<< 歳だから仕方がない | main | メバルの干物、マジ旨。 >>

渓流ルアー釣行

雨も降ったし、少しは水が増えたかなと思い、大井川へ出かけてみました。


だけどぜんぜん増水してなくて、透き通った川に晴天の真昼間じゃ厳しいそうだけど、せっかく来たのでチョイ投げしてみました。

 

 

久しぶりの渓流ルアーなので、まずはコントロールの練習から。
狙った着水点の直径1mぐらいにはルアーが入るけど、それ以上の正確性は自分の腕では出せません。

 

3cmぐらいのスプーンをテンポ良く投げていきますが、予想通り何の変化もなく、ルアーを追尾してくる魚影が見えない。

 

 

ルアー釣りの面白いところは、アマゴが釣れる釣れない以前に、ルアーにチェイスしてくる魚が見えるとこです。キラキラッと光りながら移動する物体に、興味をそそられるのか、チェイスはよくあるもんです。

 

ところが、この日はチェイスすら無く、減水で警戒してるのか、そもそも魚が居ないのか、無駄なことをしてるような気分です。

 

でも、春の渓流は気持ちが良くて、寒くも無く暑くも無く、桜が咲いてたり、ウグイスが鳴いてたり、痩せ我慢で釣れなくても渓流歩きで楽しい。

 

 

なーんてことはなく、やっぱり釣れないと面白くない。
せめてチェイス程度は見せてほしいと思う。

 

奥深く魚影が濃い沢とかに行けば良いのに、手近な沢でやるから釣れないのはわかってる。本気度が足りないのもわかってる。

 

 

鮎っていいよなぁ〜

 

だって、すぐ近くの川で釣れるし、危険な場所に行かなくても、平らな川でそこそこ釣れるもん。

 

ヘラ鮒釣りも同じで、数釣りを望まなければ、そこそこに楽しませてくれる。

 

次は、釣れる魚を釣りに行こっと!(^^;

 

 

 

 

 

 


コメント
昔雨降り増水後、崩野の上流部落の旧アマゴ養殖場付近下流でちょいといい思いしたことがありましたよ♪

すぐ流に堰堤あり・釣り下がるととても下りられない堰堤がありましたが

こんなに詳しく説明すると(笑)




  • 春踊るアマゴ
  • 2019/04/14 10:09 AM
春踊るアマゴさん
何年か前だと今はどうなっているか、随分変化してると思いますよ。

養殖場のある沢は、どこも魚影が見られるし、逆に放流が無い河川は場荒れでまず釣れませんね。



  • よしよし
  • 2019/04/14 5:10 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM