<< 渓流ルアー釣行 | main | ポストマンバッグを作ってました。 >>

メバルの干物、マジ旨。

熊本の友人から干物が届きました。

 


メバルとアジを数匹づつ。(写真はメバル)

 

アジは普通に魚屋さんで売ってますが、メバルは滅多にお目にかかれません。

 

関東からのお客さんが絶えない沼津魚市場でも、さまざまな魚種を干物にして売ってるけど、メバルはほとんど見かけた記憶がない。

 

商売として成立するのは、網で大量に捕れて安定供給が可能な魚に限られるから、メバルは狙って網で捕るには、あまりに効率の悪い魚ではないか?

 

 

家庭コンロですが、メバルの干物を焼いた写真。
表側は見た目が黒いからグロテクスながら、身の方は白身で旨そうです。

 

で、食べたところ・・・

 

何とも例えようのない旨さが口いっぱいに広がりメチャクチャ旨い。


強いて言えば、アジとタラとカマスを合わせて脂がのってる身。(余計わからん)

 

しかも写真でわかるように、見事な包丁さばきで、背骨に沿った身がほとんど付いてない。実は陽に当たってカラカラになった骨に着いた身も好きなんですけどね。(笑)

 

こういうのが趣味の釣りの隠れた楽しみかもしれませんね。魚屋に売ってない魚、一般的な魚なのに一般人には味わえない魚。

 

川小屋で指折りの名手〇柳さんは、冬になると磯でメジナを釣ってますが、そのメジナを刺身で食べさせてもらったことがあるけど、それはもう絶品、質の良い脂が乗り、また食べたい忘れられない味でした。

 

メジナも網で大量に捕獲出来ないし、磯に立つ釣り人だけが味わえる特権かもしれません。

 

まぁ正直な意見として、川魚である鮎より、海の魚の方が断然旨い。自分が鮎を釣るからって、鮎の方が旨いなんて断じて言いません。

 

他にも、鮎とアマゴを比較してもアマゴの方が旨いと思う。(^^;

 

日本人は、何となく鮎を美化して、風物詩として、鮎の塩焼きが旨いと思ってるだけで、実はたいして旨い魚ではない。でもご近所に配れば大変喜ばれる魚ではあるけど。

 

キャッチ&リリースと恰好つけて言ってるけど、実は釣りから帰っての魚の処理が面倒なだけ、さらに家族が魚屋の魚は好んで食うのに、自分が釣ってきた魚は敬遠する被害妄想?だけどこれだけ上手に旨く捌けけるなら、真剣に食材として持ち帰ってみたい気にさせます。

 

そう思っても・・・

 

釣れ〜〜〜ないから、まずはそこから奮起が必要。(^^;

 

 

 


コメント
行ってきました。バスタ新宿より(10:55発)飛騨高山ターミナル(AM4:20着)それから飛騨萩原駅(AM5:25着)定宿の主人に迎えに来てもらい。

朝食を食べた後、主人に釣り場に送ってもらた。年2度の大雨で高山線長期の不通になった後の支流河川はダメージがあるので、本流に案内してもらった。

イワナ・あまご・虹鱒・アカハラ(ウグイ)4種混合で楽しい釣果でしたが、久しぶりの渓流釣り、川歩きで両足首が捻挫のようになり腫れてしまった。平坦な道路しか歩かない都会人の軟弱さがでてしまった。(年齢もあるかも!)

小型のあまご・ノビル・ふきのとうを天ぷらにしてもらい美味しくいただきました

2日は12名の〇友会・2年ぶりで一人1品をもちより、あみだくじ・一番当たりで「魔王」1&#8467;をおみやげで持ち帰りました。

さすが渓流天国の奥飛騨・楽しい渓流でした。もう一度チャレンジしたい思っております。


  • 春踊るアマゴ
  • 2019/04/27 9:22 AM
春踊るアマゴさん
前から思っていたけど、車を使わず釣りに出掛ける心意気が凄いと、東京という土地柄もあるけど、静岡じゃ車が無いと釣りの趣味は考えられないです。
その奥飛騨の渓魚たちは放流物なんでしょうか?こちらでまともな釣果を上げたければ、放流場所でやるしかない、または人が立ち入らないような山奥。
自分も年齢的なこともあり、単独釣行では危険を伴う山奥は現状諦めてます。
だから釣れないんだけどね。(^^;)
半ば渓流歩きを楽しんでいるだけだけど、その渓流も最近は砂利が多くなった気がしてイマイチ。
春踊るアマゴさん、まだ渓流へ釣りに行く体力と健康があるから、夏の鮎も楽しみですね。
  • よしよし
  • 2019/04/29 6:28 AM
うふふ♪
若い頃は車での釣行がありましたが、東京在住サラリーマンで車を保有しての釣行では、諸費用を考えると月十万円は費やしてたと思います。

発想換で、いろいろと考慮して40年前頃から現在の飛行機・新幹線・夜行バス等での釣行に至ってます。

奥飛騨の渓流釣り(稚魚放流が主体)・鮎釣りは都会にない自然とのコラボレーションが楽しい。アマゴ釣り(4月中旬)ではほどほどの釣果と山菜とともに食する楽しみがある。

もちろん、長年の奥飛騨(民宿の主人・有名な釣り人)のご協力もありますが!

静岡ではない体験ができると思いますよ♪
チャンスがありましたら同行のほど!

今は時間の制限がない年齢になってますので、
好きな「楽しい釣り」をあと5〜6年と願ってます。

今日は釣ってきったアマゴ・イワナを料理してしたしみたいと・・・・
  • 春踊るアマゴ
  • 2019/04/29 1:34 PM
春踊るアマゴさん
以前に子供が高田馬場に住んでいた頃、あの周辺の駐車場を見たら月々5万円でしたよ。飛び上がるほどビックリしました。静岡ならアパートに住めます。余程仕事で必要でもなければ車なんか所有出来ませんね。

奥飛騨へは行ってみたいとは思いますが、先立つものと平日の休暇の取得が厳しそうです。ルアー釣りは可能なんですねぇ?イワナ・アマゴ・虹鱒、ルアーで狙えたら面白そう。もちろん毛ばりテンカラでも良いです。

あと数年したら、時間はたっぷり出来ると思うけど、遊びほうけるほど潤沢な資金はないので、お金の掛からない地味なとこで釣りしてるんだと思いますよ。

お互い、身体の健康には注意し、長く釣りが楽しめる良いですよね。
  • よしよし
  • 2019/04/29 4:52 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM