<< 2016年8月13日(土)藁科川 | main | 2016年9月3日(土) 某川 >>

2016年8月21日(日)藁科川

今回は、散々でした。
いきなり結論から言うと、すったもんだの連続で釣りにならなかった。(笑)

 

上流部の小島へ行きましたが、釣り人が想像以上に多く、歩けど歩けど、瀬のポイントに釣り人が立っていて、オトリを出すところがありません。

 

1人1瀬、上流の瀬は短いので、無理に入るのはお互い気持ちの良いものではありません。とは言っても、やる場所がないので、ショボい流れにオトリを入れてみますが、ぜんぜん反応がありません。

 

そんな隙間でちょこっとやりますが、すぐにポイントを探り終えてしまい、ほとんど彷徨い歩く時間で、午前中の実釣時間は1時間ぐらい、やっと3匹釣れました。

 

午後は、午前中に誰かが入ってたポイントが空いたので、やっとまともな瀬でオトリが出せました。

 

ところが、いきなり高枝に仕掛けを引っ掛けます。
オトリが宙ぶらりん、枝から外すのを優先するか、オトリを救出するのが先か、もちろんポイントも潰してしまう。

 

気を取り直して、少し横に移動して始めると、すぐに他の枝にまた引っ掛けてしまう。
始めて30分もしないうちに、メタコンポの仕掛けを2組もダメにしました。(T_T)

 

高枝はこれだけでは終わりません。
この日は都合4回も引っ掛け、その都度オトリが空中でブラブラして、引舟の中のオトリは全部バテてまともなオトリが居ない。

 

水温が高いせいもあってオトリの弱りが早いなか、宙吊りの拷問を繰り返せば、そりゃ弱ります。弱るから高枝に引っ掛ける悪循環ですね。元気なオトリならポイントまで自力で行くから、無理に竿を突っ込まなくても良いわけです。

 

で、上流部は特に、抜かれたポイントは次が掛かりにくいです。
良いオトリでポイントに入れば、2番鮎の反応も期待出来ますが、弱ったオトリは飛びつきの鮎が居ないとまず釣れない。

 

この日は、スー師匠は15匹ぐらい、中○さんも15匹ぐらい、そんな中、自分は3匹。(T_T)
ドツボにハマってトッピシャンって、子供の頃の言葉を思い出します。

 

午後は、手も足も出ない完敗でした。
くれぐれもオトリは優しく扱いましょうね〜 自分への戒めです。(笑)

 

えっ、今回は写真が無いって?

そんな余裕なんてありませんよ。宙ぶらりのオトリを救出するので精いっぱい。(^^ゞ

 


2016年8月21日(日)藁科川
場所:  小島周辺
天候: 晴れ
アカ: 平均80%
竿: エアーSL 8.0m(メタルトップ)
糸: メタコンポ0.05号
ハリ: スピード6.5号3本 チラシ2本
時間: 10:00〜12:00  13:30〜15:00
釣果: 3匹 (18cm〜20cm)

 

 

 

 


コメント
よしよしさん
宙づりになると、焦りますよね〜。気をつけても引っかけてしまいますね。

先週土曜日1ヶ月ぶりに釣りに行きましたが、豪雨で強制終了。2時間半全く釣れませんでしたが、最後の30分で6尾の入れ掛かりでした。
  • ウラ之介
  • 2016/08/22 7:18 PM
あるある。
釣行開始時にトラブルがあると、その日はほとんどド壺にはまります。

それが遠征初日だと、もう&#128542;。
危ないなと思っていた水中糸が、2匹目で高切れ。( ;∀;)哀れ最初の野鮎とともに、流れて行きました。

翌日、最初の1匹目に子ボラ。&#128546;それも背掛かり。こいつ太っていたもので、よく引きました。
なもので1匹目の養ちゃんは、お陀仏。
こりゃ今日もダメだと観念して、ポイントを10m下流に移動。
そこからポツポツと掛かりましたが。終わって17匹。

ヘボですね〜〜〜
  • J
  • 2016/08/23 10:45 AM
ウラ之介さん
始める前は上を確認するんだけど、高枝のことすぐに忘れますね。(笑)

ダメな日でも、入れ掛かりが1回でもあれば、気分的には満足できます。
ポツポツの6匹だと釣った気がしないんですけどね。(^^ゞ
  • よしよし
  • 2016/08/23 4:56 PM
Jさん
年に数回はドツボがありますよ。
こればっかりは防ぎようがなくて、やることなすこと裏目に出ます。

ボラ? どこで釣ってるの?
そのうちシーバスにオトリが食われちゃいますよ。(笑)
終わって17匹は良いじゃないですか、ダメなまま終わるのは辛いですよ〜
  • よしよし
  • 2016/08/23 4:56 PM
土日で伺いますけど?
  • 新ちゃん
  • 2016/09/02 2:00 PM
新ちゃん
たまたま他へ行く予定が入ってて、顔出せないですよ。
ごめんなさ〜い m(__)m
  • よしよし
  • 2016/09/02 3:59 PM
この時期に関わらず、漁協が鮎の成魚放流をしました。

こんな事ですから、こちらの厳しい状況が分ってもらえると思います。


そんな訳で今週は懲りもせず放流魚を狙いにいこうと思うのですが、

野鮎と放流直後の鮎は何か違う事はありますか?

ヤマメやニジマスなら放流魚と自然化した魚はパターンは結構違うんですよ。
放流魚は流れの中に漂って岩陰に姿を隠す事を知らなかったり、上からくるエサだけした食った事がなかったりと。


野鮎もまともに釣れないのに放流魚との違いを聞くのも何ですがアドバイスがあればお願いします。

あと
>ハリ: スピード6.5号3本 チラシ2本
とあります。

3本針もチラシ針もわかりますが
この記述の意味が分りません

教えていただくとありがたいです。



  • かんくん
  • 2016/09/06 11:34 PM
かんくん
ええっ〜(^^;)この時期に放流とは驚きました。
今年の九州地方は天災続きで、大変な日々でしたからね。
又、養魚場に鮎が売れ残ってると、安く入手出来る場合があります。

こちらでも解禁後に成魚放流がありますが、敢えてその場所には行かないようにしてます。
そのため、釣り方はあまり詳しくありません。

放流直後は群れるので、魚が見えるなら群れ鮎狙いが良いと思います。
群れにオトリを馴染ませて、交通事故を狙う(笑)

濁り気味で見えなくても、オトリは群れを見つけると、急にスピードを上げ群れに入ろうとするので、今までと動きが変わったら、群れの中に入ったとわかります。

成魚放流の鮎は、ひどい時は中層を泳いでいることもあり、群れに入って掛からない場合、オトリを吊り上げ気味にして試すのもありです。

その他、居場所は放流地点からあまり動きません。又、深めの緩い流れの方が群れの移動が少なく釣り易い。浅いと警戒され動き回ります。

スピード6.5号3本 チラシ2本とは、主にこの2種類のハリを使ったという意味です。書き方が紛らわしくすみません。
  • よしよし
  • 2016/09/07 6:52 AM
自治体が『鮎押し』と言うか他に何もないので半分は意地の放流だったのではないかと思います。
あと震災で放流できなかった企業協賛分の放流もあったみたいです。

なんなら今年は諦めて来年にまとめて放流した方が良かったような気がしないでもないですが・・・


本日、漁協とオトリ屋に顔を出して話を聞いてきました。

80g程度のアユを500kgほど放流したそうです。
(海産半分、人工産半分だそうです)

狭いエリアに放したそうなので、釣れるエリアも狭そうですね。

とりあえずチラシ針を買ってきました。
群れ鮎はTVで見ててもプロが手こずっているので素人には厳しいかな?

でも放流から10日ほど経ったらしいので、そろそろ縄張りを作っているそうなのでワンチャンスあるかもしれません。


それより球磨川水系に入るかな?
23〜25cm位がアベレージらしいのでよしよしさんのブログを読んで不安になりました。

どこに行くか悩んでますww

  • かんくん
  • 2016/09/07 11:15 PM
かんくん
年券を購入した人もいるだろうし、せめてもの成魚放流かもですね。
来年は来年で、たくさん放流してもらえば良いし。

狭いエリアに放流なら、ポイントが絞れるので数釣りが狙えるかもしれません。条件が良ければ出掛けてみてはいかがでしょうか。

チラシバリはハリの向きが交互に違い、ヤナギバリはハリがすべて同じ方を向いてます。特にどちらが良いかは自分には判断出来ません。

また、ハリスが長くなる分、追尾してきた鮎も絡めとれるメリットがありますが、イカリバリより掛かりは遅くなります。

群れ鮎にも特徴があって、掛かりやすい群れと掛かりにくい群れがあるので、見つけたらオトリを出して損はないかも? 積極的に狙う鮎ではないですけどね。(^^ゞ

やっぱり行くなら球磨川水系でしょ!!
全国の鮎釣り師で球磨川を知らない人はまず居ませんよ。それぐらい大鮎で有名。

ただ、別物の釣りになってしまいますね。
釣った鮎をオトリに出来ないと循環が出来ないので、最初に何匹か23cm以下を釣っておかなきゃなりません。

大物を得意とする方は、28cmぐらいでもオトリに使いますが、自分には出来ない芸当です。
  • よしよし
  • 2016/09/08 10:44 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM