<< 2020年6月27日(土) 藁科川 | main | 8月29日・30日の釣果 >>

和歌山 遠征釣行

6月以来のブログ更新で、鮎釣りシーズンなのに何やってんだって感じ。
1ヶ月にも及ぶ豪雨続きで、周辺の河川は大打撃を受けました。やっと梅雨明けしたものの川には鮎の姿が見えません。

 

早くも今年の鮎釣りは終わりかと、そんな危惧を抱えつつ、お盆休みは遠征釣行でうっぷん晴らしにと参加しました。総勢9名なので行先についてはすべておまかせです。

 


日釣り券 日替わりで3河川に行きました。

 

初日は熊野川水系の支流「大塔川」と「四村川」

 

大渇水で水は透き通り、それほど多くもない鮎が群れてます。こういう鮎を釣るのは大の苦手で、午前中は遊び鮎1匹の釣果。まぁこんなもんでしょうね。(^^;

 

 

監視員の方のアドバイスで、午後はお隣にある四村川へ移動することになりました。

 


ここも大渇水は変わらないけど、とくに群れ鮎は見えません。もしかしたら追う鮎がいるかもしれない。午前1匹と不甲斐ないので、駐車場所からなるべく離れて少しでも竿の入ってないポイントを目指しました。

 

そんな欲張りな考えが功を奏したのか、ここぞと思う筋でガツンガツンと連発ありの気持ちいい釣りが出来ました。とは言っても8月のこの時期になると魚が少な過ぎで爆釣は叶いません。初日の釣果は13匹。

 

 

2日目は、鮎釣りを始めた頃から憧れていた古座川です。静岡から高速を使っても6時間は掛かるはるか遠くの川。

 

この写真の釣り人が、次の写真で見ると小さく見える。

 

広大な流れに頭大の石がゴロゴロ、古座川らしい何とも壮大な景色です。

 

ここも大渇水に加え、連日釣り人が入って激シブな状態が続いてるとの情報で、過大な期待は持てません。ワクワクして焦りからオトリの扱いが乱暴になり案の定午前中はボウズ。

 

 

でも古座川の流れに立ち、オトリを泳がせているだけでちょっと幸せを感じました。またもう1回来たいなぁとぼんやり思う。午後は名ポイントに入ってみますが、午前中にも釣り人が居たし、只でさえ場荒れしてる注目ポイント。

 

筋の良いとこはどこもかしこも付き鮎がいません。ほぼ抜かれまくり、釣れるのは対岸のヘチっこやゆったり流れる大トロぐらいです。藁科でやってるからヘチ狙いは慣れてます。そんなとこで少し追っ気あるのを釣って終了。2日目の釣果は8匹。

 

 

観光でも有名な1枚岩。
写真の下に米粒のように水浴びしてる人が見えます。とてつもない巨岩に圧倒されます。


3日目は、帰途を考慮して、三重県の大内山川です。
前2日も水温が高かったけど、ここはさらに高温で鮎が酸欠状態になってます。しかし、その鮎の量たるや半端ない。まるで養殖池のように鮎がうじゃうじゃ居ます。ところが笑っちゃうぐらい掛からない。交通事故もない。もう呆れて口あんぐり。またしても午前中1匹の貧果に、午前中弱いなぁと情けなくなります。

 

メンバーみんなも、何で掛からんと不思議がってます。地元の方々もただただ我慢の立て竿でジッと泳がせてるだけ。目印の横で鮎がピョンピョン跳ね回ってるのに、オトリの周りには鮎がいっぱい居るのにね。(^^;

 

午後は絞り込みの早瀬に立ち、オトリを動かさない釣りに撤してると、ガガガーンといきなり掛かり、元気な野鮎も動かさず止めて待っているとまたガガガーンと掛かる。ちょっと不思議な釣り方だけど、これが1番コンスタントに掛かるみたいでした。3日目の釣果は13匹。

 

 


海も景色が良く、いろいろな魚種や釣り方が楽しめそうで、すごく魅力的な地域だなと実感しました。

 

わざわざ遠征釣行したのだから、もっともっと釣れて爆釣したい気持ちもあったけど、放流魚が湖産で追いが良いため、時期的にかなり数が少ないことや、異常な高水温など、ちょっと厳しい条件でしたが、みんなで釣ってビール飲んで、そんな旅行を楽しめば良いのだと思いました。

 

3日間の合計34匹。 本当は1日の釣果にしたい数です。(笑)


2020年8月13日(木) 熊野川(大塔川・四村川)
場所: 案内されただけで不明
天候: 晴れ 高温
アカ: 平均 90%
竿: エアーSL 8.0m
糸: アーマード 0.06号(ツケ糸0.3号)
ハリ: スピード号 6.5号 4本
時間: 9:00〜11:00 13:00〜16:00
釣果: 13匹 
サイズ: 15cm〜21cm


2020年8月14日(金) 古座川
場所: 案内されただけで不明
天候: 晴れ 高温
アカ: 平均 90%
竿: エアーSL 8.0m
糸: メタコンポ 0.05号 アーマード 0.06号(ツケ糸0.3号)
ハリ: スピード号 6.5号 4本
時間: 10:00〜11:00 13:00〜16:00
釣果: 8匹 
サイズ: 15cm〜20cm


2020年8月15日(土) 大内山川
場所: 案内されただけで不明
天候: 晴れ 高温
アカ: 平均 100% ベタアカ
竿: エアーSL 8.0m
糸: アーマード 0.06号(ツケ糸0.3号)
ハリ: スピード号 6.5号 4本 ヤナギ2本
時間: 10:00〜12:00 13:00〜16:00
釣果: 13匹 
サイズ: 15cm〜21cm


 


コメント
超お久しぶり。
シーズンなのに行ってないな。あれだ!と思っていたら、その通り。
私も同じ理由だけれど。(-_-;)

古座は行ってないな。
大内山は、行っているけれど。古座よりは近いから、大内山にでもぶらっと行くかな?

でも、遠いなぁ〜
ジジイになると、気力も落ちる。(-_-;)
  • Jさん
  • 2020/08/19 3:11 PM
Jさん
地元の川が壊滅的で、やるところが無いし、群れるだけの成魚放流の鮎なんか釣りたくないし、でも鮎釣りはやりたい。

と言うわけですが、大内山川は鮎だらけで半分こっちの川に分けて欲しいぐらい。

きっと雨で水が出れば、楽しめる川じゃないかなと思います。Jさんは平日も行けるんだから、タイミングをみて行ってみるのはアリですよ。
  • よしよし
  • 2020/08/19 7:14 PM
年をとると、気力も落ちるのよ。(-_-;)
アタシより二つ若いのを、誘ったら「そんなに遠いところへ」だった。(-_-;)

ソロで行くか?
  • J
  • 2020/08/22 7:30 AM
Jさん
初日はゆっくり出掛けて昼間に川見して、翌日早朝から目一杯やればいいじゃないですか。

歳とると2日連続は体力的に厳しいと思うので、余裕のスケジュールで満喫して下さい。

でも今はダメ、増水後が狙い目。
  • よしよし
  • 2020/08/22 11:33 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM