<< ジャンプスタート、今は? | main | 台風で飲みに、帰りは「ちびまる子電車」 >>

2018年9月23日(日)藁科川

誰が納竿するって言った?
あれから1週間経ったけど、喉元過ぎる前からとっくに忘れてる。

 

ホトさんのアドバイス通り、帽子だけは去年のに替えました。
今年の帽子は、マスターズ予選で貰ったやつだけど、そう言や予選落ちした縁起の悪い帽子でした。

 

入ったポイントは、写真でも分かるバラ沢〜赤沢です。
もう何年も、いや過去2回ぐらいしか入ったことのないポイントで、まるで初めての川に来たような新鮮さがありました。

 

いきなり流心にオモリ付けてぶち込みます。今年の放流魚はヘチや浅瀬に居ないので、オトリが元気なうちに玉砕覚悟で勝負です。オトリ1匹しかないのに。

 

 

あああ、やばい、掛からん! オトリの色が変わってきた。終わった・・・。

 

 

その頃、スー師匠は小型ながらすでに3匹釣ってたので、迷わず1匹ちょうだいしました。(笑)

 

今度はオトリも小さいので、瀬脇からじっくりと引き泳がせで、オトリの行きたいようにしてると、モゾモゾとしたアタリで待望の1匹目が掛かりました。

 

顔掛かりで引きも弱かったけど、もう何年振りかに会ったような感動を覚えました。本当にうれしかった!

 

そこからも掛かりはイマイチで、ポツポツと午前中だけで3匹。でも、前回のことを思えば、3匹でも釣れただけマシだと思う。

 

午後も同じポイントで始めますが、午前中に竿を入れてない流れに気づき、試しにオトリを通したところ、あれよあれよと6連発! なんだかなぁ〜釣れるときはこんな簡単なんだよなぁ?

 

釣れるサイズは大小さまざまで、20cm超えは2匹だけ、平均17cm程度だったけど、小さい鮎は天然遡上だと思います。長い大雨の後、放流魚は下流に落ちてしまい数が少ない感じがします。

 

この鮎は、背びれも長く、天然遡上っぽいです。
これからが、藁科本来の釣りが出来るかも?と、ちょっとだけ期待する気持ちになりました。

 

でももう秋の気配、枯れ葉がけっこう流れてきて、メタコンポに巻き付いて大変、この日も葉っぱで仕掛け1つ切りました。意外にこれが厄介です。


2018年9月23日(日)藁科川
場所: 中流部
天候: 晴れ
アカ: 平均 70%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ0.05号
ハリ: スピード6.5号 4本
時間: 10:00〜15:00
釣果: 15匹 (スー師匠20匹ぐらい)
サイズ: 14cm〜21cm


 


コメント
お久しぶりです。
やっぱり帽子ですかw?
気分も変われば釣果も変わりますねw


ところで昨日ですが釣りをしてたら橋の上から声をかけられまして話を聞けば
静岡(狩野川?)の鮎師さんでした。

私の泳がせの下手糞さに業を煮やして、橋の上から指導が入り始め、そのうち河川敷まで降りてきて、最後は竿を持って実釣までされましたが
まあ泳がせの上手いこと。

ラインのテンションだけでこれだけの事ができるのか!と
自分が指導を受けながら泳がせるのに比べて倍のスピードで泳いで行きました。

地元のテスターの釣りも見た事はありますが、恐らく数段は上手でしたね

『狩野川を制すれば全国を制す』と言いますが激戦区と言われるエリアの
凄さを知った次第です。
  • かんくん
  • 2018/09/24 11:37 AM
かんくん
やっぱり・・・(笑)
まぁ、帽子の件はそういうことにしておきましょう。

わざわざ橋の上から降りてきて、指導アドバイスしてくれるとは奇特な方ですね。きっと、見るに見かねてwだったかも。

狩野川、興津川、藁科川など、静岡には鮎釣り激戦の川が多く、何人も竿を入れた後のポイントを攻略出来なければ釣果は伸ばせないのです。

自分は、到底その域まで及びませんが、名人級の達人は1人や2人じゃなく、本当に上手い人がゴロゴロいます。

そのせいか、他県に釣りに行くと鮎釣りが簡単というか、こんな楽に釣れちゃって良いのと驚くことが多いです。

永浜大師匠は、鹿児島や宮崎に毎年行きますが、九州はおおらかな釣れ方に鮎釣り天国だと言ってますよ。
  • よしよし
  • 2018/09/24 9:53 PM
全てを見通しておられるようなコメントです。

>見るに見かねて

橋と言っても公園内にある高さ4m程の低い橋。
川幅も15mも無いような小さなポイントでした。


上から丸見えで、河原にもすぐに入れるように整備させれいるし我慢しきれなかったのでしょうw


>九州はおおらかな釣れ方に・・

これは今回痛感しました。自分だけでは絶対に気が付かなかったでしょう。

よしよしさんのブログを見ると人の多さが分る写真が載る事があります。


結局、私の釣りは人口密度が低い川を体力任せに歩き回って掛けやすい1番鮎を釣っていただけなんですね。

最近は少し釣果も伸びてきて、鼻息も荒くなってきていましたが鼻っ柱をへし折られました。

御大曰く
『この川ならお兄ちゃん相手なら革靴で釣り勝てるよ』
と言われました
まあ狭い川で足場を動かさない釣りならさもあらんと思います。

最後に
『お兄ちゃん3年目にしちゃ上手だし、飲み込みも早いからきっとうまくなるよ』
と超上から目線のお褒めの言葉を頂きましたが、技量の差を見せられた後なので、
『ご指導ありがとうございました』と答えるしかありません


とりあえず今回でこちらは鮎釣り納竿です。

今後はソルトゲームに切り替えて行きます。
  • かんくん
  • 2018/09/26 12:39 AM
かんくん
そんなことは無いと思いますよ。
たった3年で、オトリの循環も自力で出来るし、危機的状況も脱して釣果も上げるし、しかも指導者も居ない環境ということを考えれば、釣りの感性はただもんじゃありません。

自分の3年目は、ツ抜け無し、ボウズ当たり前、そんな状態でしたが、その後スー師匠と同行するようになって、特に教えてもらうことは無いけど、でも質問すれば明快に答えてくれる、それで何とか恰好がつく程度になりました。

ただ、名人級の人達は、それだけでは追いつけない何かを持っています。どうにもこうにも届きそうで届かない何かがあります。それが皆ちょっとづつ違う極意だったりするので、学ぶ方は困惑しますね。(笑)

自分もそろそろ、海に出掛けようと思ってます。前回教えてもらったアタリの取り方、まずはそこから始めてみます。
  • よしよし
  • 2018/09/26 8:37 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM