<< 満点鼻カン その後 | main | レザークラフト(IQOSカバー) >>

2017年10月1日(日) 大井川

まだ藁科川も安倍川も、雨の濁りが残り、安倍川はアカ飛びの状況。
そこへ鬼釣り師から「大井川なら釣り出来るよ」と、朗報が届きました。

 

今年はまだ、良型に引っ張られて慌てさせられる釣りをしてません。
釣れるかどうかは時の運? 大井川の強い引きを味わいたくて、ダメ元で行ってみることにしました。

 

ポイントに着いて石を見ると微妙な感じです。アカ付きは川全体の3割程度で、ヘチは泥かぶり半分、ハミはヤナギ葉程度にあるだけ。でもチャラ瀬には18cmはある群れも見えるので、魚が居ないわけじゃありません。

 

浅瀬でオトリを出して30分ほど、やっと1匹掛かってくれたけど18cm程度の黄色くなりかけた鮎。その周辺で粘ってると、ポツポツと掛かってはくれるけど、活性はイマイチよろしくないようです。

 

午前の2時間で、やっと5匹、スー師匠は10匹程と、期待したより型も小さい。
午後は歩きましたよ、とにかく大きいのが釣りたいので、ここだ!と思うポイントを探して広大な河原を歩き回ります。

 

写真のポイント
右岸側だけにアカがあり、流心はけっこう押しも強い。
ここで良型が連発してくれました。

 


黄色い鮎も掛かりました。

 

白い鮎も掛かります。(細いけど長さは24cmぐらい)

 

藁科川でデカイと思うサイズが、ここでは平均サイズ、また引きが半端なく強くて、1匹掛けるたびに20mぐらいは下って取り込むから、ゼィゼィ息切れしながら、顔はウハウハと笑い、何とも滑稽な顔をしてたかもしれない。

 

いやぁ〜楽しいです。 これこそ鮎釣り満喫といった感じです。


竿を目いっぱい突き上げても抜けないのが2匹いて、それは吊るし込みで取り込みしましたが、これはこれでスリルがあって面白いと思いました。

 

もう10月、後期らしく良型を掛けることが出来て、良い1日となりました。
スー師匠も満足顔で、今度は誰かを誘って来たいねと言ってました。

 

 


2017年10月1日(日) 大井川
場所:  中流部
天候: 曇り
アカ: 平均 30%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ0.07号
ハリ: ヤナギ8号2本 ハリス1.5号
時間:  10:30〜16:00
釣果: 16匹 (スー師匠25匹)
サイズ 18cm〜24cm(平均20〜22cm)

 

 

 

 

 


コメント
こんにちは♪
雨が降ったので、大井川、ダメかなぁ〜と思っていました(^_^;)
黄色い鮎が釣れて、良かったですね!

大井川の鮎って、どうしてあんなにパワフルなんでしょう?
10年ぐらい前に(笑)、「安倍川の鮎は引きがとてつもなく強い」って聞いていたんですけど、昔は安倍川の鮎もそうだったんですか?
そういえば、今年は安倍川の最盛期に、行き損ねてしまいました(泣)
その分、もう一度、大井川で楽しい思いがしたいな〜って思っています。
  • hoto
  • 2017/10/04 11:14 AM
ホトさん
今年は遡上が良かったので、初期こそ放流頼みだったけど、後半になってどの河川も良く釣れてますよね。安倍川もアタリが強くて面白かったし、竿抜けに入ろうものなら高速入れ掛かりを堪能出来ました。
大井川も安倍川も下流から中流にかけては瀬ばかりだから、遡上するだけでパワーがつくんじゃないかな。
また一緒に行きましょう!
  • よしよし
  • 2017/10/04 1:13 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM