<< アーマードとメタコンポ 太さを比較 | main | 冬の防寒着 一押し! >>

ふたたび海で五目釣り

昼間でもアタリがあるので、面白くてまた行ってしまいました。

 

今回は、家族の人数分だけマダイを釣って帰ろうと、少し本気で頑張ってみる。マダイと言っても俗に言うチャラコで、鯛焼きサイズしか釣れません。

 


写真は前回も釣れたチャラコ。

 


クロサギは、大きいと22〜23cmぐらいまでが釣れ、引きが強いのでドラグが鳴って楽しませてくれます。

 

チャラコと同じポイント、釣り方で掛かるので、この引きでチャラコなら少しは型が良いかも?と期待するも、コイツが水面に現れるとガッカリします。

 

今回は新魚種が追加されました。


オオモンハタ。 小っちゃいけど、1魚種。(^^;

 

次は、これが正真正銘のヘダイだと思います。
クロダイの稚魚(チンチン)かと思いましたが、たぶんヘダイでしょう。

 

その他にも、メゴチ、ハゼ、ネンブツダイ、キタマクラを釣り、毎回のように五目以上は釣れるので、ヒマつぶしとしては飽きません。

 

なんとかチャラコを家族分釣ることが出来、1人1匹づつお頭付きタイを試食することが出来ました。サイズは20cm程度で小さいながら、体高があるので思った以上に身があったし、味も立派なタイそのものでした。

 

焼き方がイマイチ(笑)

 

ポカポカと暖かい日曜日の昼間。
焼津港は大賑わいで、家族連れ、カップル、グループ、装備万端なベテラン、それぞれ仕掛けも釣り方もバラバラだけど、それなりに楽しんでいるようでした。

 

ここで耳寄りな情報を入手。
ある場所で、サビキで20cm弱のアジが20匹ぐらい釣れてたようです。
それなら夜、この近辺の常夜灯を狙えば可能性があるかもしれない。
次回は、ナイターのアジングも良さそうな気がする。

 


朝まずめ、夜明け前後のサーフのヒラメ狙いは空振り。

釣れねぇ〜〜アタリすら無い。


大浜から三保にかけての海岸線では、休日の朝は釣り人だらけ。
鮎の解禁日かと見間違えるほどで、20m間隔で釣り人で埋まっています。

人ばっかで、釣れてるのかな? 
そう数は出てるようには見えないけど、最近はサーフのヒラメが人気の釣りです。

 


 


コメント
すっかりチャリコマイスターになりましたねw

20cmクラスならチャリコでも立派な物です。
同じサイズならアジ・メバルよりもよく引いてくれます。

このサイズなら3枚に下す練習をすると面白いと思います。



もう少し釣ると引き味で魚種が特定できるようになります。

鯛はよく首を振り、いわゆる『竿先を叩きます』

クロサギも竿を叩きますが、鯛ほど首を振らず、
一気に走ったと思えば、一瞬休んで浮いて、また走る。
これの繰り返しです。

少し意識すると分かりやすいと思います。


引きで魚種を当てられるとベテランっぽくてカッコいいですw



ドラグの調整も引きを楽しむ重要な要素で、
ギチギチに締めて魚に反撃させる余裕を与えずゴリ巻きすると味気ないし

あまりズルズルにしてしまうと魚も頑張って引いてくれない。



ドラグは『やや緩め』魚がギリギリ糸を出せるか位で
リールをゆっくり巻くと楽しめると思います。

ついついリールは早く巻いてしまい意外とこれが難しいのですけどw
  • かんくん
  • 2016/11/14 11:39 PM
かんくん
海の魚は捌くにも勝手が違います。
まずウロコ取りが四苦八苦で、内臓も頑丈で取りにくい、3枚に下ろす頃には手の体温で茹で上がってしまうかも?(笑)

クロサギの引きは説明通り!ググッと強引したかと思うと、次は無抵抗だったりで、持久力足りんなぁ〜って感じ。

でも、うっかり置き竿しようものなら、最初の引きはガタガタと竿ごと持っていかれそうな勢いでした。

ドラグは、フリームスやEMMSクラスだと微調整が利きますが、セールで買った安価なレブロスはまるでダメでした。(チョイ投げ用に買った)

一定以上の力が加わると、堰を切ったようにラインが出て、出始めると一定以下の力でも出続ける。(オイオイ 笑) ツマミ半周ぐらいの調整幅で、出るか出ないかのどっちかだから、このクラスのドラグを微調整するのは無理ですね。(^^;
  • よしよし
  • 2016/11/15 8:33 AM
確かに川魚のと比べるとウロコは面倒くさいですねw

剥す時に飛び散って、台所に張り付いて掃除が面倒だったりと大変です。


一応は言っておくと、世の中で売られている魚を捌く時の『便利グッズ』と言われるものはほぼ全て使い物になりません。(経験者談)
一度は騙されてみるのも良いでしょうけどw

唯一のお勧めは『魚っ平』と言う商品があるのですが、これはアジを3枚に捌く事しかできず汎用性がありません。しかも高価です。
メーカーが自己破産しているので購入するならお早めに。




ドラグの性能はスピニングリールでは数少ない値段の差が出る所ですね。

以前、暗闇で釣りをしていてカルディアと思って使い続けていたらレブロスだった事があります・
実釣にはほぼ関係ないですね。

ドラグはラインブレイクさえしなければ十分な性能と思います。

アーマードフロロ等を使っているのであれば神経質になるものではありません。

根魚なら困りますが、他の魚だと大物が掛かったらジリジリとドラグを出すより
一気に走らせて満足させた方がやり取りもやりやすかったりします。

(魚と綱引きをすると、こちらが引けば向うも引きます、ラインを緩めると向うも抵抗を止めます)


それでもダメなら『指ドラグ』で指先でスプールと抑える事もします。

魚を確実に取りつつも、魚の引きを楽しむ塩梅は意外と難しく
ついつい確保を優先してしまっています。
  • かんくん
  • 2016/11/15 11:30 PM
かんくん
ウロコの飛び散りが困りますねぇ。
シンクでやると家族が嫌がるので、現場でやっちゃおうか?などと考えたり。(笑)
今回は、大き目のビニール袋の中でウロコ処理をしました。

ドラグのラインの出方って、想像以上に心地良さに直結してると思うんです。
実釣に関係ないにしても、魚の引きを楽しむ上で重視したい部分だと思いました。
値の張るリールはソコかも?

今のところ、確保を優先するより、引きを楽しむ方に比重がいってます。
もちろん、魅力的な魚が掛かれば、そんな悠長なことしてられないと思いますが、趣味の釣りを楽しんでますね。(^^;
  • よしよし
  • 2016/11/16 9:10 AM
よしよしさん
お〜!少しは魚をさばくようになりましたか♪

ウロコは大根の端の輪切りで「かんたん」に取れるよ( ^)o(^ ) シンクに飛ばないし。

鯛の頭のウロコをとれるようになれば、一人まいよ♪
  • 夏燃える鮎
  • 2016/11/16 3:13 PM
夏鮎さん
たまにですよ、ほんの少しやるだけ。(^^;

大根の端に、そんな効果があったんですか!
魚には大根おろしの組み合わせがあるから、端が出るタイミングは合いますね。

まずは、まともな出刃包丁1本!
これを入手しないと、切り口がギザギザの酷い出来上がり。(笑)
  • よしよし
  • 2016/11/17 9:49 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM