<< 1つ2役でイイ感じ。(^^♪ | main | 「5分かけ放題」で思わぬ落とし穴 >>

安倍川の瀬切れ

どうだろう、川に水が無くなって1ヶ月程は経ってると思う。
当然ながら駿河湾に注がなければ、稚鮎の遡上は無い。
ようやく3日の夜に降った雨で、今は河口も繋がり、安倍川にも水の流れが出来て一安心といったところです。

 

と言っても、近年の稚鮎はお世辞にも良いとは言えない。
まずはそのサイズ、年々小型化し、秋になっても10cmぐらいのが走り回って、銀色のワカサギみたいのがいる。

 

今さら言葉に出すまでもなく、天然遡上の鮎を狙いたくても近い将来は釣りの対象になってないような気がする。これからは放流に頼り、釣り堀河川になっていくのが目に見えるようです。

 

それでも友釣りを続けていけるかは、今の時点では自分でも整理出来ないし続けられるかわからない。

 

釣り堀河川とは酷い言い草だけど、子供の頃から天然遡上を見てきた人間にとって、放流した鮎は、形は似てても鮎であって鮎ではない。

 

上手く説明は出来ないけど、放流鮎だって釣れれば嬉しいし、型が良ければ喜ぶけど、もう1つ何かが欠けて、心底からの喜びは薄れてしまう。

 

内陸部の河川のように、放流だけであれば、はなっからその覚悟で釣りに行くので、その欠けた感情を特に感じることはない。

 

まだ未練があるから、放流を楽しもうという心境になれてない。いつまでも天然の昔の鮎の姿を思い浮かべてしまう。

 

でも、そろそろ、気持ちを切り替える時期かもしれないと思いつつ、今年こそは良い鮎が釣れてほしいと、天然遡上に期待する自分がいる。

 

だから、海に川が繋がったことを素直に喜んでいます。
そうさ、今年こそは・・・・・・・

 


なんて愚痴めいたことを言いながら、ちょいと早いけどハリス用のラインを買ってみました。

 


100m巻きで616円の安物。しかもリール巻き用。

 

「超柔らか」というラベルに惹かれて、もちろん安さにも惹かれ、今年試してみようと思うハリスです。

 

今までは、どちらかと言うとフロロで張りのある硬いハリスを使っていました。主な理由は、垂れ下がりによる根掛かりを毛嫌いし、それを少しでも回避したいからです。

 

根掛かりは最悪。
ポイントは荒らすし、オトリは弱るし、ハリ先が痛むし、とにかく悪いことばかりで、すべてが面倒くちゃい。

 

それが一転してソフトなハリスにする理由は、「大坂なおみ」のようにラケットを叩き付けたい気持ちを抑え、感情をコントロールし、冷静に釣りが出来るよう努力するつもりだからです。

 

まぁ気が短いから、もし自分がテニスしてたら、ラケットが何本あっても足りませんが、それを今年は耐えようと、根気強くやってみようと・・・

 

今は思ってます。

 

始まってすぐに決意が揺るぎそうだけど、とにかく今はその気になってます。
と言っても、ほぼほぼ完成品のハリを使ってるので、自前のハリは特殊なパターンの時だけになります。(^^; 

 

こうして釣り具をいじり始めると、不思議に明日にでも釣りに行きたくなりますね。(^^


 


コメント
このラインけっこう良いらしいですよ。

店員さんのお勧めでバス用で使う事もありますが、摩耗してからの強度の落ちが少ないような気がします。

ただ弾力があるので太いラインでは綺麗に締め込まないと結束が緩む事がありました。

ラインの話になると『フロロは縦の繊維だから傷に弱い』『硬い素材に対してはナイロンが強い』
とは言いますが、実際の所は分かりません。
ただ太刀魚を狙うときはナイロンの方が切られにくいので、そんなこともあるのかもしれませんね。


ところで先の鼻カン周りは、やはりわかりませんでしたが・・・

くれた人も納竿間際の通り掛けで、聞く方も素人でしたから謎は深まるばかりです。
でも友達が連絡先を聞いているので、ご一緒させてもらえる事もあるだろうし、機会があれば聞いてみます。
  • かんくん
  • 2019/02/04 11:22 PM
仕掛けと言えば、今年は背バリを自作しようと思っていますが、ハリは何を選んでいいか悩んでいます。

一番シンプルな小澤式背バリを使っていますが既製品には2点不満があります。

一つが針が小さすぎて刺しにくい事。
もう一つが半スレの針はタモやベストに引っ掛かってトラブルが多い事。

少し大きめのスレ針を使いたいのですが、不具合はありますか?
何かお勧めはありますでしょうか?

ご教授お願いします。
  • かんくん
  • 2019/02/04 11:40 PM
かんくん
さすが、ルアー用のラインに詳しいですね。
バックラッシュなどのトラブルが少ないラインとネットの評価で見ました。

ここ数年、ケラレが多いと感じていたので、まとわりつくような柔軟なラインが有効かも?と、試してみるつもりです。

川小屋の名手(T氏)のハリスは、ぐにゃぐにゃの腰抜け、それで根掛かりさせずに釣る技術は自分にはないけど、もしやと思ったので柔らかいのに挑戦してみます。


小澤式背バリは、スー師匠も活用していて好結果を出しています。
オトリの姿勢が何かしらの条件で、追わない鮎も追ってしまう効果があるようですが、自分にはそれを実感することが出来ません。(扱いが下手だからw)

背バリが小さくて刺しにくいってのは誰もが感じてることです。
でも、背バリが大きいと気分的にオトリに負担が掛かるようで使いにくいですよね。

半スレを使用するのは、外れにくさを優先してるからで、何度も打ち直すよりは半スレの方が良いと判断した結果です。

タモに引っかかって取りにくいストレス、外れてばかりいるストレス、どちらを優先するかは人それぞれだけど、小澤氏のように数釣り出来る人はスレバリでも良いと思いますね。

逆に1日10匹程度の釣果だと、スレバリでは背中は傷だらけ、夏場は白くボロボロになって、見苦しい鮎になってしまいます。(小さな声で・・・かんくんなら半スレの方が良いと思います)

もし試してみるなら、ヘラ釣りのハリで、「かっつけ」という種類のハリがあります。これは軸が細く、形がひらがなの「し」に近いので、背バリに向いてそうな気がします。
  • よしよし
  • 2019/02/05 7:57 PM
かんくん

ちなみに、自分は背バリはほとんど使いません。

背バリを打つなら、まずはオモリを使うタイプで、オモリは気を休められない分、集中力が増して良いです。
  • よしよし
  • 2019/02/05 8:09 PM
ありがとうございます

素直に半スレを使います。
鼻カン周りをロスする大半は逆バリがタモに絡んで折れるのが原因だったので『もしや』と思いましたが、逆バリは大半がスレ針で背バリは半スレが多いのを考えると、そういう事なんでしょうね。

まだ背バリを上手に使っているとは思いませんが、装着した方がなんとなくオトリが沈んで良く泳ぎ、結果良く釣れるような気がしています。

今後の練習課題の一つです。


ところで今年は、支流用の短竿を買おうと(買いたい?)と思っています。
お小遣いに限度があるので、またアバンサーで6〜7m位の物を物色中です。

またもう少し思案しますので、その際はまたご教授お願いします。
  • かんくん
  • 2019/02/07 11:16 PM
かんくん

半スレで良いと思いますよ。(^^;

逆バリがタモに絡む・・・などなど
どうやらタモにも問題がありそうな感じがします。

1mm、1.5mmぐらいの網目のタモだと、ハリ掛かりが軽減するかもしれませんよ。自分のはスペシャルのお高いタモなので、網の中でそれほど気になりません。

竿やベストは中程度の道具を使ってるわりに、タモだけはイイやつを買いました。大事に使えば長く使えるし、手返しのストレスフリーは老眼にも助かります。(笑)

短竿のアバンサーは良いと思いますよ。
8.5m以上なら、重量面やカーボンの質からエアー以上のクラスが使いやすいけど、それ以下の短い竿なら何でも良いと言うか、アバンサーで決まりです。その下位にあるプライムだけはお奨めしません。

たぶん、7mぐらいの竿でやると、オトリ操作が上達すると思います。もっと言えば2mぐらいの竿でオトリを見ながらやればもっと!(^^;
  • よしよし
  • 2019/02/08 9:16 PM
アバンサーはお墨付きもらって安心です。
価格差を考えてもプライムではなくアバンサーにすると思います。
(実は8mクラスのアバンサーとプライムを使い比べても魚を掛けるまでは違いが分りません・・・w)


タモは今はコレを使っています。
http://fishing.shimano.co.jp/product/goods/4782
1.5mm目なのですが良し悪しは分かりません。

ただ日焼け(?)による劣化があるようで素材の柔軟性が無くなっている感じです。
1.5シーズン使いましたが来シーズン中に破れそうな雰囲気です。

網目を1mmに変えるとトラブルが減ると言う話は聞きます。

次はコレを考えています。
http://x-sell.net/syousai/ayu/FP-299.html
網目は1mmですが、素材とかまで考えた方がいいんですかね?

いや、高い奴が良いのは分かっていますが、アレもコレもとなるとお小遣いにも限度がありますし・・・w
  • かんくん
  • 2019/02/14 11:01 PM
かんくん
プライムは使ったことがないので不明ですが、とりあえず長さだけは体裁を整えましたって感じの竿で、感度とか引き抜きを云々するレベルではないと断言します。

アバンサーもプライムも、そりゃもう鈍感ではあるけど、短竿であれば釣り人の技量次第では感じ取れるものがあります。(裏を返せば長いとダメってことです)

タモのリンクを見ました。
写真では判断出来ませんが、網自体の張りはどんなものでしょうか?

網に使われる素材によると思いますが、高価なタモは張りが強くてパリッとしてます。例えるなら、蝉タモをイメージした感じ? 枠から網が垂れ下がりません。

綺麗に器のような形を維持してくれるので、その中でオトリや掛かり鮎を作業するので、無用なハリ掛かりのトラブルが少なくなってるはずです。

予算的なことを考慮すると、近年注目されている「テクノメッシュ」の選択もありだと思います。

張りがあって結び目が無い、鮎のヌメリが取れにくい、そんな利点があるので理想的な鮎ダモなんですが、手編みで高価なものに飛びつく鮎師が多いため、人気はボチボチです。

リンクで候補になったタモよりも、断然テクノメッシュが良いと思います。バーゲンなどで安い時は1万円前後で売っています。
  • よしよし
  • 2019/02/15 7:34 PM
タモは両方とも張り感がありパリパリです。
少なくともシマノの方は緩流の中なら形状を保ってくれるので手祭りさえなければ快適です。

ただ良くも悪くもパリパリな分、日に当たってしまうと紫外線でバリバリになって寿命が短いのではないかと感じています。
(ちなみに前者がPARIPARIで後者がBARIBARIです、カタカナ表記だと分かりにくいですねw)


話を聞いてテクノメッシュも気になります。
バーゲンで1万円程度であれば手が出ない値段ではありませんが、買うタイミングが難しそうです。

よしよしさんのブログを読んでいると、ネットでのお買い物が上手に見えます。

良さげな出物があったら教えて下さいw
  • かんくん
  • 2019/02/19 11:47 PM
かんくん
テクノメッシュは、エリアトラウトで使ってるラバーネットと同じような感じで、目が細かくなったものです。

予備に1つ持ってますが、まだ未使用のままで、使い勝手や耐久性はわかりませんが、発色も良く日焼けには強そうな感じがします。

ネットでの買い物は、いろいろサイトを見比べて、よりお買い得なところで購入しますが、直接手にとって触れないので失敗も数多い。(^^;)
  • よしよし
  • 2019/02/22 10:42 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM