<< 2020年6月6日(土) 安倍川ー玉川 | main | ヒマな時はレザークラフト >>

数年同じ水中糸

梅雨入りした途端に、かなりの雨量で藁科川は真っ茶色!
でも、去年に比べれば澄むのが早くなり、4日程で水色が良くなってきました。アカは飛んでしまいましたが、残りアカにハミも見えるので、とりあえず鮎は健在と安心しています。

 

下流域のエサ釣りは絶好調で、仕事の合間に様子を見ていたら、釣れてる人で5分に2・3匹、釣れない人は15分に1匹、サイズも10cm〜14cmぐらいで、魚はけっこういる感じでした。

 

エサ釣りを観察してると面白いもので、釣れてる人のポイントはなだらかな平瀬でも、しっかり石の詰まったポイントですね。アカが無くても鮎は石のあるところが好きなようです。

 


今年はまだ水中糸にアーマードしか使ってません。渇水だったこともあり、特に金属糸の必要性も無かったし、股程度の水深ならアーマードで問題無しと思ってます。

 

あとは値段ですね。
買値3,000円程で150m巻きだから、これだけあったら何年使えるか見当も付きません。自分が使ってるのはアジメバルのリール用で、これだって魚が掛かって切れたことがない。

 

ちなみに、鮎用のアーマードもあるけど、鮎師にアーマードが評判になってから取ってつけたように発売したもので、鮎専用糸24m巻き買値1,500円に「おお〜よくもボッタクったものだ!」と苦笑いしたものです。

 

 

鮎用品はすべてにおいて高値、それでもお金持ちさんが買ってくれるからメーカーは平然と高価な設定をしてるとしか思えない。メタコンポ・・・ほんとのところの原価はいくらなんだよ?グチグチ(^^;

 

このアーマードの良いところは、値段や強度だけじゃなく、仕掛け作りが簡単なことです。ツケ糸などで編込みは不要、接続はトリプルエイトノット(3回捻りの8の字結び)で、過去に結び目で切れたことがありません。

 

ナイロンやフロロと同じように作れて、強度は金属糸並み、1つの仕掛けを何度も使い回しても大丈夫。まぁ安いから3回ぐらいでお役御免にしてますけど、ササクレが出てなければもっと使えると思います。

 

そんなわけで、ここ数年はアーマードとメタコンポの併用でシーズンを通してます。厳密に言えば、メタコンポにはヘビーという重い銘柄もあるけど、そこまで釣りが緻密じゃない自分にとっては比較のしようもありません。

 

現在は水深と水勢などで、アーマードとメタコンポを使い分けてるだけですが、オモリを上手に使いこなせれば、もうメタコンポが無くてもアーマードだけで充分かもしれない。

 

もちろん、諸条件に合った糸を使う方が釣りやすいのはわかるけど、そこまで釣果を追い求めないし、あとは腕でカバーしちゃいますよ。わっはは・・・定年になり湯水のごとく金があるわけじゃないからね。

 

って、これ書いてて、他の道具にも心当たりが・・・。

 

ハリ、ハリ、正直なところ、何でもお構いなし。尖ってれば種類は選ばない。ハリで気にするのはサイズだけ。だってハリ合わせをやったことないし、そもそも水の中の出来事がわかるわけがない。

 

ちなみに、釣行記でハリの種類を明記してますが、それは「たぶん」スピードだと思うけど、もしかしたらマルチかもしれない、この程度の認識で、ただ在庫のハリを使ってるだけでーす。(^^;

 

さて、今週末は釣りに行けるかな?
明日の金曜にどれだけ降るか、雨量次第ですね。

 

追加(6月19日 金)

たっぷり降っちゃいました!

すでに真っ茶色の濁流。今週も終わった!(^^;)

 

 

 

 


コメント
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM