<< 2017年7月20日(木)安倍川 | main | 2017年7月27日(木)安倍川 >>

2017年7月22日(土)安倍川

惨敗から2日後になりましたが、安倍川へリベンジに行ってきました。

 

ポイントは前回よりも少々下流で、竿抜けのパラダイスに期待してのことです。ベタアカだから見栄えの良い瀬が続きますが、そうは問屋が卸しません。

 


藁科と比較すると、どうしても魚影が薄く、どこでも掛かるわけではないので、最初のポイントは特に吟味する必要がある。

 

アカが付いた薄茶色した石は、磨かれた雰囲気がないので、当たり前の平瀬はまず掛かりません。

 

判ってるのに、オトリを思いやりそんな場所から始めてしまいます。案の定釣れず、徐々に荒いところへオトリを入れていき、前回同様にオトリはヘロヘロ。(^^;

 

「やっべぇ〜、これじゃリベンジどころか返り討ちじゃん」

 

仕方なく、オモリを装着して良さげな流れに止めて待ちます。これってもうお決まりのコースですね。(笑) 自分ってマゾヒストかな?これを楽しんじゃってます。

 

オモリを背負ったオトリをしばらく動かしていると、がガガッと小気味よくアタリました。オトリサイズのお手頃サイズで、やっと一息つけました。

 

 

元気なオトリで掛からないのに、弱ったオトリにオモリを付けると掛かる。
これって、最初からオモリを付けた方が良いのではないか?この辺に釣りに来る年配の方はもれなくオモリを付けてやってます。

 

郷に入れば郷に従えってことわざもあるので、元気な野鮎だったけどオモリを付けたままやると、あら不思議、すぐ掛かってきました。

 

もうこれでしょ。藁科のように綺麗に泳がせて掛けようとするより、オモリでポイントに誘導し、追いっ気のある鮎を狙う方が安倍川は掛かるみたい。

 

午前中最初の1時間は途方に暮れ、わずか30分オモリで5匹掛けました。
でも不思議ですね、ちゃんとオトリは底に入って尾も振ってるのに、ノーマルだと掛からない。オトリのタナは変わらないのにオモリを使った方が効果がある。

 

 

午後はオモリで2時間やって11匹。これで完璧にマスターしましたね。
安倍川で釣るならオモリは必須です。

 

3時頃、上流側でゴロゴロと鳴り出したので、もうちょっと釣りたかったけど、早めに竿を仕舞って終了。とりあえず、内心ではリベンジが出来たと思いました。

 

まぁでもね、わざわざ行くような釣り場ではありませんよ。
相当攻められてるのか、もともと魚影が薄いのか、アタリは散発的で、良型はポツポツ、天然と思われる12〜14cmの小さな鮎もカウントしてます。

 

サイズにこだわらず数釣りが狙いなら、中流部でやる方が期待が持てそうです。


平野周辺の上流部が本格的に良くなるのは、8月に入ってから、お盆の頃が良いのではないでしょうか。

 

もうおよそ釣り方は判ったので、型が良くなる頃に再チャレンジしてみようと思います。

 


2017年7月22日(土)安倍川
場所:  上流部(平野周辺)
天候: 晴れ
アカ: 平均90%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ0.05号
ハリ: スピード6.5号3本 ヤナギバリ2本
時間: 10:30〜12:00 13:00〜15:00
釣果: 16匹  (スー師匠は20匹ぐらい)
サイズ 12cm〜19cm(平均17cm)

 

 

 

 

 

 


 


コメント
安倍川も水が少ないですし、釣れる話が多いのでかなり攻められてる感じですね(^^;)
よしよしさんの仰るとおり、今年は安倍川全体的に囮を止めている時に掛かる事が多く感じます〜上に飛ばしたり引いたりするよりも、ピンポイントに止める。気配があれば吊り上げたり、手元に戻してもう一回入れ直すと掛かる事が多い印象です〜野鮎の1匹当たりの縄張りが狭いんですかね??
  • 鮎猫
  • 2017/07/24 8:30 AM
鮎猫さん
縄張りは逆に広いんじゃないかと、スー師匠と話してました。と言うのも、同じ場所もしくはすぐ横では次が掛からず、少し離さないと追いがみられません。
また、流速のある大石の頭が反応が多かった印象です。
  • よしよし
  • 2017/07/24 8:49 PM
よしよし(ブログ管理人さんのことではありません)、それではもう少し鮎が、大きくなってから釣行することにしましょう。
錘が必須のアイテムということは、以前安倍川の某オトリ屋の息子から教えられた記憶があります。
今はその息子ももういい年齢になっているだろうけど。

どっちにしても顔の尖ってた鮎が、見たいです。f(^^;
  • J
  • 2017/07/26 8:33 AM
Jさん
育った大きいやつから日々抜かれていくので、タイミングをはかるのは難しいですけどね。これはどこの河川も同じこと。

「型の良いのが釣れだした」と言う情報を耳にした時は、たぶん手遅れ。(笑)
釣りが上手な人は、タイミングをはかるのも上手で、鼻が利くと言うんでしょうか?
  • よしよし
  • 2017/07/26 5:21 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM