<< 今年のラグビーは面白い! | main | レザークラフトを始めて2ヶ月 >>

革砥の自作

寒くて釣りに行く気になりません。(^^;
真冬でもメバルとかアジは釣れるようですが、夏の釣りに長らく浸かってた体には冬の寒さは堪えます。

 

そろそろ鮎の仕掛けを作り始めようと思うのですが、これも春の温もりが感じられないと気分的に気持ちが盛り上がらない。言い方を変えるとやる気が無いだけ?(笑)

 

そんな冬の日、自転車に乗って行商の人がやってきました。
何を売ってるかと言うと、売り物はまったく持たず、ある道具を荷台に乗せてやって来るのです。

 

それは刃物の砥ぎ屋さんで、もう70代かと思われる年配の方が、「包丁は切れるかねぇ〜」と玄関で声を掛けてきます。

 

1本砥ぐのに400円、これが高いか安いかは別として、1日自転車で回って、日に何本の砥ぎ依頼があるのかわかりません。仮に20本あったとしても8,000円程度の収入ですが、たぶん本人としては、自転車で走り回ることが健康のために良いと思っているのでしょう。

 

そんな健康維持の商売を邪魔するわけじゃありませんが、刃物の砥ぎに少々興味が湧いてきて、自分でやってみることにしました。

 

砥石って、何を基準に選べば良いのかまったくわかりませんが、まぁそこはネットの時代なので、評価の高いやつを選ぶのが無難かなと、「シャプトン セラミック砥石 刃の黒幕(オレンジ #1000)」を買いました。(すこぶる評価が高い!)

 

仕上げ用には、同シリーズの「エンジ#5000」が望まれるところですが、「オレンジ #1000」だけでも十分な切れ味になるようなので、ひとまずこれだけでやってみました。

 

素人なので、結果は自己採点で70点程度の出来栄え、砥ぐ前より切れるようにはなったけど、もっと鋭い切れ味を期待します。何度かやっているうちに上達するだろうと思うけど、慣れるまでに包丁の刃が無くなっちゃったりしてね。(笑)

 

そんな砥石を調べていると、見慣れない「革砥(かわと)」と言う文字を目にしました。

 

今もやってるのかな?昔、散髪屋さんでカミソリを革にシャリシャリと擦りつけてるのを見ましたが、それが「革砥」だったんですね。カミソリの切れ味が鈍ってきたら、それで切れ味が復活する簡易的な砥ぎ道具です。

 

この「革砥」は自作が簡単に出来るようなので、さっそく作ってみました。
用意する物は、角材 ・ 革 ・ ミシン油 ・ 青砥。

 

青砥以外は自宅にあるので、見たことすらない青砥を近くのホームセンターで500円ぐらいで買ってきました。

 

まずは、角材に革を貼り付けます。
豪華にも黒檀の切れ端があったので、これにヌメ革を貼りつけますが、ケバ立った裏側を使うので、表面に両面テープをつけて貼りました。(テープなら貼り替える時に剥がしやすい)

 

 

青砥は、写真にある緑色の塊で、消しゴムみたいな感じですが、これが研磨剤なんですね。

革に直接擦っても伸び広がらないので、ミシン油を革に垂らしながら擦れば良いようです。

 


こんな感じ。(たぶん間違ってないと思う(^^;)

 


フィッシングナイフ2本、この「革砥」で擦ってみましたが、まぁ多少は切れるようになった気がします。もともと切れてたので、大きな違いを実感できない。

 

家族から「包丁が切れな〜い」と突然言われた時は、応急処置としてこの「革砥」で対応し、時間に余裕がある時にじっくり砥石でやれば良いと思ってます。

 

この「革砥」の小さなやつをキーホルダーにしたら、鮎の掛けバリ用に利用できるかも? そんなこともちょっと考えみたりします。

 

今度、鈍ったハリで試して、拡大鏡で見てその効果を確認してみます。

 

 


前回、開花宣言した河津桜が、玄関で八分咲きとなりました。

 

 

 

 

 


コメント
僕も以前その革砥っていうのを作りましたよ。うちは床屋だったのでよしよしさんが言っているカミソリをシャリシャリっていうのもあります。っていうか砥石もたくさんあります。
でもタケ坊は不器用なのであまりうまく研げません。うちの親は90近いですが多分親の方が研ぐのは上手です(笑)

床屋の革砥はどちらかというと肌アタリをよくする意味合いもあって使っていたと思いますので切れ味的には砥石で研いだ方がシャープに仕上がると思います。
でもアウトドア用のナイフのシースには研磨剤をつけた革を貼り付けています。アウトドアでちょっと切れ味を復活させるのに便利です。
  • たけちゃん
  • 2017/02/01 11:23 PM
たけちゃん
お父さんが専門家でしたか!
床屋のシャリシャリは、青砥を塗ってないでしょ?革だけでやってるのかな?
研磨剤が口に入るのは良くないらしいので・・・

ナイフの鞘かぁ〜 それイイね!
革はあるので、自作してみようかな。
写真のナイフは折り畳みだけど、伸ばした状態の鞘がカッコ良さそう。(^^)/

砥石で砥ぐ時に、角度15度を保つのに、便利グッズがあるんですよ。
それを使うと、同じ角度で砥げるので割と簡単です。
  • よしよし
  • 2017/02/03 12:13 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM