<< アタリがあるのに掛からない(T_T) | main | 移動式の逆バリ(?) >>

アマゴが釣れないのでヘラ釣りに・・・ (^^;

鮎の友釣りを始める前は、ヘラ釣りにどっぷり浸かってました。


どちらの釣りも技術介入度が高いため、突き詰めていく面白さを感じていますが、今はなんたって鮎の方が断然面白い。

 

一時はヘラ道具を一切処分して、そのお金で鮎竿を買おうと思ったこともありますが、今から思えば残しておいて良かったと安堵してます。

 

鮎が専門ながら、たまにヘラ道具も追加購入していて、最近手に入れたウキがお気に入りです。


マジョラー塗装で、角度によって輝きが変化するボディに惹かれました。
でもヘラウキとしては下の下? サイズ違いの3本セットで3,600円は、100円ショップ並みの低価格なんです。それでもちゃんとアタリでますよ。(笑)

 

そして今日の竿は、シマノのヘラ竿では中の下ランク「剛舟12尺」。
低価格帯だけど張りの強い竿で、大型ヘラの走りもガツンと止めてくれます。

 

竿掛けは個人の作成者から購入したもので、ちょいとヒョウ柄が付いてお洒落な作りです。竿掛けを固定する万力は、柿の木の皮付で作られてます。


ここら辺は趣味の道楽部類ですが、有名作家ではないので決して高価なものではありません。中程度のカーボン竿の方がよっぽど高いです。

 

 

さて、ひさしぶりのヘラ釣りで、この季節どんなエサがマッチしてるのか、大昔のことを思い出せず、年中変わり映えしないダンゴエサで始めました。

 

しかし、ウキに変化は出るものの、竿に乗せることが出来ないので、グルテンを作ってみました。グルテンってのは、マッシュポテトに糸を引くグルテンが混ざったもので、それがハリ残りするので食わせエサに向いてます。

 

でも20年ぶりぐらいに作ったものだから、ベチャベチャすぎてハリに付けられない。明らかな失敗エサだけど、「勿体ないから、ダンゴエサと混ぜちゃえ!(いいかげん)」と、これが功を奏したのか、アタリが明確になりました。(笑)

 

いきなり尺上(しゃっかみ)です。


ビシッ!と合わせた竿が、ガツンと止まって、一瞬根掛かりかと思いきや、大型特有の首振りで、曲がった竿がゴックンゴックンと心地良い響きを伝えてきます。

 

張りの強い竿が曲げられる感触は、何とも言えない心地良さで、まだ限界を残しつつ絞られていく過程がたまりません。

 

わずか3時間程度の釣りでしたが、9寸から11寸ぐらいの型揃いで、10枚に届かなかったけど楽しめました。

ヘラ道具、つくづく残しておいて良かった。


鮎で河原を歩けなくなったら、ヘラ釣りがある。釣りはフナに始まりフナで終わる。この言葉は、マブナに始まりヘラブナに終わるが言い得てると思ってます。

 

 

 

鮎竿のロッドケース修繕、ビフォーアフターです。

銀色に塗装された部分、ヒビ割れした箇所を革で補ってみました。

 


ビフォーこの状態。

 


アフターでこうなりました。


ちょっと渋めに黒い革でまとめてみました。
自己採点は70点ぐらいですが、自分が使うから「まぁいっか!」で良しとします。

 

 

 

 


コメント
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM