<< こんなもの買っちゃって(^^; | main | 2017年5月23日(火)興津川 >>

2017年5月20日(土)興津川

今年も鮎釣りが開幕しました。

 

冬の間、土日はなるべく自宅にいるようにしていた影響か、休日のゆったりした空気の中、女房が話しかけてきます。

 

NHKの受信料が残高不足で引き落としされなかったみたい、でもそういうのは事前に通知が来るはずでしょ、封書とかメールとか無かった?
・・・・・その後もなんたらかんたら、話しは続く・・・

 

こっちの事情も察してくれない?頼むから、これから釣りに出掛けようとする時に、そんなややこしい話しは後にしてくれ〜〜。忘れ物しそうで怖いわぁ〜ってなことがありましたが、話しを振り切って自宅を出ました。

 

土曜日の解禁日ということで、混雑が予想されるので、慌てず騒がず太陽がてっぺんに昇る9時頃に到着(^^;、下流から上流まで見て回ったところ、例年の倍ぐらい釣り人がいるような感じです。

 

 

今年は天然遡上が多いと言われるので、下流部(梨の木堰堤下)で、おもむろにドブ釣りを始めました。(笑)


遡上のサイズはどのぐらいかな?たくさんいるのかな?と、魚体調査が主目的ですが、ついでにオトリを確保しようと目論見ます。

 

渇水でピーカン、そして地合いも過ぎた11時頃、ドブ釣りには不適切なためか、ぜんぜん釣れません。やっと2匹釣れましたが、体長6cmぐらいで太さがタバコぐらいの稚鮎。

 

スー師匠には10cmぐらいのが釣れたので、午後はその1匹を元手に、2人で友釣りをしようと、とりあえず木陰で昼食タイムをとっていると、トムさんから電話がきました。

 

「まるで釣れないし、型が小さいからもう帰る。」と。
自分たちの目論見を察したように、「未使用のオトリもあるから持ってくよ」って。
トムさん、ありがとうございます。これで友釣りが出来ます。(笑)

 

スー師匠は元手の10cmですぐにオトリ交換に成功。自分も辛うじてオトリになりそうなやつを釣ることが出来ました。

 

ところが、後続がなかなか釣れず、たまにアタってもすぐバレてしまいます。
型が小さいせいか、原因はわからないけどバレ連続でお手上げ。(^^;

 

 

でも、スー師匠はさすがというか、小さなオトリを上手に使い、コンスタントに数を伸ばしていきます。大きいサイズで15cmぐらい、小さいのは10cmぐらいで、30匹ぐらい。

 

自分は10cmぐらいのを5匹釣っただけ。(T_T) 泣かないけど、泣きたい。

 

これは天然遡上の鮎でしょうか?
可愛そうだけど、頭の上に重たい鼻カンを通して頑張ってもらいました。
これぐらいのが5匹だからねぇ〜参っちゃいますよ。

 

下流部は、承元寺堰堤、梨の木堰堤が整備され、天然遡上が上りやすくなったらしく、監視員の話しでは、遡上鮎につられて放流魚も上ってしまった可能性があるようです。

 

うなずけるのは放流魚が極端に少ないような印象をうけました。
でもね、5〜7cmぐらいの稚鮎が踏みつけるぐらいいっぱいいます。枝の細く浅い流れにもぐちゃぐちゃ走り回ってます。

 

この小さな鮎が成長してくれれば、夏場はけっこう楽しめるかもしれません。
どこからとも湧いて出てくるような夏になればいいなぁと思います。

 

というわけで、今年は撃沈で始まる鮎シーズンとなりました。
先が思いやられるぅ〜〜〜(^^;

 

ちなみに、早朝からやっていた川小屋メンバーの最高は90匹。
2番手になったM永氏は60匹ぐらい釣って、後ろにひっくり返るぐらいドヤ顔でした。今シーズン終わるまで自慢話されそうで怖い。(笑)

 

 

 

 

2017年5月20日(土)興津川
場所 下流部(梨の木堰堤下)
天候 晴れ
アカ 平均90% (青ノロが目立つ)
竿 ダイワエアーSL 8.0m
糸 アーマード  0.06号
ハリ エアスピード6.0号3本
時間 13:30〜16:00
釣果 5匹 (スー師匠30匹 10〜15cm)
型 8cm〜10cm


 


コメント
解禁おめでとうございます〜(^^)/
多くのブログやTwitterを見ていると、興津の解禁はかなりの苦戦だったようですね…
私も27日に行く予定ですが…不安しかありません(^^;)
藁科等の解禁も間近ですしある程度の雨が降ってほしいですね〜
  • 鮎猫
  • 2017/05/22 12:51 PM
鮎猫さん
解禁を迎えて、いよいよ始まったなと良い季節になりましたね。

興津川は渇水で放流物が散らばってないらしく、そのため釣れる人と釣れない人の格差があったようです。
藁科川は、現在の川状況では無残な結果になるだろうと予想してます。(T_T)
  • よしよし
  • 2017/05/22 8:56 PM
祝解禁♪
飲み物をどうもありがとうございました。あやうく脱水症状になるところでした。何といっても解禁日なので車に取りに戻れなくて困ってたんです。でも、あの場所はみんなが敬遠するらしく心配無用でした。お昼にも周りの人に「良かったらここで釣ってもらっても良いですよ」って言ったにもかかわらず誰も入りませんでしたから(笑)

あのあたりはみんな良く釣れていて逆に自分の場所から動かなかったんだと思います。あとで他の人に聞いたら中・下流は結構渋かったとのことで我々はラッキーだったんだと知りました。

藁科川の解禁は平日なので行きませんが、今年もまた一緒に釣りましょうね♪ レザークラフトの話もいろいろと聞きたいです〜〜〜
  • たけちゃん
  • 2017/05/22 10:43 PM
たけちゃん
思ったより早くから釣り場に向かったからびっくりしました。
そこも混雑してましたが、中流部は凄まじい混みようで、竿が当たりそうな接近戦はトラブルの元ですね。

自分たちが入ったところは、まぁ〜のんびりとのどかな空気が流れてました。
ドブ釣りの年配者たちと話すのも新鮮で良かったですよ。

たけちゃんポイントは、攻め辛いので敬遠されるんですよ。
どうやら満足いく解禁日になったようで、おめでとうございます。

藁科は、たぶん釣れませんよ。川見して愕然としました。
  • よしよし
  • 2017/05/22 11:11 PM
「こっちの事情も察してくれない?頼むから、これから釣りに出掛けようとする時に、そんなややこしい話しは後にしてくれ〜〜。忘れ物しそうで怖いわぁ〜ってなことがありましたが、話しを振り切って自宅を出ました。」

これが、我儘な釣り人(げっ・・!

「えっ・・ 帰ってから対応してみるよ♪ 土日なので月曜日でも」とか・・(笑

たかが近所の鮎釣り解禁日なのに・・(ぶつぶつ!、

そうですか「藁科川」の状態が・・

昨年、藁科川の解禁日に1匹10cm位の1匹のみ・・・(放流場所の近辺のみ石垢が磨かれていたようで!)

マスターズ前に成魚をばらまくような漁協はどうなっているのかネ?(うわさですが!)










  • 夏燃える鮎
  • 2017/05/23 10:51 AM
夏鮎さん
いつでも出来る話しを今しなくても!
本人がバレーボールに行く時は「後にして!」ってキッパリ言うくせに、身勝手なのはどっちだい。

藁科川ですか?
判らないけど、スー師匠と自分の見立てではヤバイ気がしますよ〜。
解禁日が楽しみです。(笑)
  • よしよし
  • 2017/05/23 12:36 PM
解禁おめでとうございます。
興津楽しみですね〜。
とっといてくださいよ(笑)
  • ウラ之介
  • 2017/05/25 12:10 AM
ウラ之介さん
まだ解禁迎えてないですか?
相模湾も天然遡上が多いようなので、興津川まで来なくても楽しめるんじゃないですか( ^^)/
  • よしよし
  • 2017/05/25 8:06 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM