<< 「Fire TV Stick」をテレビリモコンで操作 | main | レザークラフト 簡単作り方1 >>

寒い冬の休日は・・・

まだまだ寒い日が続きますが、気づけばあと1ヶ月で渓流釣りが解禁します。
と言っても、まだ今はヒマな休日を持て余し気味です。

 

そこで、厄介な鮎の仕掛けを作り始めようと小物を整理してると、昨年使ったパーツの残骸がそこそこ溜まってました。

 

こんな時、そう、釣りに行かない休日、冷たい風が吹いてるこんな冬の日、細かいことをやるには持って来いのチマチマ日和です。

仕掛けを作る前段階として、個々のパーツを整えておくことにしました。

 


鼻カン周りについては、使用後は適当にバラしてケースに保存しています。(写真)

 

この中で、逆バリは拡大鏡で見て、なまってたら砥石で砥いで再利用。次に鼻カンはビニールパイプを剥がして新たなパイプを挿し直します。

 

昨年は、結びを解いてパイプはそのままで使い回してたところ、釣ってる最中にパイプ折れが多発して、オトリを数匹ロスすることがありました。か細いパイプだけど、これが有ると無いとじゃ随分違うもんなんですね。今年は反省してすべてパイプを変えることにしました。

 

こんなもん、新品を買ってもたかが知れてるけど、何となく使い回すのに美徳を感じたり、メンテしながら一から仕掛けを作るのが楽しみだったり。まぁシーズン中には絶対にやらない、ヒマだから出来る行為です。(笑)

 


鼻カンのビニールパイプが透明感あるので新鮮。新品みたい。(^^)でも鼻カンそのものが歪でたりして、オトリには支障がありそうですが、そこは見て見ないふり、あまり細かいことは気にしません。(^^;

 

天井糸を穂先に接続するウキ止めゴムも、ゴムが破れるまで何度も使い回します。新しい天井糸に、チチワの輪を通してゴムを引けば、そのまま移動させられるので何度でも使えます。

 

今日は、まずはパーツのメンテナンスで終えました。


次回からは、天井糸を数セット作り、鼻カン周りは20セットぐらい作り、仕掛けの個別な部分を事前に作り置きしておきます。

最終的に、1本の完成仕掛けにするのは、4月下旬から5月のGW頃だと思います。

 

こうして細かなパーツも再利用してると、釣具屋さんに行く回数が極端に減ります。掛けバリなんて、超激安な時に買いだめしてあったのが、まだ5年分ぐらいはありそうです。

 

今年も大金が必要な竿を買う予定はありません。いや欲しい竿はいくらでもありますが、先立つものが無いし、今持ってる竿で特に不満も無いので、メーカーの魅惑的な謳い文句は極力見ないようにします。(^^;

 

あとは、衣服の消耗品ですね。
特にウエイダーやタビは、フェルトの張替えをしないで丸ごと買い替えます。数年前に現場で剥がれてえらい目にあってから、自分で張り替えるのは危険だと判断しました。だから1年おきぐらいに安物を買うことにしてます。

 

鮎釣りは道具にお金が掛かりますが、ある程度道具が揃ってしまえば、案外安く遊べる趣味だと思います。

オトリを1匹買って、コンビニのお弁当買って、それで1日遊べますもんね。

(地元の川なら、オトリは1匹だし、年券だから釣り券も不要、だから千円で済むかも?w)

 

 

 

 

 


コメント
こんにちは〜遅くなりましたが本年も宜しくお願い致します<(_ _)>
私もそろそろハリ巻したいのですが、あまりにも寒くやる気がでません(笑)
再利用凄いですね!私は丸一日使用した場合、ハナカンもサカサも処分してますので…
何をやるにも、よしよしさんは手先が器用で良いですね(>_<)
  • 鮎猫
  • 2018/02/05 9:01 AM
鮎猫さん  こちらこそよろしくお願いします。
逆に暖かくなれば、外に出たくてウズウズするので、今だけですよ、こんな悠長なこと出来るのは。(笑) ヒマつぶしってことで!
器用かどうかは疑わしいところですが、何か作るのは好きですね。作業場が自宅に用意できる環境なら、革細工より自作の家具を作りたいのが本音です。
  • よしよし
  • 2018/02/06 6:17 PM
すみません また仕掛け作りで質問です。

メタコンポの仕掛けを保管する時ですが、
https://meihokagaku.co.jp/?p=3694

こんな感じの仕掛け巻きに巻くと折れてしまいますか?

スプール式を使わなければいけませんか?

使うとすれば、どこかお勧めのメーカーとかありますか?
昨シーズンはがまかつの仕掛け巻きが逆回転しなくて使い易かったです。


あと昨シーズンに私がスイベル付リリアンをジョイントに使うと
重さが気になるとアドバイスをもらいました。

よしよしさんから送ってもらった天上糸もフロロでツケ糸を作ってありましたが、写真を見るとサルカンと既製品のジョイントが写っています。

メタル系のラインを使うときは既製品のジョイントを使った方がいいのでしょうが?


もう一つ。

鼻カン周りや背バリ等を作る時に鮎のシルエットが書いてある下敷きみたいなシートがあると思いますがネットで探しても出てきません。

どこのメーカーが取り扱っているか教えて下さい。


つっけんどんな質問で失礼しますが、教えていただくと嬉しいです。
  • かんくん
  • 2018/02/14 11:38 PM
かんくん
仕掛け巻きは、スプール式がベストだと思いますよ。
リンク先の仕掛け巻きだと、何度も巻いてるうちにヨレが発生して、特に金属糸には厳しい状況になりそうです。

スプール式は、ツケ糸からちょっと上まで巻いたあと、仕掛け全体を川の流れにまかせ、穂先から仕掛けを外します。仕掛けを下流に流した状態で、スプールで巻き取っていくことでヨレも取れるはずです。

仕掛け巻きはどのメーカーが良いのか、自分にはわかりません。(笑)
最初に発売されたのが、がまかつだったので、以来ずっと使い続けてるため、他社と比較したことがありません。(特に不都合もないため。)

スイベル付リリアンは、自分の場合、もう何年も各メーカーの既製品は使ってません。
写真に写っているのは、個人の方が手作りしたオリジナル品で、極小軽量、恐ろしく軽い優れた逸品です。ここまで繊細なものはそこら辺では手に入りません。

鮎のシルエットのそんなのありましたね。(^^;
使ったことがないし、必要性も感じないので、あまり気にしたことがなく、皆目見当もつきません。(笑
)メーカーはアルファビッグ?だったような・・・?
  • よしよし
  • 2018/02/15 7:29 PM
スプールはメタルラインを使うと、予備まで考えると少し数を揃える必要があるみたいですね。

アーマードは普通の仕掛け巻きに巻いて、使ったヤツだけスプールに移して保管していました。


>仕掛け全体を川の流れにまかせ・・・
このような知識は周りに仲間がいると自然と身に着くのでしょうが、野良で釣りをしていると学ぶ機会がなく助かります。


写真のリリアンは手作りなんですか!
完成度が高く驚きです!
考えただけで頭がクラクラします。


下敷きはタックルインジャパンが作っているみたいですね。

鮎メーカーはダイワ、シマノ、がまかつ、オーナー(かろうじてシモツケ)くらいしか分らずグッズを探すのに苦労しますw


すでに養殖場には稚鮎も入り、そろそろ頭でメバルの群れの中に鮎が混ざりはじめましたw
  • かんくん
  • 2018/02/15 11:45 PM
かんくん
スプール式の仕掛け巻き・・・物のわりに値が高くない?
100円ショップで扱えば、3個 100円ぐらいで売ってそうな品物。(^^;
ラインと同じで、鮎バカ価格ですよ。

先人の知恵というか、確かに長年やってる人の動作は理にかなってます。
それらを知らぬ間に覚えられるのは、初級の頃は願ってもないこと。

それこそアジングですよ、ぜんぜんコツが掴めないし、闇雲にやってても上手くならないし、そもそも釣れるポイントすらわかりません。活動が夜だし・・・(^^;

このリリアンは、静岡県伊豆伊東にお住いの青木師匠の手作りで、シマノの有名トーナメンターも愛用してるようですよ。

でも、繊細過ぎて老眼には接続が難しい。(笑)

稚鮎の季節ですね、毎年そわそわ気になりだす頃です。
  • よしよし
  • 2018/02/16 9:24 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM