<< えっ、プリンタ 壊れたの? | main | 今年のラグビーは面白い! >>

25cmのコノシロを丸呑みするやつ

風も穏やかで寒くないので、サーフへヒラメ狙いに行ってきました。

 

相変わらず釣り人の数は半端なく、ヒラメは本当に釣れてるんでしょうか?
朝夕のマズメ時は特に盛況ですが、昼間なら入れるポイントはあります。

 

おもむろに海を見渡すと、20〜30m沖の海面が黒っぽい。潮目かなと思い、そこへルアーを投げ込んでみると、着底する前からゴツゴツと何かに当たる感触があります。

 

底じゃないし、おかしいな〜?と思いつつ、ルアーをしゃくると、グググッと魚らしき反応があります。いきなり何か掛かりました。そこそこ引いてくれるけど、ヒラメであるわけがない。

 

波打ち際まで寄せてくると、型の良いコノシロがくっついてました。

 

(背掛かり、追いがいいですねぇ)

 

まさか・・・
あの黒い海面は、潮目じゃなくて、ぜ〜んぶコノシロではないか?

幅にして20mぐらい、それが海岸線沿いに100mぐらい続いてます。

 

次の1投も、着水してから2・3度あおった後のフォールで、ゴンゴンとアタリます。そして次も、空振りなしで毎回釣れてしまう大漁保証の地合いです。

 

最初のうちは、ご丁寧にお帰りあそばせいただきましたが、型もそこそこあって、大きいのは25cmぐらいあるため、お正月の「コノシロの酢もの」に良いんじゃないかと思って、7・8匹お持ち帰りすることにしました。

 

ついでに、後ろで待っているカラスとトンビにも数匹おすそ分けしてあげました。(首を長くして待ってるんだもん 笑)


それぐらい入れ食い状態で、さすがに腕が疲れてきたし、いい加減飽きてきた。でも、しゃくった後のフォールでアタる感触は、けっこう面白いし勉強になります。

 

近くに来た釣り人が声を掛けてきたので、話しをしてみると、その人のタックルを見て、口があんぐりと、ルアーは25cmぐらいで釣れてるコノシロサイズ、ロッドの穂先は超ド太い。

 

その人、「おっ、群れが接岸してるみたいね、よっしゃ!」と、沖合にナブラが出ないか探し始めました。

 

先日もメーター級を釣ったんだよと、そのドでかいルアーをブラブラさせて言います。もしやあの噂通り、あいつらが寄ってきてるのかなと、自分も一緒になって沖合を凝視します。

 

あいつらとは、イナダ? いやワラサ? いやいやブリです。
このサイズのコノシロを食うために回遊してくるんだから、ワラサ以上の相当デカイやつでしょう。

 

 

すると、隣の人のロッドが大きく曲がりました。
来たかぁ!と思ったけど、魚がぜんぜん走らない。重たそうにリールを巻いているので、座布団ヒラメかと思い近寄っていくと、サイズは座布団級だけど、ヒラメじゃありませんでした。(笑)

 

(アカエイだそうです。胴体が50cmぐらいかな)

 

その後しばらく海面を観察していましたが、目の前にナブラは立ちませんでした。ドでかいルアーの人は、車でもう少し先へ移動して、コノシロの群れを追っていくと言ってました。

 

自分もブリを釣ってみたいけど、どう考えても、手持ちのタックルじゃ太刀打ち出来そうもありません。せめて60cmぐらいまでならマグレで取り込めるかもしれないけど、メーター級が掛かったら、ハリもラインも、ロッドもリールも瞬殺されるのがオチです。

 

一発大物狙いでしょうが、静岡のサーフには、大型の青物が回遊しています。サーフが釣り人でいっぱいなのは、ヒラメ狙いの人だけではないようです。

 

ただし、生半可なタックルでは勝負にならないと思うので、行くならそれなりのタックルを用意したほうが悔いは残らないでしょう。

 

自分は、メーター級のブリより、ソゲサイズで良いからヒラメが釣りたい。
ちなみに、短時間釣行だけど、ヒラメ狙いのサーフ、30連敗ぐらいしてるかもしれん。情けないほどのボウズ続きだけど、今にきっと釣ってみせます。

 

 

 

 

 

 


コメント
よしよしさん
背掛かりとは、やる気満々のコノシロですね(笑)

先日テレビでショアジギングをやっているのを見て、やりたくなりました(笑)が、自分はライトなショアジギングで良さそうです。
  • ウラ之介
  • 2016/12/26 9:12 PM
コノシロ良いですね〜確かにコノシロも黒い追い星ありますもんね(笑)
よしよしさんの海の釣果見てると私も海釣りを再開しようかな〜っと思いますが寒いのが苦手なもんなんで悩みます(^^;)
  • 11.改め鮎猫に改名しました
  • 2016/12/27 12:42 PM
ウラ之介さん
コノシロもルアーを追うんだけど、食いきれずにスレ掛かりが多かったです。

ショアジギングも中小型サイズなら、手持ちのタックルで出来るので、そこに魚が居さえすれば狙わない手はない。その程度ですよね。
  • よしよし
  • 2016/12/27 5:28 PM
鮎猫さん
不思議な感じで良い名前だと思います。

コノシロを釣りに行ったわけじゃないけど、たまには「おみやげ」を持って帰らないと、家族に馬鹿にされますから。(笑)
鮎ばかりやってると、冬は動けなくなります。自分も最初は辛かったですが、寒さも少しづつ慣れてきましたよ。
  • よしよし
  • 2016/12/27 5:33 PM
質問なのですが
現在、錨針の手巻きに挑戦中ですがなかなか上手くいきません。

巻き糸が太くなりすぎたり、強度が全くでなかったり
です。

あと時間が掛かりすぎて、忙しい時には準備できないとも思います。


そこでオーナーの巻き機の購入を考えていますが思いのほか高価です。
これで使い物にならなければ泣くに泣けません。

よしよしさんの周りで使った方とか、の感想とかを聞いた事はありませんか?


既製品の錨針は高価で、高い冶具を買っても元を取れるとも思うのですが…


よしよしさんは既製品を使われているようですが何かアドバイスがあればお願いします。
  • かんくん
  • 2017/01/07 8:54 PM
かんくん
イカリ針作りは、慣れれば手巻きの方が早く、不慣れなら器具を使った方が早いと思います。

オーナーの針巻き機は使ってましたよ。(過去形)
もちろん使い物になるし、針巻きが楽なので活用しました。

それでも既製の完成品を使うようになったのは、セールの時に買い貯めすれば、バラ針を買うのと大差ないことや、何よりも時間の節約になるからです。

ただ、針サイズとハリスの太さは、標準的な組み合わせなので、特殊な組み合わせが欲しい時は、今でも手巻きで数組だけ作ることがあります。

友釣りをやっていると、必ず思案するのがハリスの硬軟と太さ、そして素材なんですけど、それを試行錯誤するのも楽しかったりします。

チャラ瀬向きは? トロ場の遊び鮎には? 大型には? 条件次第では、既製品だと不満を感じることもあります。

既製の組み合わせで妥協出来ない人は、自分の手で巻くしかありませんね。
「妥協」出来るかどうか? もうそれだけだと思います。
  • よしよし
  • 2017/01/08 9:27 AM
>セールの時に買い貯めすれば、バラ針を買うのと大差ないこと…

そうなんですよ!
手元に持っているダイワの4本錨14組で400円ですから、どう考えてもセットを買った方が安い事があるんです。


自分で組みたい理由はいくつかあって

お小遣いを節約したいのも勿論ですが、

昨シーズンは複数の製品を使ってみましたが、(ほとんど特価品)製品によってハリスの性格が全く違う事に驚きました。

ハリスが異様に柔らかいのや、ハリス切れを連発する物。

これを全部試していたら、お小遣いがいくらあっても足りません。


自作すれば常に自分の基準で釣りが出来るので上達も早いかと思います。



あと自分で巻いていると何となく『カッコいい』ですよねw
玄人っぽくてw

とりあえず今シーズンはパーツは全て手作りでいこうと思います。

もともと手仕事は好きな方で、編み込みとか楽しくて仕方ありません。

ただ錨巻きは編み込みの様に手順を追えば完成する物ではなく、力加減が必要なので苦戦しています。

でも初めて『ハリス』と言う種類の糸を買いましたが、同じフロロでも触って分る位に特性が違うのは面白いと感じています。

とりあえず40本ほど巻きましたが、仕上がりがマチマチで実釣に使うのは、不安が残る状態です。

もう少し精進が必要な様です。
  • かんくん
  • 2017/01/08 11:41 PM
かんくん
既製品が出始めた十数年前は、完成度が低いというか、中国製造で雑な出来だったんですが、それが今では洗練されて上手に出来ています。
自分で巻くより、既製品の方が綺麗。(笑)

玄人っぽい!(笑)
逆に言えば、既製品を使ってる人は素人っぽいです。
でも、針ケースに移してしまえば、そんなの誰にもわかりません。(^^;

自分で巻くと、その苦労を肌で感じてるから、針交換を渋ってしまうんですよ。その結果として、バラシが増えたり、掛かりが遅くなったりして、惜しげもなく交換するには、苦労しないで手に入れた既製品の方が良いんです。(言い訳w)

ハリスの硬軟は、人それぞれ一過言持ってるので、自信を持ってやれれば良いことだと思います。誰の話しも一理あって、悩み始めると切りがありません。

手仕事は苦手じゃないけど、同じ作業の繰り返しが苦手です。
じっくり1つを作り上げるのは好きだけど、内職みたいに数作るのが嫌い。

そのうち、鼻カン仕掛けを頼むようになるかもしれませんね。(笑)

  • よしよし
  • 2017/01/09 8:14 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM