<< 明日の解禁に関係なく、前日に車検。 | main | 2018年6月16日(土)藁科川・6月17日(日)藁科川 >>

2018年6月2日(土)藁科川

予想通りと言えばそれまで。
そこをあえて期待値として、自分を奮い立たせるしかないのか。

 

解禁4日前に橋の上から川を見た時に「こりゃ絶対釣れん」と確信しました。それもあって解禁日に仕事をサボってまで行く価値無しと、通常土曜休みの解禁2日目に出かけました。

 

もちろん川の状況に変化は無く、釣れなそうを通り越して竿を出す気にもなれない。それでも地元河川の解禁だし、雰囲気だけでも鮎釣りを楽しもうかって感じで始めてみました。

 

足元は泥かぶりとヘドロのような腐ったアカ、流心に目をやると同じくヘドロのようなアカ、どこを見てもまともなアカが付いてる場所は見当たりません。でも時折パチャッと鮎が跳ねます。

 

そう、鮎が居ないわけじゃない、たくさん居るかは不明、川の中を歩くと逃げ惑う鮎も見える。それなのに石の表面はドロドロで鮎の棲む川ではない。

 

釣り始めてすぐに1匹、15cmぐらいのオトリごろが掛かってくれました。ポイントは対岸ヘチの泥かぶりな場所でした。

 

食み石が無いから、どこでもポイントなのだ。そうだ川全面がポイントと思えばやるところはいくらでもある。だからオトリには好き勝手に泳いでもらう。そのうちポロっと2匹目、そのうちと言ったて1時間ぐらい掛かってますけどね。(笑)

 

オトリが代わってるうちは集中してましたが、掛からない時間が長くなると、だんだん無駄な時間を費やしてるのが空しくさえ思えてくる。それに伴いタバコの本数は増えていく。

 

縄張り鮎が居ないどころではない。狙ってみたい流れの筋もない、もちろん狙いたい石もない。要するにアテもなくオトリを泳がせ続けるのは苦痛の何物でもない。これはもう友釣りではなく、引っ掛け釣りと言うしかない。

 

こんな釣りは1時間が我慢の限界、集中力はそう長くは続きません。

午前2時間、午後2時間、もうこれ以上は気力が持ちませんでした。周囲には1人2人と釣り人が居たけど、まだ解禁2日目だけど(笑)そのうち誰も居なくなりました。

 

本日はボウズにならなかっただけ良しとします。それでもスー師匠は9匹釣りました。相変わらずタフコンディションに強いスー師匠です。

 

そういうわけで愚痴ばかりになったけど、明るい材料も少しはあります。
川の中を歩けば鮎が見えます。良い瀬には18cmぐらいの鮎も確認できます。チャラ砂利底には天然と思われる5cmぐらい(笑)の群れもいます。

 

今の藁科川、石の状態が鮎の棲む川ではないけど、鮎はちゃんと居るので、大水が出て川が綺麗になれば・・・・・そのうち釣れるかもしれない。釣れないかもしれない。(笑)

 

でもこの場所、ダイワマスターズの大会エリアなんだよね。(^^;
それまでに好転するんだろうか?

 

 

【追伸】
情報を正確にするとしたら、川の状況は支流の黒俣川を境に変わります。

黒俣から上流は例年並み?それほど状況は悪くはない。(良いとも言えない)
黒俣から下流は釣りのできる状況ではない。


黒俣から下流は石アカが崩壊状態、これは何を意味するのでしょうか?

理由は適当に推測してみて下さい。


翌日の日曜日は、これから夏場を迎えるので、植木の刈込と雑草取りで汗だくになって精を出していました。今やっておかないと家族に胸張って釣りに行くと言いにくくなるので。(^^;

 

 

 

 

2018年6月2日(土)藁科川
場所:  中流部(富厚里付近)
天候: 晴れのち曇り
アカ: 平均 900%(アカ腐り)
竿: エアーSL 8.0m
糸: アーマード0.06号
ハリ: 速攻S 6.5号 3本 ヤナギ2本
時間: 10;00〜12:00  13;00〜15:00
釣果: 2匹
サイズ 14cm〜15cm


コメント
こんにちは〜
私は土曜日に日向方面に入りました〜石の状況は中流、下流に比べたら良いですが、全体的には艶がない感じがしました(^^;)
魚はよく見えますが、長さはあっても少し痩せている感じがします。
昨日は下流の餌釣り区間を見てきましたが釣り人は一人もおらず…魚はいますが今ひとつ元気のない感じ?がしました(-_-)
今週は梅雨入りしそうですし、一度綺麗になる雨が降って欲しいですね!!
  • 鮎猫
  • 2018/06/04 8:54 AM
鮎猫さん
藁科上流の方が良いのは聞いて知ってましたが、みんな集中して混雑するので、釣れないとは思ってもガラ空きの中流部で解禁行事としました。それにしても釣れなかった。(^^ゞ

エサ釣りが釣れないのは解せないですね。遡上もそこそこあったと思うのに不思議です。
  • よしよし
  • 2018/06/04 12:26 PM
ご無沙汰です。
いったいどうしちゃったんでしょうか?
近辺の天然遡上河川はどの川も鮎が小さいですね。
来週の日曜に行こうかと思ってましたが止めます。ダイワは申し込んだので前日から入ります。
  • 太ハリスの新ちゃん
  • 2018/06/04 4:17 PM
新ちゃん
ホントどうしちゃったんでしょ?
大師匠も初めてだと驚いてました。時間が経てば改善するとは思いますよ。

ダイワの早い時期は毎年のこと、追わせて掛けるわけじゃないので(笑)それなりに釣る人は数揃えてくると思います。
  • よしよし
  • 2018/06/04 11:02 PM
ちょっと藁科までという気持ちには、なりませんね。(-_-;)
増水して川のお掃除が出来てから、出陣しまっさ。m(_ _)m
  • J
  • 2018/06/07 9:12 AM
Jさん
今年も例の川に行くんですか?(^_-)-☆
狩野川も悪くないようで、行く川には困らないでしょ。
釣れるようになったら、藁科へお越しくださいな。
  • よしよし
  • 2018/06/07 10:55 PM
例の川行きまっせ。(^▽^)/
それに某治さん推薦の某2川も、行こうかな?と。
釣れるようになったら是非藁科も。
  • J
  • 2018/06/11 8:17 AM
Jさん
その某2川ってのが気になりますね。
いずれにしても、梅雨開けから型も本番だと思うので、しばらくはのんびり構えていますよ。
  • よしよし
  • 2018/06/11 10:37 PM
市民大会の釣果写真の鮎・追星薄く、放流物みたいで、藁科川の鮎には見えない。(放流した種の問題かも?)

遡上鮎が大きくなるのまで、「待ちの状態」かなぁ〜

極端なgood河川とダメ河川と極端な状態が多い
、昨今では?

  • 夏燃える鮎
  • 2018/06/12 5:01 AM
何処も同じような傾向のようですが水量と水温が大きく影響しているのかな。
でも、少しでも成長していればもう良いはずなんだけどな。
土曜日は夜討島から釣り下がります。
  • 太ハリスの新ちゃん
  • 2018/06/14 10:10 AM
黄色くないし、姿形もイマイチな鮎でよね。(^^ゞ 大会がいくつかあるのでバラ播いてるかな?

川を見るたびに、釣り意欲が萎えていきます。

ホント、待ち状態ですね。
  • よしよし
  • 2018/06/14 11:04 AM
新ちゃん
土曜日は雨予報ですが、様子見には行くつもりです。
解禁当初より石色も良くなりましたが、それでもガッカリすること請け合い。
新ちゃんの技で克服してちょーだい!
  • よしよし
  • 2018/06/14 11:08 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM