<< 2017年11月12日(日)藁科川 | main | レザークラフト(いろいろ) >>

ご飯のお供

ライフパターンが少々変化したため、ブログが疎かになってました。
もちろん鮎が終わったことも少なからず影響してますが、晩酌するとすぐ眠くなっちゃうので、ブログを書くのが億劫で、ついついサボってました。(^^;

 

ところで、、、、海へ釣りに行ってるのか?

 

これも、今のところ意欲が湧かず疎かにしてます。
仕事による心地良い疲れから、一杯が恋しくなって(笑)、海に行けないのです。


だってさぁ、ビールの喉越しがねぇ、そりゃもう至福のひと時ですから。(^^;

と、言い訳を並べ立てたところで、たまにはブログを更新しようと思ったわけです。

 


なんじゃこれ?
お茶漬けを食べようとしたら、こんなのがあった!

 

「うなぎ」の茶漬けって!(@_@)
まぁまぁ、何となく贅沢な感じですが、たぶん結婚式か何かの引き出物で貰ったやつだと思うけど、気になったので食べてみることにしました。

 


外装を開けると、中から2つの袋が出てきました。

 

とりあえず、粉の方をご飯に掛けた状態。

 

次に、レトルトパックから本命の「うなぎ」登場。

 

で、本来なら出し汁を掛けるところ、面倒なので熱湯を掛けてみました。

 

熱いのをフゥフゥしながら実食!!

 

えっ? 別に・・・どうってことない?


汁の味なら、永谷園のお茶漬けの方が旨いような気がする。(自分/味オンチw)

 

うなぎの身も、なんだか柔らかいだけで、うなぎを食ってる気はしない。
これがイワシだったとしても、タレの味をうなぎにすれば同じかも?

 

ってことで、豪華風なお茶漬けも、永谷園のお茶漬け、特にタラコ茶漬けには敵いませんでした。
でも、マグロ?? こんなのもありました。(下の写真)

 

まぁまぁ、とりあえず人気のある食材をお茶漬けにすれば、売れるかもしれないという発想でしょうかね? 旨いかどうかは個人差があるので、興味のある人は、下の写真で製造元をググってみたらどうでしょうか。


実は、こうした流し込み的なご飯のお供は、もっと良いのがあるんですよ。
ズバリ! マルコメの生みそ汁(しじみ)

これを味噌汁として食べるのではなく、茶碗のご飯に直接絞り出して、お湯を掛けて食べると絶品なんです。(通称:ネコ飯)

 

昭和の人間は、こういう食べ方を子供の頃からよくしてました。(笑)

 

 

ちなみに、これはアフリエイト(成功報酬型広告)ではありません。

この記事で、もし商品をお買い上げされたとしても、自分には一銭もマージンは入りません。

残念ながら。(^^;

 

 

 

 

 

 


 


コメント
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM