<< 2018年8月12日(日)藁科川 | main | アイコス 豆知識 >>

2018年8月19日(日)安倍川

「腹掛かり」や「顔掛かり」で、内心ちょっとだけ喜ぶ釣り人。

 

こんな人はそうそう居ませんけどね。
そりゃまぁ「背掛かり」に越したことはないのですが、背掛かりの鮎には鼻カンを通せないので、オトリ交換が出来るのは腹や顔掛かりの鮎だけと決めている。

 

それもそのはず、天然オトリとして売るからには、掛かりどころの良い鮎を未使用で提供することを信条とする岩崎オトリのおやっさん。だから、毎度使い古しのボロボロの鮎で釣ってくる。だから腹掛かりで釣れるとちょっと安堵したりするようです。お気持ち察します。(笑)

 

安倍川は、お盆休みの期間中けっこう釣れてたようで、上手な人なら40匹ぐらいは釣れてたと聞きました。ならば、その半分、いや3分の1ぐらいは釣れると良いなと意気込んでみます。毎度のこと空回りだけど。(^^;

 

そして本日も初っ端から空回りします。
なんと、1匹しかないオトリを無傷のまま放流・・・。鼻カンを通さないのが信条なわけじゃない。(^^;

 

言い訳がましいけど、オトリ缶から引舟に移す時に、鮎を掴んだ手が縁に当たった拍子にポロリと、でも引舟は丘の上なのでオトリは砂利の上に落ちただけ、やれやれと拾おうとしたら、これがよく跳ねて上手く掴めない。そうこうしてるうちに水際まできて、慌てた時にはすでに流れの中へ。(オーマイガー!)

 

スー師匠と顔を見合わせ、一瞬の間をおいて大笑い。逃したショックよりも、こういう時は笑いが先に来るもんなんですねぇ。

 

これでプレッシャーが掛ったのはスー師匠です。

そりゃそうです。後ろで指を咥えて待ってるやつがいるんだから、是が非でも早く掛けなきゃならない。まだ川の状況、野鮎の活性もわからないまま、際どいとこばかりにオトリを送り込むスー師匠。

 

そのうちオトリが急に衰弱してきて、ヤバイっす、こりゃマジで、お・か・わ・り が現実となりそうな雲行き。自分の腰が半ば浮かび、車のキーを握りしめたころ、やっと掛かりました。しかも連チャンで2匹追加し、これでオトリを確保することに成功。

 

 

 

オトリも無いし、暇つぶしに川の写真を撮ってました。(^^;

 

これでやっと釣りが出来ます。
最初に始めたポイントは、誰が見てもここでしょ。と思うような流れの強い瀬肩。ところが反応がまったくなく、相当攻められた後のようです。

 

次のポイントは、絞り込まれた水深ある場所で、ノーマル仕掛けではオトリが安定しないため1号オモリを装着してみる。安倍川と言えばオモリが常套手段で、これが効いたのか面白いように掛かってきました。と言ってもボチボチのペースで6連チャン。

 

安倍川の鮎はよく走るし引くので、なかなか楽しかったです。サイズは17cmぐらいから20cmぐらい、ちょっと黄色い程度なので、まだ本調子ではない感じでしたが、掛かる場所は結果が早く出ました。逆に追わない場所も多く、ポイント差が歴然としてます。

 

また、ケラレやバレが多く、お盆の期間、平日も相当攻められて、場荒れが激しい印象です。足で稼ぐしか数は釣れそうもありません。

 

それでも、一時の不調を乗り越え、今日はツ抜け出来たし、引いて釣る感覚も蘇ってきました。なんて言うか、自信を持って引けてるのが自分にもわかります。

 

 

今日は、2人でオトリ1匹という窮地から、終わってみればなんとか釣りが成立出来たんだから良かったと思います。


2018年8月19日(日)安倍川
場所: 中流部
天候: 晴れ
アカ: 平均 70%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ0.05号
ハリ: スピード6.5号 3本
時間: 10:00〜15:30
釣果: 14匹 (スー師匠も同じぐらい)
サイズ 17cm〜20cm前後

 

 

 


コメント
こんにちは〜(^^)/
松野の方にいられたんですね〜私たちは郷島の方に入ってました!お会いできるチャンスだったとは(^^;)
土曜日にさおしんの集まりの人達がかなり攻めた後だったようです。
ただ、安倍川の鮎は楽しいですよね〜(>_<)垢のつきが???の感じもしましたが…
台風の影響が最小限で済むとありがたいのですが…
  • 鮎猫
  • 2018/08/20 9:07 AM
鮎猫さん
松野に入った理由は特になく、なんとなく?(^^;
橋のたもと、この周辺は酷い釣り荒れで、当日も釣り人が多かったです。なるほど団体で釣ったあとでしたか・・・。
今年は、まだまだ安倍川が楽しませてくれると信じてます。オモリの釣りも慣れてくると新鮮で面白いと感じ始めてます。
  • よしよし
  • 2018/08/20 8:40 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM