<< 冬の防寒着 一押し! | main | タチウオ3度目の正直 >>

晩酌我慢して 夕まずめのサーフへ

夕まずめにヒラメ狙いのサーフに行ってみました。
もう5時頃には薄暗くなるこの季節、魚は夕まずめに間に合うのか?

 

まだ5時じゃ腹も空かないなぁ〜
とかなんとか、魚も出足が遅れるんじゃないかと、人間的な発想をしてるようじゃ釣れませんね。(笑)

 

でも、釣る前は毎回「今日は釣れそうな気がする」と、根拠のないポジティブな気持ちになってるから不思議。

 

で、始めてからわずか10投もすると、その気持ちも急降下。
「うわぁ、ぜんぜん釣れる気がしない」と、これも毎回同じです。(笑)

 

とりあえず、ポイントが空いてれば、あそこからここまで探りながら投げ切ったら帰ろうと決めてやります。そうしないと途中で諦めムードに覆われてしまうから。

 

今回も、300mぐらいの海岸線を設定して、少しづつ立ち位置を変えながら投げ続けていると、およそ半分ぐらい来たところで『コツッ』とアタリがあり、即座に合わせるも空振り。

 

底石に当たってもコツッときますが、同じコツッでも硬さが違いました。
明らかに魚が触ったコツッだと感じたのに、今のは錯覚だったのかとルアーを寄せてみると・・・・・

 


ううぅ、尻尾食われてる!


タナは底から1mぐらい上を引いてたイメージだったけど、これがヒラメの仕業かどうかは自分には判断できない。

その後、残り半分150mを集中して投げたけど、それっきりアタリは出ません。

 

まぁ、毎度のことなので、今日も修行だったと車に戻ると、今到着したばかりの人に、前回来た時にタチウオを釣ったという情報を聞きます。

 

だったら、サーフ横の港内でも電気ウキのエサ釣りが見れるかもしれない。
帰りついでに様子を見に行くと、昨年ほどではないけど、チラホラと赤や緑の電気ウキが見えます。

 

ダメ元でちょっとだけ投げてみるか。
タックルの準備はヒラメと同じ、ラインは通ったままなのでロッドを繋ぐだけ。

 

1投目から、ゴツッ、ググ、スカ〜〜と、いきなりバイトらしきものが!
数投後、またしても同じようにゴツッ、ググ、スカ〜〜とアタリが抜ける。
はいはい、空振りの連続だけど、生命感はたっぷりあります。

 

ジグとワームを取っ換え引っ換え、数度のアタリも乗せられず、かくなる上はハードルアーの2連トリプルフックで絶対掛けてやると試みる。

 

ゴツッ、グググッ、竿が曲がる、よっしゃ! あっ!スカ〜〜〜〜(T_T)

 

重量感あったのになぁ〜
でも・・・・乗らないのは何故?

 

想像するに、ボラの背中にでもルアーが当たったんじゃないか?マジで(笑)
でなきゃ、ハリ掛かりするでしょ普通。

 

そのうちアタリも途絶えたので、地合いが終わりました。

 

帰路の車中は「?????」が渦巻く、魚の正体は?何故乗らない?の繰り返しでした。

 

ちなみに、港内で使用したワームを自宅で確認したら傷だらけ。
細かい傷だからカマスだったかも? タチウオじゃなさそうです。

 

と、ここまで話を引っ張っておいて、はい、結局ボウズでした。(^^;

 

 

 

 

 

 

 


コメント
>うわぁ、ぜんぜん釣れる気がしない

ライトリグばかりやっていると、重い仕掛けで大物を狙うとそんな気になりますよね。
実際、投げても釣れないし、でも投げないと奇跡も起きない…
となる訳で永遠のパラドックスです。


一枚目の写真はフグがイカですね。
傷の場所的にはフグですが、傷跡はイカっぽくも見える。
少なくとも、ヒラメ、セイゴ、カサゴ、ハタの類ではありません。

手応えが、『コツコツ』『ブルブル』ならフグ。
『グン』『モサ』と重くなるならイカです。


二枚目の写真の正体は間違いなく太刀魚ですね。
しかもかなりの良型のはずです。

『ワームに噛み跡があってものらない』
これは太刀魚ゲームの永遠のテーマでこれを解決することが釣果への近道です。


セオリーがいくつかあります。

まずはワイヤーリーダー。
今回は使用していなかったようですが、これは明らかにバイトを浅くする要件の一つです。


彼らの歯は鋭く、一気に噛みついてしまうとエサが切れてしまうために
浅くしか噛みつきません。

浅く噛んだ状態で違和感を感じると、離してしまいます。

(ワインドならフォールさせる時間をとって魚の姿勢が変わってから合わせたりします)(あくまでイメージ)



今回の敗因ははっきりしています。

仕掛けがあっていません。


太刀魚のテンヤ・ワインドで検索してもらえるとわかると思いますが、
これらのテンヤのフック・ワインドのアシストフックの大きさをみて下さい。

この大きいハリを口の中ではなく、下あごに外から刺します。

なので、ハリの向きも逆ですね。
太刀魚はハリは下向きが原則です。


今の方向だと針が鼻の方に来るので、掛かる所がなく滑ってしまいます。


トリプルフックも同じくサイズが合っていないはずです。

今使っているのはおそらくシーバス、ヒラメ用のはずです。
2サイズ位は上げるべきだと思います。
(ただしハリが重くなるとルアーの動きも変わる)

これを口の外に掛けるイメージです。


ハリが口の中に入ると、多少のサイズの違いは関係ありませんが口の外に掛けるとなると大きいハリが必要です。

これは鮎の掛けバリも同じですね。

おそらく今回は針先は魚まで届いているはずですが、そこから刺さらずに滑っていったのだと思います。


口の中は柔らかくどこかに針先が掛かりますが、魚の皮膚は硬く針先が滑ります。
違和感があったら竿が折れる勢いで合わせて下さい。




バイトの位置は良い所を噛んでいます。
あえて言うならもう少し先を噛ませたかった。

ケミホタルを捩じ込んで『バイトマーカー』にしてやるのも手です。


太刀魚は吸い込まない魚です。
これを理解して仕掛けを用意してください。





色は食っているのであっています。
太刀魚は白系が大好きです。
私のお気に入りはオンスタックルのK2(カラー名)です。
この色で8割方は釣っています。



なんにせよ魚には確実に近づいているように見えます。
仕掛けさえ合ってしまえば太刀魚との初対面は近そうです。

最初は魚体の綺麗さに驚くと思います。

  • かんくん
  • 2016/11/20 11:47 PM
よしよしさん、やっぱり生命感あるとやる気出ますよね〜。そして釣りへ行く日は、根拠のない自身でみなぎってます(笑)

自分も先週末、明らかにヒットした当たりを合わせましたが、何故か根掛かりに。おそらくカサゴが根に入ってしまったと、勝手に解釈してます。ただ、この日はその後3尾カサゴ釣りましたが、同じ手応えだったので、勝手な解釈な根拠はこれです。

ワームで2時間、釣果3尾。自分としては出来すぎです(笑)
  • ウラ之介
  • 2016/11/21 8:13 PM
かんくん
投げないと奇跡も起こきない、宝くじも同じで買わなきゃ当たらない。
ただ、釣りの方は経験値がアップするので、確率が上がるかもしれませんね。

1枚目、フグかイカですか? 鋭い指摘ですね〜・・・・・
実は、周囲にエギを投げてる人が数人いました。

アオリが釣れるポイントだったかも?
それにしても、イカがワームをこんな風に食うなんて想像も出来ません。

2枚目はタチウオ!?
それを聞いて愕然としました。
こんなチャンスは滅多にないのに、惜しいことをしました。

ハリは食わせて掛けるのが常識。と思っていたら、引っ掛けるんですか?
てっきりワームを噛んだ時に、ハリも一緒に口に入るもんだと思ってました。
もっと理解してれば、打つ手はあったかもですね。

漁港のポイントに立った時、いつになく海面がザワザワ(魚が跳ねたり、捕食音?)していて、もしやと思いました。

だんだん、夜でも魚の気配を感じ取れるようになってきたかも?(笑)
最初は、真っ平らな海に戸惑ったころより進歩してます。
  • よしよし
  • 2016/11/21 9:38 PM
ウラ之介さん
やっぱり(笑) 根拠が無くても釣れる気がするのは、釣りバカだと思いますよ。
でも、それが無きゃ、釣りは続けられません。(^^ゞ

この日は、午後の明るいうちは、アジングタックルで「ハネエビ」というワームで遊んでいました。カサゴの赤ちゃんが飛びついてきましたが、それ1匹限り。
狙いは、オオモンハタだったんですが、遊んでくれませんでした。
  • よしよし
  • 2016/11/21 9:38 PM
>アオリが釣れるポイントだったかも?

アオリ専門のポイントという物はありません。
ベイトが寄っていているという事は、イカの他にも何か魚がいてもおかしくありません。

特にアオリは潮通しの良いポイントを好みます。

意外と他の魚も居たかもしれませんね。

ただ正体がフグだった場合は…  『ご愁傷さま』ですw



>イカがワームをこんな風に食うなんて想像も出来ません。

前回、アオリイカをリリースしたのが惜しいですね。
捌いてみれば口の形状が解ったのですけどね。

『イカ くちばし』で画像検索をかければ写真がでます。
オウムのくちばしみたいな形状をしていて、これで魚の身を噛み切るのです。

もちろん人間が噛まれても痛いですよ。


小さい口ばしで一口づつゆっくり食べます。





>ハリは食わせて掛けるのが常識。
常識と言うより俗説ですね。

特に太刀魚の場合は特殊な口の形状なのでこれが顕著になります。

私も最初は不思議で、捌いた太刀魚の頭にルアーを噛ませてイメージを作りました。

太刀魚を狙うなら専用のJHを用意してもいいと思います。
オンスタックルがおススメです。アシストフックまで装着して完成です。

太刀魚の場合アシストフックとは呼びますが8割はアシストフックに掛かります。

あまり道具だけ増えても仕方ありませんが、やっぱり専用の道具に敵う者はないですね。
  • かんくん
  • 2016/11/22 12:34 AM
かんくん
同じポイントに再挑戦してきましたが、返り討ちにあいました。(笑)

ガツンとしっかりアタリが出るものの、そこで大合わせしてもハリ掛かりしてくれません。20投ぐらいに1回程度のアタリなので、空振りした時は本当に悔しくて、もう泣けてきます。

オンスタックルも検討しつつ、何か対策しないことには、あのアタリで掛けるのは非常に厳しいと思います。
やっぱり釣るなら生エサかな〜と弱気にもなります。(^^;
  • よしよし
  • 2016/11/24 7:58 PM
話は少し戻りますが、イカの噛み跡の写真を前にブログに載せていました。
http://blog.livedoor.jp/mirage2389/archives/2015-02-17.html


アタリが出ても掛からないなら、仕掛けを変えるしか手が無いですね。

ZZヘッドはワインド用と謳っていますが、タダ巻きでも普通に釣れます。

シャッドテールタイプもあるますが、ストレートタイプやピンテールの方が良いです。


写真では噛み跡はワームの中心に入っています。
これは魚が一番食いやすい場所を食っているので誘いはあっている証拠です。

これからバランスを崩すのは少し冒険ですが、
例えばワームを半分に切ってみるとか、アシストフックを下を向けてみるか、サイズを上げると少しは改善するかもしれませんね。

でも専用品には敵いません。


ハードルアーだったら逆にルアーを思い切り小さくしてみるのもありかもしれません。
でもワイヤーリーダーを使わないとロストがこわいですねw

カラーはあっているはずです。

あえて言うなら、使っているのは『夜光』ですか?
白系でも白・夜光・ケイムラは全く別物です。

食いの浅い深いが色で変化します。

でも今回はあっているので無問題です。


あとは誘いはあっているのですが、これをあえて速引きしてバイトポイントを狂わせるのも手かな?
早引きすると狙い難いせいかバイトポイントが前に移ることもあります。


20回投げてワンバイトならそこまで効率が悪いと思いません。
仕掛けさえあったら3〜4匹の釣果でしょうから十分です。

ワームに反応するならエサで釣る必要は無いでしょう。

おそらく現状なら仕掛けさえ合えばルアーの方が効率が良さそう。

餌はもっと水温が落ちてルアーを追わなくなってからでも十分です。



ちなみに太刀魚は鱗が無い分、水温の変化に弱いとか。
今週末は一気に冷えるようです。
水温が落ちるほどではないとは思いますが、魚が居てもルアーを追わないなら水温の低下を疑って下さい。
  • かんくん
  • 2016/11/24 11:38 PM
かんくん
イカとフグ、同じような噛み傷ですね。
なるほど、パックリ食いちぎられてるのは、どちらかの仕業と認識しました。

ZZヘッドは、行きつけの釣具屋に14gが最軽量だったため、またお値段が高めだったため、形状が似たようなのを購入。

おかげで、ようやく1匹掛けることが出来ました。

ワームの色は、在庫が無くなったので「夜光」を買ったのですが、前2回は「UV」だったかも?(^^;

夜光タイプは面白いですね。少しライトを当ててやるとケミホタルが要らないぐらい緑色に発光して、飛んで行くワームが夜間で見えるぐらい。

ただ、光度がありすぎても警戒されそうで、ライトを当てる時間を加減しないと妙に目立ってしまいそうです。

それにしても、暗闇でゴンとルアーに当たる感覚はスリルがあって病みつきになりそう。でも心臓に悪い。(笑)
  • よしよし
  • 2016/11/26 9:41 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM