<< 2017年7月15日(土)・16(日)・17日(祝) 宮川(岐阜県) | main | 2017年7月22日(土)安倍川 >>

2017年7月20日(木)安倍川

今年の安倍川は、遡上が良好でこの先が楽しみです。
また、雨が少ないためアカ付きも良く、鮎が成長してくれそうな予感。

 

最近釣れてる情報があったので、スー師匠を誘って平日釣行です。
入ったのは平野地区で、型が良いのが釣れると岩崎オトリのオヤジさんに聞いて決めました。

 

なんでもスー師匠の町内のお祭りで、鮎の塩焼き担当に命じられて、塩焼きサイズを少なくても50匹調達しなければならないようです。それもあって、型狙いのポイントを選びました。

 

安倍川と言えば、トロやチャラ瀬は少なく、ほぼ全域底流れの早い瀬ばかりです。瀬の引き釣りが得意なスー師匠には向いてますが、自分はどちらかと言うと苦手な川相です。

 

なのに、釣れてる情報を信じて、ここでもオトリは1匹づつ。
2人で行くときは、いつも1匹づつで、どちらかが釣るからオトリに困ったことはほとんどありません。

 

二手に分かれて、自分は下流側へポイントを探して歩いて行きました。
安倍川にしては珍しくベタアカで、これはこれで逆にポイントが絞り辛い感じ、どこでも掛かりそうだけど掛からないような気もします。

 

目がいくのは、大石がある荒い瀬のポイント。
オトリが1匹なのは承知してるけど、たぶん掛かるだろうと荒いところから始めてしまいました。これが失敗の原因。(^^;

 

ポイントを2か所移動してボウズ、オトリはヘロヘロで変色もしてきました。かなりヤバイ状況となり、奥の手でオモリを付けるしか手段が無くなってきました。それでもオトリは波乗り状態と、大ピンチ!!

 

電話で確認すると、スー師匠は3匹ぐらい釣ってるようなので、最終手段はオトリを貰うことですが、ここは意地になって、何としてでも釣ってやると、荒い瀬に瀕死のオトリを突っ込んでいきます。

 

不思議と悲壮感はなく、この状況を楽しんでる自分がいます。
もう瀬の中にオトリを馴染ませるだけで精一杯、飛び付きに期待して、下流に少しづつ落としていくと、やっと威勢のいいやつが飛びついてくれました。

 

「やった!これで生き返った。」
と思ったのも束の間、引き抜いた鮎が、タモのすぐ手前の大石に激突!!
不思議なことにこの大石がまったく見えてませんでした。タモも構えて入ったと思ったら、突然2匹の鮎が視界から消えた感じでした。

 

こんなこと初めてで、どうして大石が目に入ってなかったか、今も理解出来ません。

 

その結果、オトリは虫の息、掛かり鮎は石に跳ねて水中へ。
これまでのベストスリーに入るほど惜しいバラシです。

 

でも意地です。死んでそうなオトリを再度オモリで瀬に入れて、ただただ落とし込むだけ、ところが掛かったんですよ。そして慎重に取り込みました。入れ掛かりしたのと同じぐらい嬉しかった。(^^)/

 

でも、その後もなかなか釣れません。はっきり言えるのは釣り方が下手。

3連休中の宮川で、さもなく掛かるイメージがそうさせたのか、とにかく釣りが雑というか乱暴し過ぎました。

 

スー師匠は、得意な川相でもあり、丁寧な釣りをしていたので、大小まじえて30匹ぐらい釣っていましたが、同じ時間やって自分は7匹しか釣れない。

 

なんかさ、釣ってる最中は悔しいやら腹立たしいやらで、苛立っていたけど、帰り支度を始めた頃には、猛反省と必ずリベンジしてやると気持ちが切り替わっていました。

 

次こそは釣ってやる!待ってろよ安倍川の鮎たち。

 

こういう平瀬では、ほとんど反応が無く、強いとこばかり選んでオトリを入れてました。

もう少しじっくりやればまた違ったかも?

 


この鮎、なんか野性味があると言うか、体側面の模様が海の魚みたい。

こんなにハッキリ見える鮎も珍しいね。

 

 

 

2017年7月20日(木)安倍川
場所:  上流部(平野周辺)
天候: 晴れ
アカ: 平均90%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ0.05号
ハリ: スピード6.5号3本
時間: 10:30〜12:00 13:00〜16:30
釣果: 7匹  (スー師匠は30匹ぐらい)
サイズ 12cm〜19cm(平均17cm)


 


コメント
よしよしさん、今度安倍川に行く時には声を、かけてチョンマゲ。(^.^)
土、日以外大歓迎。f(^_^;

  • J
  • 2017/07/23 7:43 AM
Jさん
近場の釣り場でもあり、思い立ったが吉日なので、直前の声掛けになっちゃいますよ。
ちなみに、立て竿泳がせのポイントはありません。ほぼ引く釣りになります。
  • よしよし
  • 2017/07/23 9:28 AM
ありゃ!?タブレットからの投稿にしたら、送信に失敗した。(-_-;)

でもう一度。

それでは単独に、切り換え。(^-^)
昔静岡にいたから、大体様子は分かっているから1匹は釣れるでしょう。(笑)

画像にあるような顔の尖った鮎を釣りたいです。(^-^;
  • J
  • 2017/07/24 7:25 AM
Jさん
単独で行くなら、オトリは岩崎さんへ。
オヤジさんに情報を聞くと良いですよ。
釣れない時は釣れないとハッキリ言うので、覚悟して川に立てます。(笑)
とにかく荒い瀬、泡立ちで掛かります。
  • よしよし
  • 2017/07/24 8:40 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM