<< レザークラフトを始めて2ヶ月 | main | 2017年 初渓流 >>

電球ぐらい自分で交換しなきゃ!

車のエンジンを掛けると、メーターのところに警告灯が・・・ありゃ?
それにしてもこのマーク・・・マ●コのように見えるのは自分だけ?

 


車体のどこかの電球が切れると警告灯が点くので、一瞬だけど冷汗が出ました。

 

ってのも、もしヘッドランプだったりすると、キセノンヘッドランプに交換してるから、それだと数万単位の出費になります。恐ろしや〜(^^;
でも、昼間だったからヘッドランプじゃないとすぐ気づく。

 

まずはルームランプチェックで異常なし、ってことはブレーキランプっぽい?
昼間だと確認しにくいんですよね、ブレーキを踏みながら車体後部へは回れないし、ガラスみたいな反射物に映さないと見えない。


結果、右のブレーキランプ切れと判明。

 

 

ネットで調べたら、「たぶん」このランプで間違いなさそう。(12v21w)
2球入りで350円程度とは、嘘みたいに安いパーツですね。
ディーラーに交換を頼めば、工賃が加わっていくらになるんだろう?

 

もちろん、これぐらいの交換は自分でやっちゃいます。
でも後のランプユニットを開けたことがないので、少々不安は残ります。

 

 

荷室側面のカバーを剥がすと、握り拳がやっと入るぐらいの隙間があります。ここからランプユニットを外すようですが、手がギリギリしか入らないので、手首が痙攣しそうです。

 

 

写真のプラスチックの白いボルトを外しますが、とてつもなく固くて力勝負。その後、、ランプユニットを前後左右にグリグリ引っぱってると外れました。ここもツメ1つが引っ掛かってるだけで、飽きれるほど簡単な仕組みです。

 


ランプユニットの中にもカバーがあって、ここもツメ4つで固定されてるだけ、ドライバーを準備したけど、工具は一切不要とは驚きました。(これで工賃取るのか?)

 

 

中にはランプが3つあって、形状から判断して、ブレーキランプを特定することが出来ました。これで交換が完了、わずか15分程度で終わりました。

 

 

車整備は詳しくないけど、電気系統ぐらいは自分で出来ないと困るので、とりあえずチャレンジするようにしてます。

それでも困ったら、とりあえず開けたとこを閉めて、何事もなかったようにディーラーに駆け込みます。(笑)


 


コメント
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM