<< レザークラフト(板チョコみたいな・・・) | main | この魚、何て名前かわかりますか? >>

渓流釣りとレザークラフト

足腰の鍛錬のため、懲りずに藁科上流へ行ってきましたが、ボウズどころかアタリすら無い状態で、沢筋で人が竿を出さないようなポイントでないと、まず釣れる気がしません。

 

山が乾ききってるようで、少々の雨では増水することもなく、石アカが綺麗に付いて、これが鮎なら良いポイントになりそう、そんな目で流れを見てしまいます。

目を皿のようにしても鮎はおろか、ハミ跡もありませんけどね。(笑)

 

 

で、本題ですが、時間のある時は、レザークラフトの練習が日課になりつつあります。今回のチャレンジは、カードケースと名刺入れ。

 

名刺入れは、友人からの発注ですが、まだお金をもらえるような作品は作れないので、試作品で良ければという条件で請け負いました。

 

【カードケース】

 

 


裏表に各3枚づつ、本体中央に1枚の計7枚のカードを収納します。

 


これはちゃんと裏地まで付けたので、思いのほか手間が掛かってしまい、もう1回作る気力が出ません。(^^;

 

 


革を切り出す前に、両面テープで貼り合わせただけのテスト品を作成します。
革の厚みなど、まず立体形にしないと本番で狂いが生じるんですよねぇ。


【名刺入れ】

 


デザインはどこにでもあるタイプですが、名刺を束で入れられるように、革を伸ばして成型するのに工夫がいりました。

 


また同じ革を使って、ミニ名刺入れもセットにしました。
これは、休日などに数枚の名刺を持ち歩けるよう、財布にも入る薄い簡易名刺入れです。

 

手縫いの縫製も少しづつ慣れてきましたが、まだまだ乱れが出るので、ここら辺をきっちり作れるようにならないと、人に自慢して贈呈することが出来ませんね。

 

試作品ばかりが、どんどん増えていくので、雑な作りでも良いと言う方がおればあげますよ。(笑)

 

 

 

 


コメント
よしよしさん>
なかなか手先が器用ですネ!
渓流釣りカゴの「ベルト」を作ってもらえませんか!
「サンプル」はありますのが、金具の入手が問題かも(東急ハンズにでも行ってみるか)

この掲示板は「写真」を添付できますか?
  • 春踊るアマゴ
  • 2017/04/03 5:14 AM
春踊るアマゴさん
作るのは差支えないけど、水濡れする道具に革は合わないかもしれませんよ。
革専用の防水スプレーがあるとは言え、メンテナンスが必要になるかも?

でも釣り関係のグッズでレザー作品が作れたら楽しみ倍増します。
ほかに革で作ったらいいなぁってのはありますか?
  • よしよし
  • 2017/04/04 9:30 AM
「よしよしさんは一体どこに向かってるの?」←昔よしよしさんに言われたセリフをそっくりお返しします(笑)

皮は本来、丈夫さなどから実用的なものに使われてきたはずですから、釣り具などに使うのもアリかもしれませんよ。僕なら鮎竿のグリップをラムスキンみたいな柔らかい革製にしちゃったりするかもwww

車のステアリングやシフトノブのカバーなんかはどうですか? 我が家の車は市販の皮カバーをステアリングに取り付けてあるんですが、滑らないし高級感もあるし、何よりも愛車のカスタマイズとして満足度は高いです♪ 取り付ける前の形を見ても、ただの細長いリング上なのですぐに自作できそうですよ!
  • たけちゃん
  • 2017/04/04 5:10 PM
たけちゃん
どこに向かう?(笑) とりあえずは、飽きるまでか、限界を感じるまで、老後の楽しみに続けてみようと思ってます。

竿のグリップにしたら水濡れ大丈夫でしょうか?
長い革は手に入りにくいけど、竿袋はどうでしょうか?鮎竿は高価だから本革袋に包まれたら高級感が増すかも。

そうそう車関係のグッズには良さそうですね。
ステアリングカバー・・・けっこう難しそうな気がするけど、特に丸くすると外円と内円の差でシワがよりそうで処理の仕方がわからないなぁ。
サイドブレーキのレバーカバーを作ってみますよ。
  • よしよし
  • 2017/04/05 8:32 PM
鮎竿やタモのグリップなんかは確かに水濡れしちゃいますが、定期的に交換できるところが自作のいいところだと思います。昔、自転車のグリップに薄い革を巻いていましたが、それは定期的に交換する前提でした。

竿袋と言うよりもロッドケースはどうですか? 車内用ですので人に見せるものでもないけど、丈夫で良さそうだし自己満足度も高いかも。うちなんかダンボールですよ(爆)

ステアリングカバーは、ただの平たいきしめん状の革でした。それの両端が縫い付けてあってリング状になっています。多分、内径に合わせてあって、端を編みながら取り付けるときに外周部分を引っ張って伸ばしながら取り付ける方法です。薄くてしなやかな革なので元々のハンドルの形状にもフィットしていますよ。

  • たけちゃん
  • 2017/04/06 10:30 AM
連投すみません。

言い忘れちゃいましたが、昔どこかの土産物で買った革製のマンボウのマスコットがあるんですけど、それがとっても可愛くていいです。色違いの革でボディのパーツが出来ています。
これの鮎バージョンやアマゴバージョンを作れば欲しい人続出ですよ! まあ、こういうのは革細工と言うよりも手芸っぽい気もしますけどねw

いろいろと面白そうなので、今度会った時にでもやり方教えてください。椅子の手すりとか革にしたいものがいろいろとあります。
  • たけちゃん
  • 2017/04/06 10:40 AM
たけちゃん
もしかして、昔にレザークラフトっぽいことしてました?(笑)

ロッドケースも良いですね。使ってるのは表面がかなりボロボロだから、内部をそのまま活用して外側を革で覆うのは良いかもしれません。

ステアリングカバーと言っても、ただ被せるだけじゃなく、編みつけるやつなんですね。それなら革は伸縮するので、たぶんいけそうな気がします。でも自分のも女房の軽も、すでに革巻きステアリングなんですよね。(^^;

マスコットは、現在のスマホのストラップに「革製のアンコウ」が付いてます。どこか旅行に行った時に購入したもので、これがなかなかイイ感じで愛用してます。
鮎の形かぁ、試作を繰り返して、満足出来るまでには相当掛かりそうですが、将来的には考えてみたいですね。

教えるも何も、たけちゃんの方が器用だし、アイデアも豊富だから、またミシンも扱えるので、面白いものが作れそうな気がしますよ。縫製箇所によっては手縫いになるけど、誰にでも出来るそれなりの道具があるんです。

そうそう、ホトさんもモノ作りが好きだし、鮎クラブ工芸部でも設立しましょうか。(笑)
創作の素材の違うものを組み合わせたら、今までに無いものが出来たり、発想も広がりますよね。
  • よしよし
  • 2017/04/06 10:54 PM
>鮎クラブ工芸部でも設立しましょうか。(笑)
いいですね!
創作への士気も上がるというものです。
「鮎・・・」だとイメージを限定しそうだから、川好きの集まりということで、「リバー工芸クラブ」・・・いや、「リバーサイド工芸クラブ」っていうのはどうでしょう?
(たけちゃんの話の受け売りですが…(^_^;))
そのうちグループ展でも開けたらいいな〜っ☆
  • hoto
  • 2017/04/07 2:36 PM
ホトさん
面白いと思うので、クラブの発足は決定事項と言うことで!
名称は「リバーサイド工芸クラブ」で良いと思います。また、ロゴの制作は、得意分野のたけちゃんにお任せですね。(笑)

グループ展もありですね。
もちろん販売もしたいと思うので、腕を磨いて購買に耐えられるものを作れるように精進していきます。(笑)
  • よしよし
  • 2017/04/07 8:41 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM