<< 2018年9月17日(日)藁科川 | main | 2018年9月23日(日)藁科川 >>

ジャンプスタート、今は?

車のバッテリー上がりで、元気な車からブースターケーブルを繋いでエンジンを始動することをジャンプスタートと言うのですが、若い頃には随分お世話になったし、助けてあげた人も数知れません。

 

現在もブースターケーブルを車内に忍ばせてるけど、最近はほとんど出番が無くホコリを被ってます。(^^; 昔と違い最近の車は安定してるのかもしれませんね。

 

それはそうと、このブースターケーブルは他に車があってこそのもので、もし山奥で誰も居ないところでバッテリーが上がったら一巻の終わりです。

 

釣りという遊びをしてる以上、そうした危険は常にあるため、バッテリーが弱ってきたら早めに交換することを心掛けてきました。それでもライト消し忘れなど思わぬミスを犯す可能性はあります。

 

そんな誰も居ない孤立した状況下でも、自力でエンジンを始動出来るグッズがあることを知りました。

それが簡易型「ジャンプスターター」

 

突然話しは逸れるけど、北海道が大地震の影響で停電ニュースが連日報道されていました。電気が無ければテレビが映らず、様々な地域情報も分からず困ります。そこで活躍したのがスマホの情報でしたが、今度はスマホのバッテリーが充電出来なくて窮地に立たされます。

 

そんなニュースを見ていて、これからはモバイルバッテリーの必要性を感じました。1つや2つ持っていた方が有事の際に役立つと思ったのです。

 

身の回りを見れば、最近はマイクロUSBを介して充電する機器が増え、USBさえあれば何かと助かります。スマホや携帯、タバコのアイコス、懐中電灯や自転車のライトも、それらの電力があれば困ることはありません。

 

そんな理由でモバイルバッテリーをいろいろ物色してる最中に、ジャンプスターターを発見したのです。

 

モバイルバッテリーで車のバッテリーが復活できるなら、これこそ一石二鳥と言うもの。普段はスマホなどの充電用に活用し、いざという時にはスターターとしても使える。これなら山奥でも焦ることもないでしょう。もうブースターケーブルは必要ありません。

 

アマゾンなどで「ジャンプスターター」で検索すれば、幾種類もの製品が出てきます。自分はなかでは安価なやつを選んで買いました。

 

バッテリー本体と専用ケーブルがセットになってます。

容量8000mAh、最大電圧300Aしかありませんが、1200cc程度のエンジンならこれで充分だと思います。(排気量の大きい車は700Aぐらいあった方が安心かも)とは言え緊急用ですからね、容量が大きければ値も張る。

 


車のマークが付いたところに付属のケーブルを刺して使うようです。USBの端子もあるので、ここからスマホに充電出来ます。

 

簡易的なライトも付いてます。(手元が明るくなる程度)

 

車のバッテリーは最近交換したばかりだから、まぁお世話になることは無いと思いますが、もし困った人がいれば助けられると思います。

 

アウトドアで遊ぶ人は、これ1個持ってれば何かと安心出来ますよ。

 

 

 


 


コメント
そういうものがあると安心できますね♪ 僕も30年くらい前は持っていました。

釣りで山に行くときにある危険度は個人的には「スタック」「タイヤのパンク」「ガス欠」などだと思っています。
砂の河原に入らなくてもちょっとした空き地に駐車しただけでも泥っぽいところなんかだと簡単にスタックすることがありますし、すぐに数十キロ走ってしまう山道では思ったよりもガソリンがへってしまいます。釣りに行くのは休日なので田舎のGSは休みが多く街中まで下らないとなりません。
オンロード用のタイヤだとサイドウォールも薄いので、ちょっとした石などでパンク(バースト)することもあります。行楽客ののこした割り箸が刺さってパンクしたこともありました。今の車はスペアタイヤがないものも多いのでハデなパンクだと帰れません。

ひと気の少ない山に行く釣りではそのようなリスクが一杯なのでそれに備えていろいろなグッズを積んでいますが、そのせいで燃費がかなり悪化している今日この頃です(笑)
  • たけちゃん
  • 2018/09/20 8:36 AM
たけちゃん
危険度は、人それぞれで、どこまで突っ込んでいくかの違いだと思います。
もう自分の愛車の能力は把握してるので、スタックするような場所には立ち入らないし、岩の角でパンクするような場所にも行きませんよ。(笑)
ガス欠は、普通の人は余裕をもって行くんじゃないですか?田舎で休日に給油できない時の冷や汗はもう懲り懲りなので、事前に満タンにして行きます。

ちなみに、パンク補修キットが愛車にもありましたが、それでは不安なので、あえてスペアタイヤを1本積み込んでいます。昔の人間はタイヤ交換する方が段取りが早いから。(^^;

また、キーを車中に残してロックという事故は、最近のリモコン車にはありませんね。
  • よしよし
  • 2018/09/20 7:53 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM