<< オリンピック テレビ観戦 | main | 2016年8月21日(日)藁科川 >>

2016年8月13日(土)藁科川

超々減水の藁科川です。
お盆休みの期間は、バーベキューと川遊びが多く、釣り人は少なめ? それとも釣れる川へ遠征する人が多いのかな? わりと空いてる藁科でした。

 

ポイントは、川遊びが少なそうな中下流部へ、高圧線近くです。
写真の流れが本流です。分流みたいだけど、これで本流です。(笑)引舟を浸ける場所が浅くて、そこがまた石色が良かったりするので、浸ける場所に困ります。

 

 

最初のポイントでオトリが換らず、1匹しか持ってこないから内心焦ります。
水温が高いので、早く換えないと「おかわり?」の不安が・・・。

 

次に選んだポイントは、小石底の浅い瀬肩、もう上には泳がなくなったオトリを横にスライドさせていくと、やっと反応してくれて貴重な1匹目をゲットです。

 

そこからポツポツと掛かってくれて、午前中6匹。
瀬の中、流心には青ノロもチラホラあって、石色もあまり良くありません。

 

今年初めてナイロン仕掛けを使いましたが、0.25号だからオバセが効いて、オトリがスイスイと泳いでくれますね。腕があがったような錯覚になります。(笑)ただ引き抜きはボヨヨーンとして慣れるまで枠に入れるのが大変。(^^ゞ

 

午後は、瀬の中、トロ瀬、いろいろなポイントでやりましたが、オトリが換ると2・3匹連発するけど、何かの原因で止まると、そこからなかなか釣れません。

 

オトリの賞味期限は30秒、この間に掛かるか掛からないか、すべてはオトリ次第です。
釣れなくなったら、少しポイントを移動すると、またひょっこり掛かったりして、何が良くて悪いのかサッパリわかりません。

 

水量が少なく、釣ってるときは離れていても、そこで2・3匹掛けて引舟に近づいてドタバタするから、警戒されてしまうのかな? 後からそんなことを考えたり。

 

これほどの減水、釣れないかと思いましたが、午後10匹ぐらい釣れて、まったく釣れないわけじゃないので、鮎はけっこう居るようです。

今年は、アカ飛びで釣れない期間もほとんどなく、歩留まりが良さそうなので、今後も楽しめそうな予感がします。


2016年8月13日(土)藁科川
場所:  高圧線周辺
天候: 晴れ
アカ: 平均80%
竿: エアーSL 8.0m(メタルトップ)
糸: ナイロン0.25号(付け糸なし)
ハリ: スピード6.5号3本 チラシ2本
時間: 10:00〜12:00  13:00〜16:00
釣果: 16匹 (13cm〜19cm)

 

 

 

 


コメント
教えて頂きたい事がいっぱいありますw

ブログを見て貰えるとわかると思いますが、苦戦が続いています。


それとはあまり関係ないのですが、

.トリを泳がせていると(一カ所で止めていても)オトリにカケ針が掛かってしまいエビになることが多々あります。
今までは普通に泳いでいたのに突然、鮎が流されはじめ確認すると針が鮎の頭に掛かっています。
ハリスの長さは、尾びれから『尾びれと同じ位の長さ』にしています。
少し工夫して尾びれの直後に付けても同じ症状が置きました。
これは何なんですか?

糸ふけが大きいと起こると何かで読みましたが、それだけではないような気がします。

ハリスは硬めのフロロでも同じでした。


▲トリを泳がせているとたまに『コツ』っと乾いた感覚が伝わります。
少し多めに糸ふけがあっても伝わります。

これはゴミでも当たっているんですかね?

いままで掛けた鮎は全て『スルスル』と糸が流れるだけで『コツ』っと言う手応えは感じた事がありません。



針が露出しているのでどうしても根掛かりが頻発します。
特にオトリが弱っている時に多い様な気がします。

オトリが弱ると泳がなくなる分、根掛かりが多くなると判断していいですか?


実釣では今の大きい疑問はこれ位です。
仕掛についてはまたお聞きします。
  • かんくん
  • 2016/08/22 12:39 AM
かんくん
判断の難しい質問ばかりですが、そこが気になるだけでも進化してますね。(^^)
状況(流速、石の大小、オトリの元気度、その他)で、明確には答えられないです。

,蓮∋紊佞院⊆紊辰織トリ、反転流、これらが原因だと思われますが、自分もけっこうエビになります。エビになると、ハリが糸を滑るガリガリ感があるのですぐわかります。頭に掛かるのは、操作が粗い時になることが多いような気がします。

△痢悒灰帖戮蓮判断するのが難しいです。「ん?なんだ今のは?」って感じで(笑) 野鮎がハリに触れて逃げた可能性をまず考えます。その後変化が無ければ、逆バリが外れていないか確認します。石をかじる時もあるし、基本的にはハリに何かあったと判断してます。

の根掛かりは、元気なオトリだと自分で外すことも多いので、弱ったオトリが目立ちますが、オトリの元気度と根掛かりは比例しないと思います。オトリを吊り上げて釣る人以外、上手な人でもけっこう根掛かりはします。

上流域の角張った石、水中の流木やゴミ、これらは根掛かりするのは仕方ないですね。
  • よしよし
  • 2016/08/22 9:04 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM