<< 2019年9月8日(日)中部天竜川 | main | エアープランツってナニ? >>

2019年9月14日(土)藁科川

今日は、スー師匠に自分のわがままに付き合わせるように行先を決めました。バクチだけど今の藁科じゃまともに動いても釣れる気がしない。いずれにしてもハイリスク・ローリターンで割が合わない。(^^;

 

 

狙ったポイントは思ったよりも石が明るく、スー師匠いわく「これなら釣れるでしょ」という感想でした。その言葉の通り、始めてすぐにスー師匠が1匹掛けました。これで勇気づけられます。

 

ところが、ポイントを広く探り30mぐらいを行ったり来たり、それでも自分にはなかなか掛かってくれません。スー師匠もオトリが替わったのに次が掛からない様子。なんとなく悪い予感が漂ってきましたが、ネチネチとオトリを動かしていると、コン、クーンと心地良いアタリで待望の1匹目、しかも黄色い鮎でした。

 

遡上鮎っぽく、鼻筋がツンと尖った鮎です。小っちゃいけど。(^^;

 

連発、2匹目はすぐに掛かり、このまま良いペースで釣れるかと思いきや、また長い沈黙の時間が過ぎます。でも2匹釣った操作は貴重にインプットされてるので、なるべく同じ操作でポイントを探っていくと、忘れた頃にポロッ、ポロッと掛かってくれるようになりました。

 

入れ掛かりは無いけど、今年の藁科で複数匹も(マジ笑)釣れるなんて悪い気はしません。集中力も続くし、オトリも替わる、良い循環で釣りを継続出来てます。午前中だけで9匹はもう満足レベルです。

 

この日は、変なことにボウズハゼやダボハゼが鮎と同じ数ぐらい掛かり、スー師匠も同じだったようで原因がわからず不思議がってました。5cmぐらいの小さいやつが大半で、オトリの動きが変だなと引き寄せると、真っ黒いゴミのようにくっついてきます。もう勘弁してほしいのです。

 

ここで昼食休憩。
今までの藁科を思えば、もう充分満腹で満ち足りた休憩でした。

 

午後になると強風が吹き始め、操作感が曖昧になってきたけど、こういう時に威力を発揮するのが8m竿です。もし9m竿だったら支えてるだけでやっとの風力でした。とは言っても、集中力は風と共に失われていき、やっとの思いで5匹掛けただけで終わります。

 

 

今日の狙いは、放流鮎はどこにいったかわからないし、ほぼ居ないに等しい、だったら遡上の鮎に狙いを絞ったらどうかと、下流部への入川をスー師匠に提案したのでした。遡上の鮎はまだ小ぶりだし、正直なところ終盤の季節に小さい鮎を釣ってもなと思いつつも、無性に鮎を唐揚げで食べてみたいと思ったのです。

 

真っ黄色の鮎は釣れなかったけど、1筋だけ黄色になった鮎が半数は混ざったので、アタリはけっこう小気味良く、友釣りをしてる気分を味わえました。

 

 ひさびさのタモの中ワサワサ写真。


川中を歩くと、チャラチャラには10cmにも満たない鮎が逃げ、川の石が綺麗なのはこのチビッ子の仕業と思いますが、その中で多少成長したのが追って掛かってくれた感じがします。サイズは小さくて12cm、大きくても17cm、平均的なサイズは14、15cm程度でした。狙い通りの唐揚げサイズ。(笑)

 

今年の藁科で『ツ抜け』出来るとは思わなかったので、本日は良くできました花丸を付けたい1日となりました。(^^)/

 

 


2019年9月14日(土)藁科川
場所: 下流部
天候: 晴れ
アカ: 平均 60%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ 0.05号(ツケ糸0.4号 中天の仕掛けまんまw)
ハリ: スピード6.0号 4本
時間: 9:30〜12:00 13:30〜15:00
釣果: 14匹 (スー師匠9匹)
サイズ: 12〜17cm

 

 

 

 


コメント
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM