあった。

 

で、本当にアカ飛びなのか?

 


こんな感じです。ヘチまでザラザラした石。
でも、探せばところどころにヌルっとした石もあります。

 

珍しく早朝6時半頃から始めますが、生体反応は皆無。川を切っても逃げ惑う鮎の姿が見えず、たまにヘチに7cmぐらいのがチョロチョロしてる。

 

が、突然「ガッ」と手に伝わる!
半年ぶりなので何の信号か迷うが、今のは野鮎がハリに触った手応えのはず。きっと、すれ違いざまのチビ鮎だろうと思う。案の定、それからは無反応が続き、他のポイントを探して歩く。

 

重たいウエーダーと、水で満杯の引舟、ポイント探しで想像以上に足取りが重く、身体が慣れてない。

 

それでも、いろいろなポイントを見て回り、ここが1番マシと思われる瀬で粘ってると、やっと1匹目、細くて白い鮎が掛かりました。

 

今年最初の鮎。

 

それからは、少しサイズアップし、白っ川だけど明らかに追って掛かってきます。でも長続きはしません。あらかた目ぼしい瀬の筋を引くと、もう同じ筋では掛かってきません。まだまだ全面に鮎が付くには程遠い状況です。

 

 

 

午後は川小屋裏で始めますが、上流側(やまびこ前)が河川工事の影響で一変していて、とりあえず今後のために見て回りましたが、掘り起こされた石や岩が尖ってて、アカが付いて川に馴染むにはしばらく時間が掛かりそうな景色でした。

 

そんなポイント観察をしてるうちに身体が重くなり、立ってるのも辛くなりました。体力不足を実感し、午後はまともに釣りもせずにギブアップです。ひたすら疲れた眠い。

 

極端な降雨が無ければ、今週の中頃ぐらいには川の条件が良くなりそうで、本格的に楽しめるのは、今週末かなと思ってます。ただし、魚が居ればの話しだけど。(^^;

 

2019年6月1日(土)藁科川
場所: 下流部
天候: 晴れ
アカ: 平均 0%〜10%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ 0.05号
ハリ: スピード6.0号 4本 
時間: 6:30〜10:30 12:00〜14:00
釣果: 7匹 (スー師匠11匹)
サイズ: 13cm〜15cm

 

 

 

 


男の散髪

男は、散髪屋を滅多なことじゃ変えません。
引っ越したとか、店潰れちゃったとか、どちらかと言うと、仕方なく他の散髪屋を探すしかない状況まで、特に意識せずお世話になります。

 

同じ店で「いつものように」って言ってる方が楽だし、仕上がりが想定出来るから細かいこと気にしなくていいしね。

 

自分はもうずっと同じ散髪屋さんでした。コミュニケーションも普通に取れてたし、出来栄えにも不満が無かったし、申し分のない店でしたが、転機は突然やってくるもんです。

 

近所に、カット専門で1,000円のお店がオープンしました。
お世話になってるお店には申し訳ないと思いつつ、試しにとりあえず1回だけ切ってもらおうと出掛けてみると。

 

ヤバイ! メチャ早い! まだ10分も経ってないのに終了。顔剃りやシャンプーもない、まさにカットのみ。これでいいのか? 何かやり足りてないんじゃ? 散髪ってこんな簡単に終わるもの?

 

シャンプーが無いかわりに、掃除機みたいなので頭ボワボワと吸われて、カット済の毛を掃除されましたが、それでも首元あたりがチクチク残ります。夕方に行ってすぐに自宅で風呂に入る手筈が有効です。(^^;

 

こんなんでいいのか?

 

自分的には大正解と言うか、これまでの煩わしい時間が解消されて、散髪することに対する嫌悪感が無くなりました。じっとしてるのが苦手な自分は、散髪屋の椅子に長時間座ってるのが何よりも苦痛でした。

 

賛否両論はあります。昔からお世話になっていた散髪屋では、あんな散髪で値段だけ安くして、髪切り屋の風上にも置けないと、自分もそれに同調していたけど、実際に体験してみると、これはこれで悪くないと思ってしまった。

 

と言うより、こっちの方が断然イイ!

 

今までならカットだけでも4,000円弱、1ヶ月半ペースで1回行ってたけど、今では月に2回のペースで行くようになり、常に快適な状態を維持出来てます。それでも費用は前より安く済んでる。

 

髪切るのに10分で済むなら、もう気楽なもんです。苦痛を感じません。1,000円だから懐の負担もありません。

 

近所の居酒屋で、たまに前の散髪屋の兄ちゃんに会うけど、「ごめんね」と挨拶はするけど、元に戻る気はありません。

 

 


話しはガラリと変わり(^^;

 

本日、やっと鮎釣りの準備をしました。
とりあえず、新たに仕掛けを作るのを断念し、昨年の仕掛けをチェックし、ツケ糸や鼻カン周りを取り換え、4セットだけ使えるようにしました。

 

また、ハリケースには、昨年秋の大き目のハリを片付けて、小バリ中心にびっしり詰め込みました。

 

明日は興津川や狩野川の解禁日ですが、週明けの月曜だし、あまり良い評判も聞かないし、今年は真面目に仕事に励みます。行くとしたら週末の土曜日が今年の初鮎釣りになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


連休後半と次の週末

5月3日、女房孝行を主目的に横浜へ。

 

目指すは革製品の「genten 横浜元町」です。うちの女房はここのファンで、CHANELやVUITTONなどのメジャーブランドより、日本の職人が作るgentenがお好みなのです。

 

LVのロゴが付いてるだけで高いバッグより、手に馴染む良質の革と見事な縫製技術のこっちの方が断然良いと思うよ。と、常々自分が言っていたら、完全に洗脳されてしまったようです。(笑)

 

ちなみに、自分が作る物に対しては、まだまだ認めようとしません。「仕方ないから使ってあげる」程度の扱いです。いつか追いついてやる(^^;

 

ここで女房は4万円のバッグを購入。ニコニコ顔です。
自分は当然のごとく、いろいろな製品を手に取り、女房が物色中に縫製の仕方などをチェックして盗んでました。

 

お昼は、すぐ横にある中華街と思っていたけど、半端ない激混みで断念し、元町に戻って裏通りの洋食屋さんで。味は普通、特に印象もない味でした。

 

 

あと、いろいろ、横浜のコストコなどに行って、とりあえず連休の女房孝行は終わりました。

 

5月6日、またまたヘラ釣りに。

 

この日は、最初から好調で、ポツポツと飽きない程度に釣れてくれました。
尺近いヘラは重量級で、玉網に入れても重くて片手で上がりません。充分に楽しめました。

 

 

5月12日、清水の蕎麦屋へ。

 

手打ちそば「千花」  静岡県静岡市清水区大沢町5−15

 


これで5回目ぐらいになるけど、最近のお気に入り蕎麦屋です。

立ち食い蕎麦と比べれば高いけど、高級蕎麦屋よりリーズナブルで、蕎麦も旨けりゃ天ぷらも旨い。ツマミのメニューも旨そうだけど運転があるから呑めない。次回は夜、電車とタクシーを使って呑みに来ようと計画中。(^^;

 

こんなことをしつつ、革作りもボチボチと。

 

オールド? レトロ? そんな古時計収集が好きな自分は、写真の「TIMEXインディグロ」の革ベルトが痛んできたので、自作のベルトを作ってみました。

 

 

なんだか、近況をダラダラと記してしまいましたが、実は重大なことをまだしてません。

 

鮎の仕掛け作りが・・・まだ手付かず・・・アセアセ(^^;

 

今の気分は、「あ〜〜面倒だから、去年の仕掛けをチェックして、それをメンテすりゃいっか!」 最初の頃の意気込みは「面倒」の二文字で砕け散る。(笑) こりゃ解禁日は古い仕掛けのままだぞ。

 

 

 

 


今年最初の1匹目は・・・(^^;

もう5月になるのに、本日で3回目の釣行です。
過去2回は渓流へ行き、ボウズどころかノーアタリで惨敗。

さすがに何でもいいから釣りたいと、ヘラ鮒釣りに出掛けました。

 


こんな感じでヘラ釣りしてます。(写真は勝〇さん)

 

やっとGWの天気も良くなり、川根の野守の池に行き、ポイントを定めようとするタイミングで電話が掛かってきました。「こっちにいるから一緒にやろうよ」車種で自分が来たことがバレバレでした。

 

隣り合わせで釣り座を構え、おもむろに始めます。ヘラなら悪くてもボウズはないだろうと大見栄も切って、黙々とエサを打つも・・・。午前中ボウズ。(ヤバイ!)

 

 

毎日来てる人の話しだと、今日はまるで釣れない。昨日とはエライ違いだと言うが、周囲ではポツポツと釣れてます。きっと活性が昨日とは違って食いが悪いということなんでしょう。

 

でもヤバイことに変わりはないし、何とか1匹釣らなくてはとウキを凝視してると、明確なツンというアタリが出て反射的に合わせました。

 

ん?何か重い。 でも引かない。 ゴミか?

 

釣れてきたのは、写真のカメ!!

 


今年最初の1匹目が、カメかよぉ! 今年1年が思いやられる。(^^;
でも、なんか可愛いやつで、模様も綺麗だったので、しばらく眺めてました。もちろんその後には放流しました。

 

肝心のヘラは、それからポツポツと5枚ほど釣れたので良かったし、型が良いので、数は少なくても釣った感を味わうことは出来ました。

 

 

鮎の解禁までまだ日があるので、またヘラ釣りに行こうかなと思ってます。でも渓流もちょっと気になるし、海も行きたいし、カウントダウンが近づいてきたら、急に慌ただしい気分になってきました。

 

 

 

 

 


 


ポストマンバッグを作ってました。

 

鮎が解禁してないのに、10連休は多すぎます。
小さい子供がいるわけじゃなし、誰かをどこかへ連れてく予定もない。

 

ダラダラとは過ごしませんが、それでも時間はたっぷりあって、それなりにやる事を決めて大まかに予定を組んでみる。

 

・まずは今シーズンの鮎の仕掛けをまとめて作り上げたい。(必須項目)

 

・次はレザークラフトで何かしら作りたい。(気分次第)

 

・最後に女房とどこかへ出掛けて連休気分を味わう。(半分孝行)

 

連休初日は思いのほか寒かったので釣りを断念し、頭の中の構想図だけでフリーハンドで革を切り出す。大雑把にやってもなんとか形になるんで、最近は型紙みたいな設計図を必要としない。

 

作っていく過程で新たな構想が浮かび、修正を加えたり方向転換したり、要するに出たとこ勝負な感じで革を切っては縫っていく。(笑)

 

 


今の仕事は、半分肉体労働なとこがあり、これからの季節に水筒は欠かせない。そこで水筒も入る大きさのバッグを作ろうと思う。
スマホはすぐ取り出せる方が便利なので、幅広で出し入れしやすいポケットを1つだけ付ける。

 


こんな構想で完成したのが、こんな形のバッグ。

 

革は、牛革でプルアップのヌメ革を使用。ちょいと傷ありな革だけど、本質は良い革だから今後が楽しみです。制作時は明るめのグレーだけど、経年変化で徐々に茶色がかってきて、複雑で味わい深い色合いになっていくと思います。

 

これ作るのに3日間、もちろん朝から晩までやってるわけじゃなく、途中でパチンコに行ったり、買い物に付き合ったりで、それでも正味12時間ぐらいは掛かりました。なんせ1針1針と手縫いですから、まぁ時間は掛かります。(革用のミシンが欲しい)

 

これで予定の1つは終了。


明日、明後日は東海地方は雨予報なので、この2日間は仕掛け作りになりそうですね。行楽はその後ということになりそうです。行き当たりばったりで決めます。(^^;

 

 

 

 

 


メバルの干物、マジ旨。

熊本の友人から干物が届きました。

 


メバルとアジを数匹づつ。(写真はメバル)

 

アジは普通に魚屋さんで売ってますが、メバルは滅多にお目にかかれません。

 

関東からのお客さんが絶えない沼津魚市場でも、さまざまな魚種を干物にして売ってるけど、メバルはほとんど見かけた記憶がない。

 

商売として成立するのは、網で大量に捕れて安定供給が可能な魚に限られるから、メバルは狙って網で捕るには、あまりに効率の悪い魚ではないか?

 

 

家庭コンロですが、メバルの干物を焼いた写真。
表側は見た目が黒いからグロテクスながら、身の方は白身で旨そうです。

 

で、食べたところ・・・

 

何とも例えようのない旨さが口いっぱいに広がりメチャクチャ旨い。


強いて言えば、アジとタラとカマスを合わせて脂がのってる身。(余計わからん)

 

しかも写真でわかるように、見事な包丁さばきで、背骨に沿った身がほとんど付いてない。実は陽に当たってカラカラになった骨に着いた身も好きなんですけどね。(笑)

 

こういうのが趣味の釣りの隠れた楽しみかもしれませんね。魚屋に売ってない魚、一般的な魚なのに一般人には味わえない魚。

 

川小屋で指折りの名手〇柳さんは、冬になると磯でメジナを釣ってますが、そのメジナを刺身で食べさせてもらったことがあるけど、それはもう絶品、質の良い脂が乗り、また食べたい忘れられない味でした。

 

メジナも網で大量に捕獲出来ないし、磯に立つ釣り人だけが味わえる特権かもしれません。

 

まぁ正直な意見として、川魚である鮎より、海の魚の方が断然旨い。自分が鮎を釣るからって、鮎の方が旨いなんて断じて言いません。

 

他にも、鮎とアマゴを比較してもアマゴの方が旨いと思う。(^^;

 

日本人は、何となく鮎を美化して、風物詩として、鮎の塩焼きが旨いと思ってるだけで、実はたいして旨い魚ではない。でもご近所に配れば大変喜ばれる魚ではあるけど。

 

キャッチ&リリースと恰好つけて言ってるけど、実は釣りから帰っての魚の処理が面倒なだけ、さらに家族が魚屋の魚は好んで食うのに、自分が釣ってきた魚は敬遠する被害妄想?だけどこれだけ上手に旨く捌けけるなら、真剣に食材として持ち帰ってみたい気にさせます。

 

そう思っても・・・

 

釣れ〜〜〜ないから、まずはそこから奮起が必要。(^^;

 

 

 


okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM