<< 2019年6月22日(土)某川 | main | 台風、雷雨、いつになったら川は澄む! >>

藁科川 濁りの原因は?(その2)

藁科川の最上流にある「建設発生土処分場」を見てきました。

 

広大な敷地に赤土がむき出しになって、大雨なら土も一緒に流れ出そうな感じがします。

 


地図の「A地点」に「建設発生土処分場」がある。

 


「A地点」の写真

 


「B地点」の写真・・・「A地点」より上流の水色。

 


「C地点」の写真・・・「建設発生土処分場」より下流の水色。
「建設発生土処分場」の下流になるけど、それほど濁りは強くありません。この日は雨も一段落したタイミングなので、残土が流れ出てる様子はないようです。

 

「D地点」の写真
本流側の上流部は、特にひどい濁りはありません。湯ノ島温泉から1kmぐらい上流。

 

「E地点」
まだ茶色っぽい濁りはない。湯ノ島温泉の300mぐらい上流

 

「F地点」の写真
こちらも白っぽい濁りで、濃い濁りはない。湯ノ島温泉から100mぐらい上流。

 

ところが、不思議なことに湯ノ島温泉前あたりから、徐々に茶色っぽい濁りとなり、以下下流までずっと茶色く濁りが入っています。

 

さらに下流の地図です。

 


地図の「H地点」
能又川出合いの上流、茶色い濁りが濃くなってきました。

 

「G地点」の写真
能又川の水色は若干の濁りで、合流しています。

 

「I地点」の写真
対岸に赤土がむき出しの斜面があります。

 

「J地点」
木材の伐採のため、斜面に赤土のままの道路が作られ、広域な赤土斜面があります。見た目にも雨が降れば赤土が流れ出るだろうと思われる。
ここからさらに濁りは濃くなり、浅瀬でも石が見えないカフェオレ色。

 

「K地点」の写真
諸子沢の合流地点、諸子沢も若干の濁りがある。

 

このあたりから下流は、本当にひどい濃い濁りで、泥水のような茶色をしてます。正直なところ仮に水が澄んできたとしても、河床には多くの泥や砂が溜まっていると思われるので、川を歩いただけで濁りの煙幕が広がりそう。

 

この他にも、坂の上堰堤付近や、和田橋、小島あたりに土砂崩れの跡があり、さらに濁りが加わっている可能性があります。

 

写真 坂の上堰堤の土砂崩れ。

 

藁科川の濁りの原因は、さまざまな要因が重なり1つではないようですが、水色が変わったと思われるのが2箇所。

 

1つ目は、写真C地点から湯ノ島温泉の区間で、何らかの濁りが入っている感じがします。急に水色が茶色っぽくなります。

 

2つ目は、材木伐採の工事道路による赤土斜面。「写真J」と「写真I」 このあたりから濁りはとてつもなく濃くなります。

 

今日の濁り具合では、3週間経っても釣りが出来るかどうか疑問です。
最下流の牧ケ谷橋ぐらいまで来ると、徐々に泥が濾されて多少は水色が良くなりますが、それは表面的なものであり根本的な濁りの解消ではありませんね。

 

これじゃ、ひどい時の大井川と一緒!

自分は藁科川と大井川の年券を購入しましたが、どちらもまだまともに釣りが出来ない。

 

なんてこった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
調査ありがとうございます!
写真で見るとあちらこちらで酷い状況ですね…これは数年で良くなることはないですね(._.)
私も今後、興津や狩野川の年券を買うことになりそうな気がしてきました…
  • 鮎猫
  • 2019/07/08 8:39 AM
鮎猫さん
一見すると「建設発生土処分場」は、大きな要因でないように思われますが、大雨の最中や直後に確認しなければ本当のところはわかりません。
その理由として、湯の島温泉前から水色が茶色いに変化する要因が見当たらないからです。特に茶色い流れが付近から流入してるわけでもないのに、なぜこの付近から茶色いのか?憶測としては、上流から綺麗な水で洗い流されて、ちょうど湯の島温泉あたりまで土砂の浄化が進んでいたため、そこより下流はまだ茶色い濁りが出ている。(残っている)
たぶんこの憶測通りではないかと。

元を絶たなければ、この濁りは永遠に続きます。しかし、元を絶っても沈殿してる泥や砂が綺麗さっぱり押し流されるには相当な年月を要すると思われるので、今年も来年もずっと変わらないと思います。

年券は来年はよく検討した方が良いかもしれませんね。(^^;)
  • よしよし
  • 2019/07/08 10:51 AM
お元気ですか? 「元気じゃねえいよ!}と聞こえるようですが?

梅雨が明けて渇水状態になってから、安部川を攻略してくださいよ♪

●師匠は●●川で暴れてるようで! 静岡からはちょいと遠けど、当日券・年券も高価である
が、1週間もできる釣り人であれば、goodかしこ!現役を退任して、楽々釣り人か「キチ鮎釣り人」であればよかかなぁ〜

おいらは先週山女魚釣りに山形へ行ってきました。鮎釣りは解禁しましたので、釣り人には合いませんでしたが、宿のばぁばぁと6年ぶりに合いずーずー弁で楽しい2泊3日でしたよ♪

藁科川へは渇水になったらお邪魔する予定です。(候!)
  • 夏燃える鮎
  • 2019/07/12 11:22 AM
夏燃える鮎さん

健康でお元気そうなので安心しました。(笑)

解禁から1月半も経って、釣行2回なんて前代未聞の出来事ですよ。
安倍川はさらに濃い濁りで泥水状態、こんなでも鮎はどこかでエサ食って生き延びてるんですかねぇ?

出水が引いて渇水になれば、徐々に水は澄んでくると思いますが、沈殿してる細かな砂礫はすぐ舞い上がりますよ。

今年は、9月頃の台風がだめ押しとなって、そのまま濁りが取れずに鮎釣り終了って、考えたくもないけど現実味があります。

  • よしよし
  • 2019/07/12 12:39 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM