<< 藁科川 ダイワマスターズ下見(下流域) | main | 紙コップホルダー(レザークラフト) >>

2017年6月18日(日)藁科川(大会:ダイワマスターズ)

河原に整然と並ぶお地蔵さん。(^^;
超渇水だから仕方がないけれど、それにしても「これが友釣りか?」と疑問になってしまう静か〜な釣りでした。

 

まずは自分の釣りから、受付抽選は下見した下流とは逆の上流側で、入川順は後ろの方、でも今の川の状態では目指すポイントも無いので関係ないです。

 

空いてる場所に入るだけ、そんな感じで川小屋前から入川すると、本来なら荒瀬だった場所に、1人分の空間があるので迷いながらそこに決めました。

 

石色が悪いのはどこも同じ、でももしかしたら追う鮎がいるかもしれないと期待します。渇水で普通の瀬になった流芯に躊躇なくオトリを突っ込んでいきますが、やはり反応が出ません。

 

釣ってる最中、対岸の袋状で小さい鮎が何度も跳ねます。群れが居るようなのでオトリを入れると、オトリが前後左右によく動き回りますが、間違っても掛かってはくれない。こういう鮎の釣り方がまったくわからん。(@_@)

 

上流側の隣人が掛けたので、粘れば掛かるかもしれないと腰を据えるも、何事もなく1時間が経過。その間にも周囲を見渡していると、浅いポイントの人がわりと竿を曲げている感じです。

 

やっぱり浅いポイントだったか、当初から小石底の浅場狙いだったのに、過去の良き思い出のポイントに目移りしてしまったのは仕方がない。下見してれば入らなかった可能性はありますね。(^^;

 

次のポイント移動は夜打島の階段前です。誰もいなかったのは、すでに誰かが諦めて移動した後なのかも、でも他に空いてる場所もないし、ここで心中することにしました。

 

配布されたオトリはすこぶる元気で、何度も何度も竿一杯まで泳いでくれますが、なかなか掛かってくれる鮎がいません。少々疲れてきたオトリがスピードダウンしてとどまっていると、いきなりビュンと目印が飛んで、待望の1匹目が掛かりました。

 

もちろん連発なんてありません。忘れた頃にポロッと2匹目、同じく3匹目、30分に1匹ペースなので、時間いっぱいまでやっても数は知れてます。

 

釣果3匹、オトリ込み5匹は、検量時点でボーダーライン以下でした。サバサバと着替えして今年の大会は終了。スー師匠は予選では下流側で込み8匹、無難に決定戦に進出しましたが、決定戦のボーダーラインに1匹足らずで大会終了。

 

 

次回ブロック大会に進出された方々。
この中に、親しくするデージーがいます。「やったね、おめでとう(^^)/」
師匠の青木さんもさぞや喜ばれてることでしょう。

 


【総評】
魚はたくさんいるけど、石に付いてないので友釣りが成り立ちません。

ほぼすべての竿が天を指して、まったく動きのない静かな釣りです。たまにかがむ人がいても、オトリの確認ばかりで、なかなかオトリが替りません。

 

予選のボーダーラインが込み7匹、決定戦のボーダーラインが込み6匹。
どれだけ厳しかったか想像がつきますね。

 

腕自慢が集うマスターズで、思ったより釣果が伸びなかったけど、藁科川をホームとする自分にとって「鮎がいっぱい残ったぁ〜」と不謹慎にも内心で微笑むのでした。(笑)

 


2017年6月18日(日)藁科川
場所:  中流部
天候: 曇り 低気温
アカ: 平均80%(川時化状態)
竿: エアーSL  8.0m
糸: メタコンポ 0.05号
ハリ: スピード 6.0号 3本や4本 チラシ2本、他いろいろ(^^;
時間: 7:00〜10:00
釣果: 3匹 
サイズ: 13cm〜14cm

 

 

 

 


コメント
よしよしさん>
残念でした。今の藁科川は鮎釣りする状態ではないようですネ! 雨待ちかな?

今日民放で安倍川の狩野橋?上流、右岸水溜まりに(瀬絶)10cm位の鮎が沢山いましたよ?
エサ釣りで釣れるのかなぁ〜
  • 夏燃える鮎
  • 2017/06/19 6:00 PM
夏鮎さん
大会結果は実力からしてこんなもんでしょう。幸運なプラスアルファがないと勝てません。

瀬切れで喜んでるのは鳥だけ、エサ釣りでも釣れません。でも子供の頃、瀬切れになるとタモとバケツ持ってよく行きました。
  • よしよし
  • 2017/06/19 6:35 PM
大会お疲れ様でした。
藁科は、梅雨明け以降秋口に楽しめそうですね。
  • ウラ之介
  • 2017/06/22 7:12 PM
ウラ之介さん
これだけ気負いの無い大会も珍しいです。(^^ゞ

出水もあったし、新アカが付く頃、楽しめるかも?
  • よしよし
  • 2017/06/22 8:03 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM