<< 2017年5月23日(火)興津川 | main | 2017年5月27日(土)興津川 >>

レザークラフト(名刺入れ&ナイフのシース)

趣味で始めたレザークラフトですが、革製品って男の小物感が良いですよね。でも最近は、作りたいものが多くて時間が足りませーん(^^;

 

そろそろ大物を作ってみたいと思ってるのですが、それには大きな革も必要だし、もし失敗したら革が無駄になるため、今のところ怖くて手が出せません。

 

まずは小物をたくさん作って基礎を学ぶことが失敗しない秘訣だと思うけど、大きいのを作りたい衝動に駆られてます。

 

今回も、友達に頼まれて「名刺入れ」を作りました。
仕事で使うので、中途半端に派手なのは都合が悪いと言うので、オーソドックスで地味な色合いの革で作ってみました。

 


レザークラフトでは革選びは重要で、作るものに適す適さない革があります。最初の頃はそれが判らず、無意味に厚過ぎたり柔らか過ぎたりして失敗の連続でした。

 


名刺入れは、けっこうハードに使われるので、革の端、角などが擦り切れてしまうため、コーティングを施してみました。こういう革製品ってブランド物でもありますよね。

友達が気に入らないと言えば、また違った感じのものを作ろうと思います。


そして、前から1度作ってみたかったのが「ナイフのシース」です。
シースってのは「鞘」のことですが、鞘が革だと見た目がワイルドでカッコイイでしょ。

ナイフと言っても、折り畳み式の渓流用はあるけど、鞘に入れるようなナイフが無かったので、アマゾンで1つ試しにサバイバルナイフを買ってみました。

 


こんな感じのナイフで、ナイロン製のシースが付属してます。
まぁこれでも悪くはないけれど、やっぱり革のシースの方が観賞用にも良いような気がします。

 


で、付属のシースをほとんど真似して作ってみました。
なんか雰囲気が出たんじゃないですか?

 

裏側はベルト通しも付けてみました。

 

シースに入れた状態。

 

キャンプを趣味にしてる人なら、こんなのを1つ持ってるだけで、そこらじゅうの木を伐り放題?焚火などアウトドアで何かと役立ちそうです。

 

だけど、作ったは良いが、もう達成感を満たしてしまった(?)ためか、このナイフはもう要らない気分になってます。飽きっぽいのか?(^^;

 

そんなことから、もし欲しい方がおりましたらお譲りします。

ナイフ本体の買値が2,000円台だったので、それにシースの制作費用を加えさせてもらって、3,500円でどうですか? えっ?高い? まぁ素人が作ったものだからそんな価値はありませんけど、これ作るのにけっこう時間が掛かったんですよ。

 

もちろんナイフは未使用で、もとからの細かなスリ傷などはありますが、仕舞いこんで刃先は紙すら切ったことがありません。
興味があったら、コメントまたはメールでお知らせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM