<< 晩酌我慢して 夕まずめのサーフへ | main | 今夜もタチウオ >>

タチウオ3度目の正直

前回の失敗を糧にして、やっとタチウオが釣れました。

 


アタフタ焦って撮ったから、ぜんぜん美しくない。(^^;
指2本半の小さいやつですが、色々な意味で身になる1匹でした。

 

まず、自分で探したポイントだったことが満足度倍増です。
離れた防波堤の角に、エサ釣りが2・3人見えるだけで、自分のやってるところはルアーもエサ釣りも誰1人として居ない。

 

前回に手応えがあったので、魚は必ず回ってくると信じて、1人だけポツンとルアーを投げてました。


多少は根拠もあって、常夜灯の灯りが薄っすらと水面に当たって、たまに小魚が跳ねてエサのベイトが見えていたから。

 

実は、このポイントは今回で3回目、前の2回はアタリはあるものの、ハリ掛かりさせられず、地団駄踏んでいたところです。

 

海釣り師匠の「かんくん」にコメント欄でアドバイスを頂き、改善するところは率直に従って、ジグのセッティングも変えました。

 


ヒラメ狙いのジグ&ワーム。
尻尾が無いのはフグの仕業(サーフ)で、1番上のは2回目の時のタチウオ噛み傷。このパターンだとハリが上向きなので、タチウオは掛からないそうです。

 


で、アドバイスに従って改善したジグ&ワーム。
ジグの重さが4gと8gと超軽量にしたのは、前回の感じだとスローリトリーブの方がアタリが出たし、タナが浅いと思ったから。

 

このセッティングの肝心なところは、アシストフックを付けているところ。
釣れた時も、このアシストフックに掛かってきました。

 

この日は、前回よりもアタリが遠く、諦めかけたころにやっとワンバイト。それも例によって空振りします。2度目のバイトは竿先が持ってかれる大きなアタリもハリ掛かりせず。

 

そして3度目のバイトで、コツと小さく、またバレたと思ったら、その後にググーンと竿が曲がって、一瞬何が起こったか焦りましたが、最初のアタリでアシストフックに掛かっていたようです。

 

合わせもしなかったのに、向こうが勝手にハリに掛かってくれた感じがします。
きっとこれですよ、どう考えても不意に来るアタリを合わせても、瞬間的すぎて間に合いません。

 

その後、マグレの1匹にならないよう、2匹目を狙ったけどノーバイトで終了。
それでも3度目でやっと結果が出せ、なんたって狙って釣った1匹なので満足です。

 

自宅に持ち帰ったタチウオを見て、女房が「ほっそ!」と一言。

そりゃね、魚屋に並んでるのを選ぶのと違って、生きたやつはサイズを選り好み出来ませんからね。

この1匹は、努力の結晶なんですから、その辺を考慮して発言してもらいたいもんだ。(^^;

 


焼津港からも富士山が見えます。(矢印)

 


前回、昼間に釣った可愛いカサゴ。(目がクリッとして可愛い)

 

今年は、去年よりタチウオの回遊が少なそうだけど、チャンスがあったらまた行ってみたいと思います。。
次は複数匹、そして指4本!(無理か 笑)

 

 


 


コメント
おめでとうございます。

やっと太刀魚ゲットですね!

泳ぐ真珠と言われる太刀魚です。
魚体の美しさは堪能されましたか?渓流魚などとはま違った美しさがあります。
すぐに傷ついてしまうので、釣り人しかその姿は見る事は出来ません。

写真にも魚体にフィッシュグリップが写って綺麗さが伝わります。


仕掛けが合ってもバイトが乗らないのは分かりませんね。
太刀魚は持っていくアタリがあれば、ほとんどは掛かるイメージなんですけど…

この辺は要研究ですね。



太刀魚は獰猛で頭の悪い魚です。
夜光ワーム程度の明りで怖がる事は無いでしょう。

ケミホタルを使うのは魚に気づいてもらうと言うよりバイトの場所を釣り手が決める物です。
仕様の有無は釣果に直結します。
夜光ワームでも使用した方が良いでしょう。
手持ちがない場合は、UVライトを頭の部分だけに照射してください。
全体を光らせるメリットは無いと思います。

専用品ケミホタルは高価で光る時間も短いですが、小ぶりで刺しやすく使い易いです。



オンスタックルの製品は高価です。

製造工程に手間が掛かっているとメーカーは言いますが明らかに『ぼったくり』です。
銭ゲバメーカーと呼んでます。

でも悔しい事にこれが釣れるんです。

JHを見ても下部に微妙な突起がついていてバランスを取っています。
これは類似品のスパークヘッドより細かい出来が良いんです。

ワームの素材も絶妙な張りがあり、これもまた釣れる!
(こちらではワインドと称する製品は8割方はオンスタックル製で他は淘汰されました)

ワインドをしなければ、そこまでの差は出ませんがワインドをさせるとその差は歴然とします。

シーバスロッドは張りが無い分、ワインドには向きません。
もしワインドさせるなら、1/4オンス、重くても3/8オンスまでですね。

(できれば太刀魚ワインド用に専用ロッドとは言わないまでも、中古のエギングロッドが欲しい所)


リーダーはフロロですよね?

フロロラインは7号程度までは歯に当たれば瞬殺されます。
まだ切られていないのが不思議な位です。
食いが落ちますが、ワイヤーリーダーがナイロンリーダー(10号程度)の『準備』をお勧めします。
ナイロンはワイヤーほど食いは落ちず、フロロより切れにくいです。
ただ結びにくく、切れる時は切れます。




太刀魚は引きが楽しい魚ですが、走る魚ではありません。

ドラグはキツメで綱引きして下さい。
魚は答えてくれます。
ドラグが緩いとスルスル寄ってきます。


ルアーがシャッドテールばかりですね。

決して悪くはありませんが、太刀魚はピンテールも好きです。
尻の所を切っても面白いかもしれません。


表層ばかり釣っておられるようです。

太刀魚は幽霊魚とも言われるほど神出鬼没な魚です。
どのタナでも食ってきます。
また活性の高い魚は反応も早いです。
重いジグを使っているならボトムまで沈めるのも苦は無いと思います。
表層で反応がない場合は深い所も探って下さい。
深い所にいる方が大型である事が多いです。
ボトムを取れば必ず全層を探れます。

反面、太刀魚は垂直にエサを追うので棚には結構ルーズな所もあるので神経質になるほどの物でもありません。

あと早引きは必ず試して下さい。10回投げたら1回位。
普通に回収する時より、少し早い位やルアーが水面を割らない位です。

結構釣れます。

2回連続とかも効果的です。

でもやりすぎると飽きられます。



伸びの少ないPEラインでいきなり『ゴン』は病みつきですね。
問答無用と言った感じでしょうかw

特に私は張りのあるエギングロッドでやっていたので特に衝撃が大きく一度で病みつきになりました。

真っ直ぐ引くなら、食い込みがいいシーバスロッドに分があり
ワインドさせるなら張りのあるエギングロッド。

でも専用品なら両方できます。

新しい釣りを覚えると物欲は数限りなく出てくる物です。
  • かんくん
  • 2016/11/27 12:36 AM
かんくん
おかげさまで、モノにすることが出来ました。(^-^)/

1人だったら、ワームを噛んだ魚の正体も不明のまま、首をかしげて終わっていたと思います。

タチウオと断定されて、是が非でも釣ってやると気合が入りました。

そして、状況判断からその対応までご教授いただき、段階を踏みながら釣果に近づいていけました。

バイトに乗らなかった時のワームの傷を見ると、ハリより後ろの尻尾つけ根付近でした。

ワインドの釣り方が分からないので、釣り場で誰かを見本にしないと、これからの課題ですね。

リーダーはフロロの16lbです。
まだ切られてないので、その破壊力を感じていませんが、7cmのワイヤーをジグヘッドと一緒に購入してあります。

いちおう、この日もボトムから色々なタナも探ってみましたが、水深は6〜7mぐらいの場所です。食ったのは水面下1mぐらいのすぐ目の前でした。

ロッドはもう買いません。いえ買えません。(笑)
今あるシーバスロッドで不満が募るまでは、このままでいこうと思ってます。

最初の1匹は、じっくり容姿を見てる余裕はなく、次はライトを点けて、きっちり撮影したいですね。(^^;
  • よしよし
  • 2016/11/27 2:09 PM
やったね。
太刀魚は食べて美味しい!!!

指4〜5になると脂がのっていてウンマイ。
次はサイズアップを!
  • 2016/11/27 5:03 PM
おめでとうございます〜(^^)/
やっぱり太刀魚は綺麗ですね!
更なるサイズアップ応援してます>_<
  • 11.
  • 2016/11/28 8:31 AM
よしよしさん
タチウオおめでとうございます。なんだかんだで、ワームで釣ってる魚種が増えてる気がしますが…。羨ましいです。
  • ウラ之介
  • 2016/11/28 1:13 PM
Jさん
岡っぱりだと、指4本以上は厳しいでしょうね。
それでも、長さがある魚なので、箸で探れば食べるとこはあります。(笑)
淡白な白身なので、塩多めで焼くと旨いですよね。
  • よしよし
  • 2016/11/28 6:10 PM
11.さん
執念が実りましたね。(笑)
アタリがあると、釣りたくなるのは釣り人のサガです。
また行くつもりでいます。
  • よしよし
  • 2016/11/28 6:12 PM
ウラ之介さん
エサ釣りでリサーチに行ってるのが役立ってます。
魚が居ることが分かってると、ワームでも集中力が維持できます。
でも、肝心のアジ、メバルをまだ釣ってないんですよ。(^^;
  • よしよし
  • 2016/11/28 6:17 PM
よしよしさん
メバルはこれからがいいシーズンだと思いますよ。

エサ釣りのリサーチ、大事ですね。
  • ウラ之介
  • 2016/11/29 8:48 PM
ウラ之介さん
昼間のエサ釣りはヒマつぶしだけど、話しかければ、他の人から釣果や情報がもらえます。

夜は声を掛けにくいですもんね。(^^;
  • よしよし
  • 2016/11/29 11:32 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM