<< アマゴが釣れないのでヘラ釣りに・・・ (^^; | main | スプールに2m残ったメタコンポ >>

移動式の逆バリ(?)

そろそろ仕掛けを作ろうと思ってるのですが、一部の方が利用されてる「移動式逆バリ」を、サブ仕掛けで作ろうか迷ってます。

 

でもあの仕掛けは作る手間が2倍になりそうで、内心は消極的なんだけど、それなりのメリットもあるような気がします。

 

そもそも逆バリを移動式にするメリットとは?

太い中ハリスが鼻カン上に長く伸びないよう、余った中ハリスをオトリの後ろに吹き流しにし、少しでもオトリの負担を軽減させるため。

 

主な理由はこんなところだと思うんですが、ここで1つ疑問があるんです。

 

中ハリスを二股にし枝バリみたいにするのはなぜ?

 

中ハリス本線に逆バリを直接編込んだらダメなの?

 

先人も同じようなことを考えたと思いますが、自分が思いつく不具合は、たぶんですが、あわてん坊な釣り人が、逆バリを移動させる際、直結だとうっかり指に刺してしまうからじゃないかと!(^^;

 

これ以外に、直結編込みを採用しない理由があるのでしょうか?

どなたか、この疑問に対して想定される不具合など参考意見があったらお教え願えますでしょうか?

 


とりあえず、中ハリスに鼻カンを編込んだだけのものを12本作りました。
同じものをコツコツと、何個も作る作業が苦手というか、大ッ嫌い!(^^;

12セットあれば、シーズンの半分ぐらいは足りるので、その後は鮎のサイズや状況に応じて、追加で作ろうかなと思ってます。

 

ちなみに、編込み糸はルアー用PEの余り糸(ラパラ0.4号)、鼻カンと中ハリスは写真の通り、中ハリスのエステルはワンランク細い0.6号にした時だけで、0.8号の時はフロロで作ります。その理由は、タモの中での糸絡みを軽減させるためで、エステルだとまず絡むことがありません。(老眼には絡みは大敵なんどすぇ)


本当だろうか、今年は、駿河湾に稚鮎が多いという噂があります。
そうなると、釣れる鮎も大小さまざま、もしかしたら安倍川で天然遡上が楽しめるかもしれないし、そしたら底流れの強い瀬を攻略できるような仕掛けを工夫しなくちゃ。
まぁ、そんなことも考えて、移動式逆バリってどうなの?と思ったわけです。

 

 

 

 

 


コメント
こんばんは。
今、「移動式逆バリ」が見直されているなんて知りませんでした。

中ハリスを二股にし枝バリみたいにするのはなぜ?
中ハリス本線に逆バリを直接編込んだらダメなの?

これを読んで、昔、尺アユを狙って釣っていた頃に作っていた「移動式逆バリ」と同じシステムなんだと思い、図解してTakeちゃんに見せたのです。
そしたら、直結編込みを採用しない理由は、「力の原理」によるものではないかというのです。
中ハリス本線に移動式の編み込みをして、その先に逆バリをつけることによって、野鮎が掛かった時にガンッと逆バリに力が掛かっても、移動式部分がずれることがないし、中ハリスのラインも傷まない。もし、本線に直結編込みをするとしたら、きつく巻かないと、鮎が掛かった時にすっぽ抜ける危険性もあるし、きつく巻くことで本線のラインを締め付けたり、傷めることにもなるのではないか…と。
ロープワークにも、同じような原理を利用している結び方があるようです。

尺アユ狙いの時に、ハナカン移動ではなく、移動式逆さバリにしていたのか、今やっとわかりました。

・・・・が、図に書いて説明するとラクだけど、書いて説明するとわかりにくいですね。
わからなかったら、ごめんなさい♪
アー、頭が冴えちゃって、眠れなくなっちゃった。
  • hoto
  • 2017/04/22 12:39 AM
ホトさん
この説明で言わんとすることはわかります。

尺鮎狙いで移動式逆バリを使うとは思いもよりませんでした。どちらかと言うと、チビ鮎が掛かった時に利点があるのかと自分は思ってました。

ロープワークにも同じような原理があるなら、きっと正しいのだと思うし、先人も最初は直結にして何らかの失敗があったんだろうと想像します。

ただ、すっぽ抜けはコブを付ければ解決出来そうだし、わざと緩めに編めばショックを和らげる効果があるような気がします。それで瞬間的なハリス切れも防げたりしないですかね?(笑)

一晩過ぎて、ふっと思ったのですが、ハリハリスと吹き流しの間隔を保つためじゃないかなと、直結だとほぼ同じところから糸が出るから、2本が撚れるように絡まる可能性がありそう。

ありゃ、夜中に余計な神経使わせちゃってゴメンなさい。(笑)
  • よしよし
  • 2017/04/22 9:58 AM
こんにちは!
私も以前サカサの移動式をやろうと考えたのですが、藁科等のようにサイズがバラバラだとチビ鮎を囮にしたときに、後ろの吹き流しが長くなりすぎて影響があるかな〜と思い断念しました(^^;)

数年前(10年ぐらいまえかも)に雑誌でシマノの島さんの仕掛けが枝針式の移動でした。解説ではサカサ側のハリスを細くできるため囮の負担を減らせるとのことでした…

中ハリス本線に直接サカサ移動式にするのであれば、がまかつの管付きのサカサを使うのが良いと思われます。使ってる方は毎年使ってるようなので不都合はあまりないのかと…ただ、ハリス0.6だと細いかもしれません(^^;)
  • 鮎猫
  • 2017/04/24 8:39 AM
ご無沙汰しております。
ブログはちょいちょい拝見してました。

自分は逆さ移動の仕掛けです。
ハナカンから、逆さバリの最長が15センチは、初期や小型が多く掛かる天然河川で使用、18センチはこの河川、20センチはこの河川…。ってな具合で用意してますよ。自分がよく行く河川だとたいてい、15〜18センチの仕掛けで、ワンシーズン行けちゃいます。
  • ウラ之介
  • 2017/04/24 7:07 PM
鮎猫さん
吹き流しが長くなると、やっぱり支障がありますか?
じゃ長いついでに、吹き流しにも掛けバリ付けちゃいましょうか!(笑)

島さんが移動式逆バリなのは知っていましたが、中ハリスの太さが異なっていることまで知りませんでした。

管付きのサカサですか?それは面白いですね。
そんな発想で、極小ウキ止めゴム付きのサカサがあったら、編込みもしなくて良いかも?

0.6号でも藁科あたりじゃ切れることがないので、盛期でも使っちゃいます。(^^;
でも22cmぐらいから切られることが時にあります。
  • よしよし
  • 2017/04/24 8:59 PM
ウラ之介
移動式逆バリは、ワンサイズで済むと思ってましたが、鮎のサイズに合わせて長さを変えてるんですか?
だったら、ノーマルタイプでも変わらなくなってしまいますね。

ノーマルタイプは、中ハリス18〜19cmでほぼフルシーズン通して使っています。ただ、25cmぐらいのオトリになると少々突っ張って、もう少し長いのが欲しくなりますね。

でも、作るに面倒な逆バリ移動式とは、恐れ入りました。(^^;
  • よしよし
  • 2017/04/24 8:59 PM
よしよしさん
逆バリの後ろに枝が出るのが嫌で、サイズ分けしてました。昨シーズンは、ハナカンの移動式と両方使ってますが、ハナカンの移動式のほうが、使い勝手がいい印象です。
  • ウラ之介
  • 2017/04/25 8:04 PM
ウラ之介さん
オトリサイズに万能な仕掛けのはずが、それでもサイズ分けしてたんですか!それだったら作るに簡単な鼻カン移動のままで良いのかもしれませんね。

特に自分のような大雑把な性格には向いてない仕掛けだと思うようになりました。(^^;
  • よしよし
  • 2017/04/26 11:14 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM