<< 2017年6月1日(木)藁科川 | main | アイコス(iQOS) デビュー >>

2017年6月4日(日)藁科川

この時期に、下流の新間周辺に入るのは珍しいのですが、魚の濃さがどれぐらいか確認も含めてやってみることに。

 

新間川出合い付近は、渇水状態に加えて流れが3本に分かれてるため、オトリを入れられそうなポイントがほとんどありません。そして気になったのは、新間川が流入する部分の石は割と綺麗なのに、藁科本線の流れが曇りがちなこと。これは今の藁科川全体に当てはまり、さらに下流の安倍川合流点でも同じような現象があって、本来なら濁りやすい安倍川の流れの方が断然石色が良いのです。

 

藁科本流だけが曇りがちなのは何故でしょうか?

 

鮎はけっこう見えるんですよ。ただ縄張り持って追うやつがいません。それは磨かれてない曇った石からも想像がつきます。

 

憶測ですが、大雨で諸原因を洗い流すような増水で、新アカが育ったら鮎も磨くようになるのではと期待しています。

 

そんなわけで、新間周辺も石色が悪く、見た目が良い瀬でもまともに掛かりません。ポツ、ポツと掛かりますが、追って掛かってるわけじゃなく、運悪くハリに触った鮎が釣れてる感じです。

 

オトリを止めてぼんやり目印を見ていると、そこらじゅうで鮎が跳ねたり、水中で走る姿が見えますが、まったく追いません。(ToT)

 

この日は強風だったので、7.0mの金色アバンサーでやりました。この竿は丈夫で長いこと使ってるので、歴代の竿の中でも1番数多く鮎を釣ってるかも。(笑)
写真の瀬も頭大の石が詰まって、アカが乗ってるくせに、掛かるのは白い鮎ばかり。

 

それにしても・・・
「釣りがつまんない。 これじゃ友釣りしてる気分になれない。」

 

ポイントを求めて放浪しますが、石色の良い場所がなく、まぁ少しはマシかなと思う瀬肩で始めると、やっとここで黄色い鮎が掛かりました。少し間をあけてまた黄色い鮎。連続で3匹の黄色い鮎が釣れたのは今季初めてで、この時だけはニンマリさせてくれました。

 

でも次には天然の白い鮎、そんなに連発してくれませんね。(^^;
この場所は、とくに鮎がたくさん見えました。これらが追うようになってくれたら、さぞや楽しませてくれるだろうにと、恨めしい気持ちになります。

 

とにかく、中途半端な増水ではなく、アカを流すような増水があった方が改善されるような気がします。もうすぐ梅雨入りするし、今は雨乞いするしかありませんね。
ただ、鮎も一緒に流されたら元も子もありませんけどね。(笑)

 

 

それにしても、今季の釣果は凄いです。(悪い意味でね(^^;)

5匹、18匹、2匹、10匹、8匹・・・5回行って合計43匹。(笑)

 

 

2017年6月4日(日)藁科川
場所:  下流部
天候: 晴れ 強風
アカ: 平均80%
竿: アバンサー  7.0m
糸: アーマード 0.06号
ハリ: スピード 6.0号4本
時間: 12:00〜15:00
釣果: 8匹  (スー師匠も釣れませんでした)
サイズ 12cm〜16cm(平均14cm)

 

 

 

 


コメント
今年の静岡河川は何処も似たような状況ですね。「鮎の傾向」は面白くて、1、2河川の状況が意外と全国的に共通であったりすることが間々ありますよね。日曜日に行った河津も同じような常態で釣れませんでした。
  • 太ハリス
  • 2017/06/05 5:16 PM
太ハリスの新ちゃん
河津も同じような感じだったんですか?
天候のせいなのかなぁ?何だか変ですよね。

でも、土曜の秘密の川は良かったんじゃないの?
言わなくてもどこかは知ってますけどね。(笑)
  • よしよし
  • 2017/06/05 6:19 PM
藁科川の下流は昨年と同じようで、新間の右岸トロ尻に遡上チビが沢山いるでしょう! 

駐車場の前は放流鮎で磨かれいたが、釣り返しは? 

いかにも釣れそうなトロ瀬はモズク蟹のような石色!これじゃ藁科へは行けません。7月以降かな??

秘密でもない川?(放流河川) 6/1・2日三桁続出・・・
あまりきれいな川ではないが。 知り合いは「釣れないより釣れるほうが良いとか!」

ぴんぴんの鮎を釣りたい。
  • 夏燃える鮎
  • 2017/06/06 5:00 AM
よしよしさん、ど〜も。
あたしは河津解禁2日目に行きました。
竿を出したのが10時40分。(笑)
釣れたのは鮎が15匹と坊主ハゼが、20匹以上。(__;)

今年の河津は、坊主ハゼが大量発生しています。

にもかかわらず型の良いのは流芯では14〜17cmくらいが。流れの緩い所は、おチビが主力となりました。

ただ静岡のどこの川も同じなのでしょうが、超渇水で厳しいコンディションと言えます。

一度雨が降って1mは増水してくれないと、鮎の生育も遅いし、釣り辛いと思います。

新ちゃんが釣れなかったのは、皆さんご存知の川のコンディションとか、時合い等々の条件が加味されたからでしょう。
釣りは本当に悩ましく、難しいものですね。

  • 2017/06/06 6:04 PM
夏鮎さん
昨年と似てはいますが、良い瀬が砂で埋まっていたりとか、所々で大分変化しています。細い流れにも遡上チビがいっぱい見えるので、成長待ちといったところです。

今の藁科は、そのモズク蟹のような石色ですね。探せばどこか輝いてるとこもあるかもしれませんが、全体的に曇りのち雨状態。(笑)

秘密と言ったのは、夏鮎さんが思ってる川じゃないですよ。(^。^)y-゜゜゜
ヒント!綺麗な水、綺麗な鮎、県内の川で〜す。
  • よしよし
  • 2017/06/06 6:42 PM
Jさん
15匹釣れれば御の字じゃないですか。
こっちはもう散々ですよ。

ボウズハゼ20匹は記録もんですね。持ち帰ってカラ揚げにして食べてみたら?案外美味だったりして。(^^;

なんか梅雨入りしそうなので、雨は降りそうですが、まとまった雨が降るかわかりません。低温のままシトシト雨ばかりだと、鮎が弱ってしまいそう。

自然を相手にしてるとは言え、大会上位者は同じメンバーってことは腕の違いが明確だとは思います。
  • よしよし
  • 2017/06/06 6:42 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM