<< 2019年8月4日(日)福士川 | main |

2019年8月10日(土)藁科川

解禁日以来の藁科川ですが、その間ずっと濁りが取れず、やっと水が澄み平水の流れになったが、果たして魚は居るのだろうか?

 

普通なら待ちに待った日がやってきて小躍りするところ、川の様子は釣り人が極端に少なく閑散としてる感じ。何となく予感はしてたけど、状態が良いとは言えないようです。

 

朝から猛暑なので、少しは木陰がありそうな赤沢付近で始めることにしました。アカはあるけど、ハミがあるのは石の上部が多く、底にある石にはハミが少ない。川を切っても逃げる鮎も見えない。

 

 

 

瀬落ちの開けたザラ瀬、ところどころに茶褐色の石もあるので、まずはオトリを出してみます。オトリは元気が良く、落差のある石の間をイイ感じで上がってくれるけど、動き回った割には反応も無く、ポイントを少しづつずらして30mぐらい探りまわったけど反応無し。

 

「ダメだ、こりゃ釣れる気がせん。」

 

遊び鮎すら見えないので、もう手は尽くした感いっぱいで撤収。(^^; スー師匠は12cmぐらいのが1匹掛かったようですが、後が無く同じく終了。

 

移動するなら大きく動いてみようと、ほぼ最下流のカインズ前へ。

 


ここも釣り人がチラホラと、だけど昼食を摂ってる間に帰っていきました。まぁそうでしょ、だって石色がお世辞にも良いとは言えません。

 

小砂利が多い下流部、場所によっては小砂利にもアカがあり、本来なら黒光りに近いビール瓶のような色をしてるのですが、全体的に薄い茶色で磨かれてる風ではない。

 

でも川を切ってると、キラッキラッと鮎らしき輝きが水中に見えます。よく観察しても姿が見えないので、たぶん大きな鮎ではないと思われます。

 

ここでオトリを出して、絶好の筋をオトリが粛々と上がっていくも何の反応もありません。これは粘っても釣れないと思ったけど、他にね、あははポイントが見当たらない。って、暑くて河原を歩き回る気力が湧かない。

 

もう少し下流を攻めてみようと、オトリを付けたまま10mほど下っていると、なんだか掛かっています。けっこうこういうパターンで掛かることがありますね。

 

でもサイズは小さそうで、オトリと共に下流に流されていくだけの引きで、おもむろに竿を立てて抜こうと思った瞬間、フッと重みが無くなり仕掛けがフワフワと舞い上がる。

 

「オトリ1匹しかいないのに、なんてこった」   はい終了。(^^;


午前1時間、午後30分、たったこれだけで終わりました。

でも未練も執着心も無い、オトリが豊富にあっても釣れる気がしない。仮に釣れたとしてもマグレ、オトリが代わっても連発するような状態ではないことぐらいわかる。

 

まるボウズ、どうにも手の尽くしようも無い完敗です。

 

赤沢の中流部は、遡上の鮎がいないのか、はたまた土用隠れなのか、ハミはあるのでゼロではないけど、相当魚が薄いような感じ。

下流部は、遡上の鮎が少しはいるけど、友釣りの対象になるにはまだ先、ずっと照り込みが続きベタアカになって育ってからですかね。

 

一言で藁科ダメと言えばそれまでなので、今後に期待と言うことで、しばし様子見したほうが良いかなと思いました。

 


2019年8月10日(土)藁科川
場所: 赤沢 カインズ前
天候: 晴れ
アカ: 平均 50%
竿: エアーSL 8.0m
糸: アーマード 0.06号
ハリ: スピード6.0号 4本 
時間: 10:00〜11:00 13:30〜14:00
釣果: 0匹 (スー師匠1匹:12cm)
サイズ: 

 

 

 

 

 


コメント
台風前に高知県・仁淀川上流に3日間行ってきました。15cm〜21cmクラス・宿食で食べたが、絶品でした。京都・大阪の料亭から引き合いあり高値の引き合いがあり好評のようで!

数年前も確か鮎がいなかったことがありましたが、残念ながら今年の藁科川は、山崩れの影響があるようで、鮎釣り人にとっては残念です。

来年も山崩れの対応処理を早期にしないと、どうなることでしょうか?

  • 夏燃える鮎
  • 2019/08/20 3:52 PM
夏鮎さん
四国いいですね。飛行機で?
釣り以外にも、讃岐うどん食べたり、旅行に行きたいところです。

近頃、気象も極端な偏りで釣り人も大変だけど、当の鮎も生き抜きにくい環境になってる気がします。

鮎って不思議で、今年ダメでも翌年は良かったり、そのうち良くなると信じています。
  • よしよし
  • 2019/08/21 11:27 AM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM