安心感のあるレフリーでした。(スコットランド戦)

スコットランドに勝ちました。
とてもいい試合でした。

 

写真は別の観戦試合(エコパのオーストリア対ジョージア)

 

いやいやそれにしても、自宅のテレビで観戦してるだけなのに、喉はカラカラ、試合終了後はぐったりして動けませんでした。それでも、ビールを開けて女房と2人で祝杯を上げましたよ。

 

自分の予想は五分五分、期待値込めて日本が1トライ差以内での勝利としたが、まさか4トライも取るとは思いもよりませんでした。

 

もっとペナルティーゴールで地道に3得点を重ねていくと思ったけど、スコットランドが自陣で反則しないから、ゴールを狙いたくても狙いようがない。ここらへんはさすがスコットランドですね。

 

試合中にふっと感じたのは、サモア戦の時のレフリーだったらもっと苦戦して負けたかもしれないな、なんて思いました。

 

ラグビーのレフリーって独特なところがあって、明らかなノックオンやスローファーなどは誰が判定しても同じだけど、密集などでのノットリリース、オーバーザトップなど、時間やタイミングで若干のズレが生じる判定はレフリーによって異なります。

 

選手はそれも加味してレフリーの癖を感じとり、次のプレーに活かしていくものですが、サモア戦のレフリーは日本のリズムに合わない判定をしてるように見えたので、けっこう苦戦してました。

 

でも、ラグビーのレフリーは試合をコントロールする能力に長けていて、他のスポーツ同様の結果に対しての判定だけじゃなく、プレー中に選手に注意喚起して、反則が起こらないように指導もしています。

 

ラックの中でボールに触れようとする選手にダメ!とか、オフサイドラインを手で示して下がれ!とか、スクラムが上手く組めないと両チームの選手と話し合う。

 

大学ラグビーの中継を見てると、レフリーに付けられたマイクから、ここはこうしようね、これしちゃダメだよ、とか適切で柔らかい口調で指示してることが多いです。

 

だから、ラグビーファンの中には、レフリーファンもけっこういます。レフリーの名前なんか普通知らないものですが、ラグビーファンは「あのレフリーのファン」ってのが存在します。

 

うちの女房もその1人で、すごく人間味があって大好きと言ってます。


年末からお正月にかけて、ラグビー大学選手権があり、NHKで放送するので、そんなとこも注意して見てると、なおラグビーが面白くなります。

 

 

 

 


「やくたいもない」物が好き

日曜日に、女房に付き合って映画「ライオンキング」を観てきました。
ディズニー映画なので、ほぼストーリーは解っているのですが、今回の作品は全編CGで作成されているという興味深いもの。

 


写真の映像・・・動物はもちろん、草木まですべてCGで実在しない架空のもの。

最初こそ、「すげぇー、空も水も、これ全部CGかぁ!」と感嘆しましたが、だんだんと慣れてくるとその感動も薄れて、普通の動画と同じ感覚になり、瞬く間に眠気が襲ってきます。女房には内緒だけど半分ぐらいは寝てた。(^^;

 

話しはコロコロと変わり、

 

最近、仕事帰りの小一時間ほど、近くの港でアジングしてました。アジングと言っても、まぁ何でも釣れればOKというスタンスなので、ジグヘッドにワームだったり、マイクロジグでメッキやカマス狙いだったり、だらしないほど主体性の無い釣りです。

 


写真の魚は見てわかるように「イシモチ君」です。
30cm近くあったので、釣り上げるのにもけっこう重量がありました。これ、ジグヘッドのワームで釣れました。そりゃまぁ海なので、何が釣れるかわかりませんが、ワームでイシモチはびっくりです。本命のアジはカスリもしなかったけど、この他に30cmあるカマスも釣れたり、何かしら反応があるので面白い。

 

仕事帰りで手軽なので、今後もちょこっと続けてみたいとは思ってます。

 

また話しは戻り、

 

映画館があるのは「セノバ」という大型ショッピングモールで、食事の階にレトロな飾りものがありました。

 


写真の黒電話、うちにはつい最近まであって使ってましたよ。

 

映画と共に買い物も目的半分でブラブラと店舗を見て回ってると、女房のケツにくっついてある雑貨屋で陳列商品を見てると、ビビビッと自分を引き付ける物体がありました。

 


陸ガメ、ゾウガメ、名称は何でも良いが、なかなかの質感で思わず手に取ってしまった。値札を見ると1,600円となってて迷ったのは数秒、すぐレジに持って行って女房には隠すように内緒で購入。

 

何買ったの?と問われても言い出せず、自宅に帰って包装を開けた瞬間に、女房が「やくたいもない」とそっけない一言。それでも酷い言い方ではなく、「またか」といった感じで受け入れてくれました。

 

と言うのも、こうした「やくたいもない」ブツは、けっこう好きで過去にもいろいろ買って、部屋に飾っているのでした。

 


これは熱川のバナナワニ園で買った「ワニ」
これも質感がなかなかだし、迷わず一発衝動買い。(^^;

 


こんなレトロなブツも好きで、オークションで昔のカメラ落札。500円ぐらいだったと思う。
これメッチャ重くて、この時代は重さに高級感を感じてたのかなと思うほど。でも部屋の飾りとしてお気に入り。

 

そうそう、例のタダ券、ラグビーワールドカップの座席券、よく見ると3枚同じ絵柄じゃなく、凝ったデザインだなと思います。

 

しかし、予選ブロックの最終戦で、強豪ワラビーズ(オーストラリア)だから、かなりの確率で消化試合になりそうな予感がしてきました。控え選手で適当にやって主力温存が妥当なところかな。まぁ雰囲気が楽しめれば良しとします。


ところで、鮎は?????
なんかもう、今年はどっちでもいい。そんな心持ちです。
だって、魚いないし、釣れても小さいし、燃える気持ちは梅雨開けの頃の早々に失せてます。
 

 

まだ、納竿はしてないけど・・・(^^;

 

 

 

 

 

 


ラグビー観戦チケットがひょっこり舞い込む。

ラグビーワールドカップが想像以上に盛り上がってますが、興味のない人には他人事のようで、テレビの中継も観てないと愛想もない。こっちはラグビー会話したいのに。

 

ファン歴が20年近い自分としては、少しでもにわかファンが増えて、もっとラグビーが日本に根付いてくれればと期待しています。

 

ニュースでも大きく取り上げられたアイルランドとの一戦は、まさか勝つと思わなかったので日本代表には恐れ入りました。

その前のアイルランド対スコットランドの試合内容を見れば、アイルランドは鉄壁で付け入る隙のない本物の強さ見せてました。ランキング1位だったのもうなずけます。

 

だから日本代表を信じないわけじゃなかったけど、勝てる可能性があるとしたら20点以下のロースコアとは予想ししても、それすらほんのわずかな望みでした。それがどうでしょう、堂々と真っ向勝負で最後は相手に攻めるのを諦めさせたんだから尋常ではない。

 

否定的な人の意見を聞くと、日本代表と言いながら外国人がいっぱいで、あまり日本って感じがしないからスッキリしないようです。確かに外国人の助っ人が居ないと強豪国に勝てないので、現状では仕方のないところです。

 

あとルールが解りにくいのも馴染めない理由で、特に密集でゴチャゴチャしてる中での反則は解りにくいものですが、これが解ってくると個々の選手の働きやチームの戦略が見えて、ラグビーが本当に面白いスポーツと感じられるようになります。

 

静岡では、エコパスタジアムで4試合が行われ、日本との対戦はアイルランド戦だけで、あとは海外勢の3試合が予定されています。アイルランド戦は負け試合を見るのが悔しいので見たいけど見たくなかった、勝つんだったら行けば良かったと悔やみました。(^^;

 

そして、悶々とした気持ちでテレビでラグビーを見てましたが、今日になってある方面から観戦チケットが舞い込み、スタジアムで観戦できることになりました。しかも、1.5万円のチケットが3席分も無償で!バンザーイ(^^)/

 

日本戦ではないけど、強豪のワラビーズ(オーストラリア)の試合だから、世界レベルの本気ラグビーを生で見れるなんて願っても無い幸運です。

 

こうなったら「ビール飲みまくるぞぉーー」って、そっちかい?

試合日は金曜だから二日酔いも気にしない。(^^;

 

 

 

 

 


エアープランツってナニ?

なんだか変なものに興味を持ってしまいました。

 

近くのホームセンターで展示されてた「エアープランツ」という植物で、鑑賞用のインテリア向けなんだけど、この植物の面白いのは、土に埋めるでもなく、水耕栽培でもなく、そのまま空間に放ったらかしで勝手に育っていく不思議な生態にあります。

 


写真は、100円ショップダイソーで買ってきた「エアープランツ」

 

根もなく、葉だけで、普通なら死んでるような植物だけど、これで立派に成長してるようです。(現在生きてるのか不明で確認中w)

 

ウィッキペディアによると、・・・・・『エアープランツ(Airplants)とは、ハナアナナス属のうち、空中の水分に依存し、そのため土や根を必要とせず葉から雨や空気中の水分を吸収する着生植物をいう。園芸の分野で一つのジャンルを構成している。』

 

 

写真のように、流木に固定してやると、ちょっと見栄えが良くなりますね。これが最初に興味をもったきっかけでしたが、何と1,200円もしました。あとでネット検索したら100円ショップでも売ってると知り、オイオイと地味に驚きました。

 

こいつの世話は、水やりを週に2・3回程、霧吹きで吹いてやれば良いようです。物ぐさ人間にはピッタリな植物であり、上手に育てれば花も付けるようです。

 


ネットから引っ張ってきた写真ですが、こんな風に花を咲かせるらしい。

 

植物ってのは、日に日に成長が見えるわけじゃなく、スローな変化で退屈な生き物ですが、世話をしてあげればそれなりに応えてくれるもの。と信じて、必ずや花を付けさせてやると根気よく見守っていきたいと思ってます。

 

これからは、川に釣りに行っても、流木探しの方が忙しくなりそう。(^^;

 

 

 

 


男の散髪

男は、散髪屋を滅多なことじゃ変えません。
引っ越したとか、店潰れちゃったとか、どちらかと言うと、仕方なく他の散髪屋を探すしかない状況まで、特に意識せずお世話になります。

 

同じ店で「いつものように」って言ってる方が楽だし、仕上がりが想定出来るから細かいこと気にしなくていいしね。

 

自分はもうずっと同じ散髪屋さんでした。コミュニケーションも普通に取れてたし、出来栄えにも不満が無かったし、申し分のない店でしたが、転機は突然やってくるもんです。

 

近所に、カット専門で1,000円のお店がオープンしました。
お世話になってるお店には申し訳ないと思いつつ、試しにとりあえず1回だけ切ってもらおうと出掛けてみると。

 

ヤバイ! メチャ早い! まだ10分も経ってないのに終了。顔剃りやシャンプーもない、まさにカットのみ。これでいいのか? 何かやり足りてないんじゃ? 散髪ってこんな簡単に終わるもの?

 

シャンプーが無いかわりに、掃除機みたいなので頭ボワボワと吸われて、カット済の毛を掃除されましたが、それでも首元あたりがチクチク残ります。夕方に行ってすぐに自宅で風呂に入る手筈が有効です。(^^;

 

こんなんでいいのか?

 

自分的には大正解と言うか、これまでの煩わしい時間が解消されて、散髪することに対する嫌悪感が無くなりました。じっとしてるのが苦手な自分は、散髪屋の椅子に長時間座ってるのが何よりも苦痛でした。

 

賛否両論はあります。昔からお世話になっていた散髪屋では、あんな散髪で値段だけ安くして、髪切り屋の風上にも置けないと、自分もそれに同調していたけど、実際に体験してみると、これはこれで悪くないと思ってしまった。

 

と言うより、こっちの方が断然イイ!

 

今までならカットだけでも4,000円弱、1ヶ月半ペースで1回行ってたけど、今では月に2回のペースで行くようになり、常に快適な状態を維持出来てます。それでも費用は前より安く済んでる。

 

髪切るのに10分で済むなら、もう気楽なもんです。苦痛を感じません。1,000円だから懐の負担もありません。

 

近所の居酒屋で、たまに前の散髪屋の兄ちゃんに会うけど、「ごめんね」と挨拶はするけど、元に戻る気はありません。

 

 


話しはガラリと変わり(^^;

 

本日、やっと鮎釣りの準備をしました。
とりあえず、新たに仕掛けを作るのを断念し、昨年の仕掛けをチェックし、ツケ糸や鼻カン周りを取り換え、4セットだけ使えるようにしました。

 

また、ハリケースには、昨年秋の大き目のハリを片付けて、小バリ中心にびっしり詰め込みました。

 

明日は興津川や狩野川の解禁日ですが、週明けの月曜だし、あまり良い評判も聞かないし、今年は真面目に仕事に励みます。行くとしたら週末の土曜日が今年の初鮎釣りになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 


連休後半と次の週末

5月3日、女房孝行を主目的に横浜へ。

 

目指すは革製品の「genten 横浜元町」です。うちの女房はここのファンで、CHANELやVUITTONなどのメジャーブランドより、日本の職人が作るgentenがお好みなのです。

 

LVのロゴが付いてるだけで高いバッグより、手に馴染む良質の革と見事な縫製技術のこっちの方が断然良いと思うよ。と、常々自分が言っていたら、完全に洗脳されてしまったようです。(笑)

 

ちなみに、自分が作る物に対しては、まだまだ認めようとしません。「仕方ないから使ってあげる」程度の扱いです。いつか追いついてやる(^^;

 

ここで女房は4万円のバッグを購入。ニコニコ顔です。
自分は当然のごとく、いろいろな製品を手に取り、女房が物色中に縫製の仕方などをチェックして盗んでました。

 

お昼は、すぐ横にある中華街と思っていたけど、半端ない激混みで断念し、元町に戻って裏通りの洋食屋さんで。味は普通、特に印象もない味でした。

 

 

あと、いろいろ、横浜のコストコなどに行って、とりあえず連休の女房孝行は終わりました。

 

5月6日、またまたヘラ釣りに。

 

この日は、最初から好調で、ポツポツと飽きない程度に釣れてくれました。
尺近いヘラは重量級で、玉網に入れても重くて片手で上がりません。充分に楽しめました。

 

 

5月12日、清水の蕎麦屋へ。

 

手打ちそば「千花」  静岡県静岡市清水区大沢町5−15

 


これで5回目ぐらいになるけど、最近のお気に入り蕎麦屋です。

立ち食い蕎麦と比べれば高いけど、高級蕎麦屋よりリーズナブルで、蕎麦も旨けりゃ天ぷらも旨い。ツマミのメニューも旨そうだけど運転があるから呑めない。次回は夜、電車とタクシーを使って呑みに来ようと計画中。(^^;

 

こんなことをしつつ、革作りもボチボチと。

 

オールド? レトロ? そんな古時計収集が好きな自分は、写真の「TIMEXインディグロ」の革ベルトが痛んできたので、自作のベルトを作ってみました。

 

 

なんだか、近況をダラダラと記してしまいましたが、実は重大なことをまだしてません。

 

鮎の仕掛け作りが・・・まだ手付かず・・・アセアセ(^^;

 

今の気分は、「あ〜〜面倒だから、去年の仕掛けをチェックして、それをメンテすりゃいっか!」 最初の頃の意気込みは「面倒」の二文字で砕け散る。(笑) こりゃ解禁日は古い仕掛けのままだぞ。

 

 

 

 


歳だから仕方がない

目纏(めまとい)って虫、知ってますよね。


渓流釣りなどに行くと、目前をウロチョロ飛び回る小さい虫です。追っ払ってもすぐ目前に現れて、老眼のせいもあるけど黒くぼんやりしか見えず、手をパチっと合わせても、まず退治できない厄介者です。

 

ある日のこと、運転中に目纏が現れたんです。

 

何度も繰り返し、同じ場所に出てくるので、うるさいやつだなと思ったけど、そのうち目纏じゃないことに気づきました。

 

瞳を動かすのと呼応して動くので、瞳にホコリでも付いてるのかと思いました。目を擦ったり激しく瞬きしても、その影が消えず、その日は諦めて一晩寝て過ごしたけど、翌日になっても目の前をウロチョロしてます。

 

数日後、仕方なく眼科にかかり、医者に症状を伝えると・・・、
「〇〇さん、その歳だからねぇ、仕方ないですよ」

 

歳だからって、そんな言い草はないでしょ、しかも、いきなり。
さらに続けて「治療法は無いので慣れるしかないですよ」

 

このことを飲んでる時に、同年代の仲間に話したら、「俺もそうだよ」「俺はずいぶん前からなってる」って、その時に病名も教えてもらった。

 

「ひぶんしょう」
漢字で書くと飛蚊症となり、ちゃんと文字変換の候補に出てきます。

 

※文面(日本眼科学会
黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見えたことはないでしょうか。このように、視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。目を動かしても、影は同じ方向に移動しかつ細かく揺れるので、その名のとおり目の前を蚊が飛んでいるように感じます。ただし、影の形は、ひも状のものやリング状のものなどさまざまです。いつもは気が付かなくても、白い壁を見たときや空を見たときにははっきりと現れることが多いといわれています。ほとんど場合は、加齢などの生理的変化によるものですから、心配いりませんが、たまに網膜剥離など重篤な疾患の前触れであることがあるので注意が必要です。

 

先日も、足に湿疹ができて病院に行くと、歳をとると肌が乾燥するので、それが原因で湿疹ができたんでしょう。と言われ、何でもかんでも歳のせいにされてしまう。

 

若いうちは知る由もない病気になる。
まったく歳はとりたくないもんですね。

 

自分より歳の多い人たちは、さらに多くの身体的不満を抱えている可能性があるので、これぐらいのことで文句を言ってはいけませんが、釣りが出来るうちはまだまだ若いつもりで頑張ります。

 

 


今回は写真が無いので、日曜日に見てきた「天空の坪庭」の写真(一部)を。
1坪の中に各クリエイターの世界があり、どれも甲乙つけがたいけど、好き嫌いもはっきり分かれそうな感じもしました。

 

 

 

 


JR静岡駅ビル パルシェ屋上で、4月5日(金)から4月7日(日)まで開催してました。もう終わってます。

 

 

 

 

 


microUSBケーブルの裏表が見えない → 老眼(^^; その対策。

ダイソーで買ってきた「もこもこペン」
なんと5色もあって100円とは太っ腹? めちゃ安いと思う。

 

これはペンと言うより、絵の具のチューブから絞り出す感じで、4時間ほどで完全硬化します。塗って乾いた状態は、軟質プラスチックのような硬柔らかな触感。

 

これを購入した動機は、ある不便さを解消するがためです。

 

 

 

表題のmicroUSBケーブルの裏表が見えない。

 

スマホをはじめとする携帯機器、カメラ、バッテリーなど、さまざまな周辺機器を接続するUSBケーブルの中で、microUSBケーブルは裏表があるので、向きを確認して差し込む必要があります。

 


左:USB Type-C
中:microUSBケーブル
右:Lightningケーブル

 

写真左のType-Cは、最近の電子機器の主流になりつつある。
裏表どちらでも差し込めます。
自分のスマホ(アンドロイド)はこのType-C仕様です。

 

写真中が、多くのメーカーが採用してるmicroUSBケーブル。
裏表があり、差し込む向きが限定される。
加熱式タバコも含め、つい最近までの電子機器ほとんどがこれ。

 

写真右は、アップル独自のLightningケーブル。
裏表どちらでも差し込めます。
認証チップ搭載で自社マーケットの管理をしてるらしい。(せこい?)


裏表のあるmicroUSBケーブルは、老眼だと見づらいし、暗がりだと判らないし、わざわざ目の近くまで持ってきて確認しなくちゃならない。

 

これが思いのほか面倒くさくてイラッっとすることが多々あります。

 

一瞥でパッと判れば・・・、触っただけで判れば・・・、それを解消するために「もこもこペン」を買ってきました。

 

はい、もうお察しだと思いますが、どちらか片面に凹凸を付けて、さらに色を付ければ、容易に判別できるだろうと思ったのです。

こんな感じで、ポチッっと塗料を一滴垂らしただけです。

 

 

使用した感想は・・・

 

文句なし、完璧、使い勝手が抜群に良くなりました。
わざわざ差し込み口を覗き込む手間が省けます。
これは使えます! 自信作! 特許申請しちゃうか!(笑)

 

と言っても、時代はType-Cへ移行していくだろうから、今のうちだけ。

 

同じような不満をお持ちだった方、ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

本題とは関係なく・・・・(^^;

酒屋で見つけた「いも焼酎」ですが、このボトルのデザインは反則です。
こりゃ買っちゃうでしょ、だって、ほら面白いし、味はともかく見た目がイイ。
製造元は、尺鮎で有名な熊本県球磨郡。

 

 

 

 

 

 

 


 


ヤフオクで高値更新! 

ヤフオクの魅力は、想定よりも安価で入手できることです。

 

そもそも需要と供給なんで、多くの人が欲しがる物は入札が殺到するし、不人気な物は入札者がおらず売れません。

 

狙ってた商品の入札終了が近づくと、どこからともなく現れる競合者が厄介で、小刻みな金額で入札合戦に入ります。

 

これはこれで楽しくて、見えぬ相手との腹の探り合い、どっちが本心で欲しがってるか、どの価格までなら納得できるか、そんな駆け引きが面白いです。

 

でも、すんなり1本釣りで落札できた方が良いに決まってます。

 

 

 

ある日のこと、誰が見ても安いと感じる商品があり、入札締め切りまで3日もあるため、まだ誰も入札してませんでした。

 

その時はちょっと呑んでたし、深くも考えずに、こりゃいいと思って初期価格より若干上乗せして入札しました。

 

翌日になっても競合者は現れず、このまま1本釣りしそうな空気の中、本当にこの商品が必要だったか疑問も感じてきた。

 

その翌日、疑問は確信となり、この商品やっぱり必要なかった。早まったことした、出来ればキャンセルしたい。後悔先に立たずです。

 

 

そして当日になり、仕方がない、こうなったら無駄にならないよう、活用の道を探そうと考慮してると、そこに「高値更新」のメールが届きました。

 

なんと言うか、不思議な感情の中で、沸々と喜びが湧いてきました。

 

普段なら高値更新のライバルが現れると嫌な気分だけど、今回だけは地獄で仏、助かりました。

 

 

 

 

 

 


「5分かけ放題」で思わぬ落とし穴

スマホの月々の支払いを低く抑えて出費を最小限にしています。

 

現在の契約は、1GBの通信に、5分以内のかけ放題電話で、月々1,980円。

 

ただし、消費税は別途、契約から1年目だけ1,980円なれど、2年目からは2,980円となる。

 

2年目からアップしても、2,980円ならガラケーと比較しても遜色ない低価格なので、これはこれで良しと納得しています。

 

通信1GBは少ない容量だけど、自宅ではWi-Fi接続するため、概ね1GBあれば事足りてしまいます。屋外でデータ容量の多い動画とかは面倒臭くて見ないしね。

 

電話の5分以内かけ放題は、5分もあれば電話で話す用件は終わってしまうので、まったく問題ありません。


ところが事件が発生しました。


まぁ事件って言うには大袈裟だけど、自分が気づかぬ間に電話が掛かりっ放しになっていたのです。

 

何故そうなったのか原因は不明ですが、バッグに放り込む時に、うっかり変なボタンを押していた可能性が高いです。

 

写真左は、月々の消費がわかるアプリ画面。
「今月の通話料900円」となってて慌てましたよ。なんで?どうして?

 


写真右は、電話の履歴を調べて見つけた長電話の動かぬ証拠。
「通話時間27分7秒」となってます。

 

仕事関係の相手で、こんな長い時間しゃべってないのに、27分って何ですか?


相手も相手で、こっちが「もしもし」とか話してもないのに受信状態を続けた意味がわかりません。

 

と言うことで、うっかりボタン操作で意図せず電話を掛けてしまい、それがずっと通話中となってしまった事故です。

 

5分以内、または、10分以内の電話なら、何度でもどこへ掛けても定額料金という契約は、とても有難いサービスではあります。

でも、スマホの画面は液晶なため、ボタンを押したことに気づかないこともあります。それが電話だったりすると、今回のような無駄な出費に繋がります。

 

皆様も、スマホをポケットやバッグに仕舞う時は、必ず画面表示をオフにしてから仕舞いましょうね。

 

 

 

 


okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM