<< アイコス(iQOS) デビュー | main | アイコス使用結果&レザークラフト >>

2017年6月10日(土)安倍川

安倍川の状況はどんなものか、時期的には早いけど偵察に行ってきました。

 

曙橋から見た石色は、芯はアカ無し、ヘチにはアカが見られますが、全体的に曇った感じでパッと見は釣れる気がしません。

 

安倍川のオトリ屋さんと言えば、もっぱら岩崎オトリ店ですが、ここのオヤジさんは別格な釣り名人だと思います。お店では天然のオトリを売ってますが、そのすべてが鼻カンおよび逆バリを打たない新品未使用。

 

どうして新品未使用の天然があるのか不思議に思うでしょうが、このオヤジさんは小さなオトリで、オトリ交換せずに何匹ものオトリサイズをキープする凄技の持ち主だからです。

 

いろいろ情報を得た後、事前に見ておいたポイントへ向かいます。石色が良くて釣れそうな場所、スー師匠もここなら釣れるでしょと太鼓判のポイントでオトリを出してみました。

 


ソロソロと上に泳いでいくオトリが突然左右にブレるようになり、そこから上に上ろうとしません。大石などの障害物がないのにオトリがためらうので、もしや縄張り鮎が居るのか?と思った瞬間には目印が飛びました。

 

「うわぁ〜コレコレ! 友釣りはこうでなくちゃいけません。」

 

ひと泳ぎ目で17cmサイズが掛かってくれました。そして次もまた、オトリが逃げたと思ったら、ガツンと当たってきます。まだポイントの手前しかやってないのに、いきなりの2連チャンで、この先がどうなるのかワクワクします。

 

 

はーい、もうどうにも止まりません。
前アタリがあったり、オトリが逃げたり、そして強いアタリの連続で、最高の時間を堪能させてもらいました。1時間弱で12匹を同じ立ち位置から抜くことが出来ました。入れ掛かり最高(^^)/ 友釣りが楽しいと思う一瞬ですね。

 

他のポイントに移って2匹追加した頃、急に下流から猛烈な風が吹き始め、竿を支えるだけで精一杯の状況になります。昼食を兼ねて一時休憩するも強風は止まず、竿操作が限定されるなか、ポツポツと掛かりますが午前中とは雲泥の差、ポイントをいくつか歩きますが、野鮎からの反応がほとんどない。

 

午前の勢いで釣れたら、50匹いけるかもの皮算用はもろくも崩れました。(笑)
午後は2時間ちょいでたった7匹の急降下。

 

岩崎オトリのオヤジさんが言ってた、釣れるポイントでバタバタと掛かるが、どこでも釣れるわけじゃない、良いポイントさえ見つければ楽しめるよのアドバイス通り。

 

それでも前アタリや追いなど、掛かる予兆が感じられたのは良かったです。そういう友釣りは時間を忘れて夢中になれますね。

 

安倍川は、石に付いた鮎がまだまだ少ないですが、天然遡上がいっぱいいるし、13cmぐらいに育ったのもけっこういたので、この夏は安倍川が熱くなりそうな予感。

 


帰りを急いでいたので、死んだ魚の写真で申し訳ないです。(^^;

 

 

2017年6月10日(土)安倍川
場所:  中下流部
天候: 晴れ 強風
アカ: 平均80%
竿: エアーSL  8.0m
糸: アーマード 0.06号
ハリ: スピード 6.0号4本
時間: 11:00〜15:30
釣果: 21匹  (スー師匠も同じぐらい)
サイズ 11cm〜18cm(平均13〜15cm)


 


コメント
やっと、あゆみちゃんの季節到来、と感じる事の出来る報告に出会うことができました。
びわ湖で生じている湖産の激減は、外来の植物プランクトンの大量繁殖が、原因、と、いうことのようですが、海アユでは何が生じているのかなあ。

いろんな要因が、川により、海域により異なっているとは想像していますが。
何十年ぶりかで、安倍川に行くアッシー君を釣り上げる希望が湧いてきました。
  • 片岡相模原
  • 2017/06/12 4:14 AM
片岡相模原さん
群れ鮎を掛ける釣りは大会の時だけにして、普段は追って掛かる鮎を狙うのが楽しいですよね。
今の安倍川は、ともすれば瀬切れしそうな細い箇所もあるので、雨で増水すれば待機していた遡上鮎が一気に上がって散らばるんじゃないかと思います。

放流物は、その素性により良し悪しがあると思うので、良い河川とダメな河川が浮き彫りになってる気がします。湖産の激減がそんな理由だとは知りませんでした。
  • よしよし
  • 2017/06/12 8:41 AM
私も雨が降ってないし安倍川が良さそうだなと思っていましたが、まだ6月だしなぁ…と思い行きませんでした。良い釣りが出来たみたいで羨ましいです(>_<)

しかし、そろそろ雨がないと困っちゃいますね(^^;)朝、私の元に入ってきた情報だと安倍川で瀬切れした場所があるそうです…

  • 鮎猫
  • 2017/06/12 2:19 PM
鮎猫さん
まだちょっと早かったですが、藁科川があの状態なので、同じ年券でもあるし行く気になった訳です。
うまく当たれば良いですが、外れると厳しい釣りになるかもです。

瀬切れしそうな(した)下流には、遡上をしたい鮎が雨待ちしてるかも?(笑)
  • よしよし
  • 2017/06/12 6:16 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM