<< 2017年9月2日(土)藁科川 | main | 2017年9月10日(日)藁科川 (大会参加) >>

2017年9月5日(火)藁科川

渓流相の上流に癒されに行って来ました。
小島付近ですが、水がぜんぜん無い!(^^; どこかで水取りでもしてるんですかね?もうチョロチョロした流れで透明度が高いため、魚が丸見え。小っちゃいのがいっぱい逃げ惑ってる。(笑)

 

ってことは、向こうにもこっちが見えてるわけで、真正面に位置する鏡の流れでは警戒されてしまいます。上流へ泳がせるか、オトリを下流へ置いて引く感じになります。でも石が飛び出たザラ瀬だから、オトリを動かし探る距離がほとんど無くて手こずります。

 

下流のような平瀬が無いので、入れ掛かりの連発は期待できず、ピンポイントで1匹づつ釣るから、まぁ〜数は伸びません。それでも良い鮎が釣れるんじゃないかと根気良くオトリを入れていきます。

 

写真のような20cm近い肥えた鮎も掛かりますが、15cmぐらいの小さな鮎も掛かります。比率は大が3割、小が7割といった感じで、良い鮎ばかり釣れるわけじゃありません。

 

それでも、透明度の高い流れと、緑に囲われた中での釣りは、心が落ち着く癒し空間です。タバコの本数も増えちゃいますが(^^;、立て竿でのんびりオトリを泳がせて、たまに空を見上げたり、周りの木々を見たり、ゆる〜い時間を過ごせました。

 

釣果は、やっと10匹超えたぐらいですが、最初からこんなもんだろうと思っていたので、特に不満はありませんが、もうちょっと良い型が揃うのを期待していました。

 

数に拘らず、のんびり釣りをするには良いですね。
魚はたくさん見えましたが、明日から雨予報なので、もしかしたらいくらかは落ちていくのかもしれません。

 

オトリとして酷使してたら、オレンジ色のラインが浮き出てきました。そろそろ鮎釣りも終盤に入った感じ、でもまだ彼岸花は咲いてない。

 


2017年9月5日(火)藁科川
場所:  上流部(小島付近)
天候: 晴れ時々曇り
アカ: 平均90%
竿: エアーSL 8.0m
糸: アーマド0.06号
ハリ: スピード6.5号 3本 4本
時間:   12:00〜15:30
釣果: 12匹
サイズ 14cm〜20cm

 

 

 


 


コメント
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM