<< アイコス使用結果&レザークラフト | main | 2017年6月18日(日)藁科川(大会:ダイワマスターズ) >>

藁科川 ダイワマスターズ下見(下流域)

大会本部前から高圧線までの6月14日(水)の藁科川

 

竿を出したのは、水見色川出合い上の流れが二股になった辺りから高圧線近くまで、どこも連発はなく、ポツ、ポツ、間違って掛かったような鮎ばかりで、4時間やって8匹。サイズは10〜15cm程度。

 

石色が悪く、クリーム色した石が目立つ。ところどころ茶色なとこも、褐色した石はわずかにあるだけ。秀島駐車場前から下流にかけて茶褐色してる石があるが、チャラ瀬で平たい流れ。思うようには釣れない。(^^;

 

全体的に、浅いチャラ瀬で遊んでる鮎を掛ける腕があれば、粘ればポツポツと掛かることもある。掛かるのは10cmぐらいなので、そのオトリを上手に扱えるかが胆。

 

とにかく、追って掛かる鮎はいないと思った方が良い。
写真では水量があるように見えるけど、どこも流れがゆるく浅い。
下手なポイントだとボウズも十分ありえるし、2匹3匹という釣果になりそう。

 

下流部の現在の流れマップ。(マップクリックで拡大)
番号の箇所が撮影した場所。

 


写真1

 

写真2

 

写真3

 

写真4

 

写真5

 

写真6

 

写真7

 

写真8

 

写真9

 

写真10


川小屋の永濱大師匠が、新たにブログを始めました。
藁科川の近況を載せているので、今後の参考にどうぞ。

 

http://kawagoya.jugem.jp/
 

 

大会まで雨は降りそうもないので、激渋な釣りになりそうで、とても気が重い。(^^;

参加のみなさん、がんばって下さいね。

 

 

 

 

 

 


コメント
記事とは関係ないコメントなので下に書きます。

先日買ったムック本に
『ダブル蝶針は初心者向きとありました』

さっそく自分でも巻いてみたのですが、巻いた後で疑問が出来ました。


ダブル蝶バリの使いどころが分かりません。

チラシバリは群れ鮎に有効と言うのは何となく分かります。


ダブル蝶バリはオトリが弱った時に役立つらしいのですが、

4本針なので3本針より重いはずです。

しかもハリスが長い分、根掛かりも多そうです。
弱っているオトリなら、流れの速い所に入れらねないので、
さらに根掛かりを誘発しそうです。


群れ鮎以外の使いどころが分かりません。


例えば全てダブル蝶バリではいけませんか?

もしくは最初に蝶バリから釣り始めたらいけないんでしょうか?


あとチラシバリも同じですが、保管方法(釣り場への携帯方法も分かりません)

ご指導お願いします。


  • かんくん
  • 2017/06/24 7:21 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM