<< 革砥の自作 | main | 電球ぐらい自分で交換しなきゃ! >>

レザークラフトを始めて2ヶ月

この冬から始めたレザークラフトですが、ブログの更新が滞ってしまうぐらい没頭してます。

 

チマチマ、コツコツ、案外こうした作業は嫌いじゃないみたいで、テレビを見ながらだから集中力を欠くけど、それでも形になっていくところが楽しい。

 

レザー製品は昔から好きで、良いものを手にすると、じっくり眺めたり触ったり、所有欲を満たしてくれます。

 

素人が作ると、そんな見栄えの良いものは作れませんが、100%本革で作れるので自己満足にはなります。

 

まず最初に必要なのが型紙ですが、探せばネット上にあるけど、せっかく手作りするのにオリジナル性が無いのはつまらない。そのため試行錯誤しながらの自作ですが、その構想を練るのもけっこう楽しいものです。

 

最初の作品は、女房からのリクエストで「ポケットティッシュカバー」でした。

街頭で配ってる広告入りのポケットティッシュも、カバーに入れるだけで人前で使い易いし、使いかけが見苦しくグチャとするのを防いでくれます。

 


このポケットティッシュカバーは、知人にも好評だったので、いろいろな端切れを利用して、こんなに作ってしまった。(笑)

 


他では売ってないオリジナル性として、裏面には小さな鏡と楊枝入れが付いてます。
鼻毛や歯糞の確認ぐらいは出来る鏡と、洋食店に行くと置いてない楊枝を数本持ち歩けます。

 

 

次に手掛けたのが、スマホを持ち歩く携帯ケースです。
ショルダーバックのベルトに取り付けるのが目的で、スマホを保護することは考えてません。海釣りの時も何かのベルトに装着すれば取り出しやすくなります。

 


裏はベルト通しで、バネホックで簡単に取り付け取り外しが出来ます。
形の違う別バージョンを作りましたが、そっちの方が使い易くて、今は日常で別バージョンを使ってます。


型取りや縫いに慣れてきたので、そろそろ大物を作ってみようと、ショルダーバックの試作品を作ってみました。


材料は硬いヌメ床革で、素材の質感を生かして紙袋風をイメージしてみました。
※床革とは厚い革を薄く漉いた時に出来る「漉かれた側」の部分で、ヌバックのような多少の毛羽立ちがある革です。

 


ちょっと見ですが、油紙で出来た紙袋に見えるでしょ?
袋の折り曲げた部分は実用でも開きますが、これはあくまでも袋に見せるための装飾で、実は裏側にファスナーの開閉部があります。物の取り出しはここから。

 


同じ床革を使って、今度は二つ折りの財布も試作してみました。
革には厚みがあるため、机上の計算で作ると誤差が生じるため、まずはバカ安な革(床革)で糊付けで作ることで、さまざまな不具合を発見することが出来ます。

 


でも、この形やデザインはどこでも売られてるし、イマイチ製作意欲が湧きません。今は何かオリジナル性のある形を模索中です。

 

まだまだ完成度が低いレザークラフトですが、だんだん慣れて見栄えが良くなってきたら、ネットで販売しちゃうか?(@_@ なんてことも企んだりしてます。

 

でも、もうすぐ春が来ます。
そしたら、こんなチマチマ作業をやってられるだろうか?
たぶん釣りに行っちゃうだろうね。(笑)

 

 

 

 


コメント
型紙から作成ですか…凄いですね!!手先が器用で羨ましい(>_<)
もし販売されたら買います〜小銭入れ希望します(笑)
  • 鮎猫
  • 2017/02/22 12:52 PM
鮎猫さん
試行錯誤は仕方ないとしても、無知からくる道具や材料の無駄な浪費が響いています。これは女房には言えません。(^^;
売り物にするには、まだずっと先ですね。
  • よしよし
  • 2017/02/24 1:08 PM
私のブログにメッセージを入れて頂き、ありがとうございました&#127926;

ここ数ヶ月、子猫のやんちゃぶりに振り回されて、落ち着いて革細工をしていられなかったので、ブログも放置状態でした(^_^;)

私が革細工を始めたのは17年前になるので、今のように書籍があったりネットで調べたりできない時代でした(笑)
なので、市販品を解体したり店頭で観察したりして試行錯誤で作り続けて来ました。

こんな私のブログでも、少しでも参考にして頂けたら嬉しいので、もう少し子猫がジャマをしなくなったら、再開します(*^∇^*)♪

よしよしさんも自分で型紙を描ける方なんですね♪そう多く無いんですよ、特に女性にはね(笑)
暖かくなって来て、釣りに出かける機会が増えそうですが、土砂降りの日なんかは革細工を楽しんで下さいね♪
  • maiden
  • 2017/03/05 10:20 AM
maidenさん
こちらまで挨拶して頂き、ありがとうございます。

17年の歴史は、そのまま経験値なわけで、整然とした縫い目や、革の切り口に合わせなど、2ヶ月目の素人には羨ましい限りの美しさです。
まだまだ修行が必要だぁ〜と痛感してます。(^^;

maidenさんのブログには宝物がいっぱいなので、どうか削除せずに残しておいて欲しいと思います。また、「これ、どうやったの?」って加工方法も聞きたいぐらいです。

型紙は、最初の頃は鉛筆と定規でやってたんですが、性格が大雑把なため、線が太かったりブレたり(^^; で、そこでパソコンのillustratorで作成したものを、プリントアウトして厚紙に貼り付けてカットするようにしたら、これが正確な上に簡単だということに気づきました。

道具への投資もあるし、そう易々と止めるわけにはいかないので、釣りとともに楽しんでいくつもりです。。
  • よしよし
  • 2017/03/06 5:30 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM