<< 2017年9月23日(土)藁科川 | main | 満点鼻カン その後 >>

2017年9月27日(水) 安倍川支流の「青鮎」

何となく釣りに行く気になって、とりあえず安倍川に車を走らせました。
狩野橋、新東名橋と川の状況を見て回ると、アカはほとんど飛んでいて、ヘチにわずかに残ってるところもあるけど、あまりにポイントが無さ過ぎて諦めました。

 


竜西橋からの上流側の流れ(拡大して見れるように大き目の画像にしました)
ここら辺はヘチにもアカが付いてません。大石の裏側にちょっとある感じで、周辺には釣り人は1人もいませんでした。(そりゃそうだろうね。)

 

新東名を使っての興津川って手もあるけど、せっかくなので支流の玉川を見てみることにしました。玉川は、ちらほらと釣り人がいるしアカも付いてます。釣れなくはなさそうですが、イマイチ釣りたい気分になりません。

 

来たついでに、西河内川の上流へとさらに上がっていくと、アマゴ釣り場みたいな渓相だけど、アカがしっかり付いて磨かれてるところもあり、「西河内の鮎は綺麗だよ〜」と岩崎オトリのオヤジさんが言ってたのを思い出し、「数は釣れなくても綺麗な鮎を釣ってみるか」と、やっと釣る気が湧いてきた。天気のせいもあるのよ、曇って涼しいと鮎釣り気分になれないんだよね。

 

オトリが無いので、今回は岩崎さんゴメンなさい、近場の「星野オトリ店」で買うことにしました。ここ星野さんは、元レーシングドライバー星野一義さんの実家だとか?今は軽食喫茶とオトリ店になってます。

 


すごいポイントでしょ! 鮎よりアマゴが先に掛かってきそうです。(笑)
ロケーションが良いので気持ちは良いのですが、オトリを引き上げてくほどストロークは無く、ほとんどピンポイントでオトリを打ち込んでいく感じ?空中輸送の連続です。(^^;

 


浅い瀬のタナもあるので、ある程度は泳がせで狙うことも出来ますが、季節ですかねぇ〜掛かった野鮎をオトリにすると、下がっていくやつが多いです。放すといきなり下流へ走っちゃうから手に負えない。


それでもポツポツと単発の連続(?)で、オトリの循環には困らない程度に釣れます。最初は15cmぐらいのが数匹掛かり、デカイのいないかと不安になった頃、ようやく18cmぐらいのが連続するようになりました。

 


噂通りの綺麗な鮎ばかり。海からの天然遡上、イワシかサバを思わせるような青い鮎です。でも魚影は濃いとは思えません。気温が上がらないせいもあるかもしれないけど、あまり魚が見えません。同じとこで連発もありません。

 

わざわざ狙って入るほどの釣果は、ここでは期待しない方が良さそうです。
4時間弱やって14匹、サイズは大きくて18cm、小さいのは14cm、平均で16〜17cmぐらいでしたが、大きさは食べ頃(?)鮎が1番美味しいと思うサイズですね。

 

普段は釣った鮎をあまり食べないのですが、こんな綺麗な鮎なので珍しく良型だけ持ち帰りました。小さなやつは放流、ちゃんと子孫残せよ、他の釣り人に釣られるなよと念を押しておきました。(笑)

 

背開きに挑戦したんですが、頭が邪魔でぶった切ってしまいました。身もギザギザで包丁さばきが超へたくそ。でも軽く塩を振ってすぐ水で洗い流したのに、「何この青さ!やっぱイワシだ!」 干物のつもりが失敗したので、これはフライにして食べようと思ってます。(イメージしたのはキスかアジフライ♪)

 

 

 

2017年9月27日(水)安倍川の支流(玉川:西河内)
場所:  西河内川の上流
天候: 曇り
アカ: 平均 90%
竿: アバンサー 7.0m
糸: メタコンポ0.05号
ハリ: スピード6.5号 3本 4本
時間:  11:30〜15:00
釣果: 14匹
サイズ 14cm〜18cm


 


コメント
惚れ惚れするような綺麗な鮎ですね〜(^^)
西河内は私も1回行ったことがあるかないかぐらいですね…渓流相の苦手意識がありまして(笑)でも、綺麗な鮎釣れるの見ると来年は行きたくなっちゃいますね(>_<)
  • 鮎猫
  • 2017/09/28 8:30 AM
猫鮎さん
渓流相が釣り辛いのは長竿のせいもあると思います。こういうポイントは取り回しの良い6.5-7.0mのアバンサーが大活躍で、頭上の高枝も気になりません。多少乱暴に扱っても怖くないし。(笑)
今年は今日の雨で厳しくなりそうですね。来年も同じように遡上があれば良いんだけど。
  • よしよし
  • 2017/09/28 9:43 AM
同じ日に玉川行きました。師匠と谷川さんと。よく引いて綺麗な鮎でした。自分の持っているD社のspecial A85を使ってみました。持っていたけど使ってなかった。谷川さんに使い方のコツを教わりやった所、感動もの。ための強さ引く時の感覚も最高。今まで何で使わなかったのだろう。谷川さんの尊敬するU名人もこれ以外要らないと。収穫あった1日。
  • Dr.Orita
  • 2017/09/28 9:51 AM
Dr.Oritaさん
朝、大師匠から電話があって「安倍川どうか?」と。それで様子見を兼ねて釣りに出掛ける気になったのです。やっぱり本流はダメでしたね。
A85を持ってるのに使わなかったとは!! いや〜惜しいことした、気づかないうちに安く譲ってもらえば良かったですよ。(笑) 今A調子の竿が欲しくて、でも値段が高いので指をくわえてるだけ。(^^;
  • よしよし
  • 2017/09/28 11:57 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM