<< 安倍藁科、今シーズン終了? | main | ふざけたスマホゲーム >>

釣りの優先順位が変わる日

子供の頃の釣りは、その時捕れる獲物をどんな手段を使っても捕ることに夢中になった記憶があります。


渇水で川が干上がれば、ボッタイやタモで魚を追いかけ、玉ウキでフナを釣ったり、捕れれば何でも楽しかった。


18歳で車移動が可能となり、芦の湖のトラウトをルアーで釣ることにハマり、毎週通ってた時期があった。


ここから釣りの優先順位が固まり始め、ひとつの釣りに8割方没頭するようになります。


22歳頃から黒鯛にハマり、芦の湖通いは自然に終焉となります。


その後25歳頃にヘラブナを始め、釣りクラブにも在席して、かなり長い期間を夢中にさせてくれました。


40代始め頃になって、やっと鮎を始めます。もちろんそれまでに鮎は釣ってましたが、モリ、コロガシ、エサなどの釣りで、友釣りは40歳になってから。


現在の優先順位は当然の鮎であり、今後ずっと死ぬまで鮎が1番であると確信もしていました。


しかし、鮎の友釣りする環境が年々悪化し、どんなに苦心しても納得の釣りが出来なくなってきました。


テクニックは経験と共に上達してきたと思うけど、肝心の魚が少なくては釣果は伸び悩む一方で、循環必須の友釣りでは面白さも半減します。


川の環境で釣れなくなった原因はいろいろあれど、その原因に愚痴言っても現状が変わるわけでもない。


そこでひとつの手段として、遠くても釣れてる川に行く選択肢があります。ただ体力的にも、経済的にも負担が掛かります。


最近ぼんやりだけど、優先順位が変わるかもしれないと思う気持ちが強くなってきた気がしてます。


鮎2割、海2割、ヘラブナ6割。


そりゃ気持ちは鮎8割でいきたいけど、近場でまともに釣りが出来なきゃ、気持ちを変えていくしかない。


ヘラブナは台風の翌日でも釣り出来ちゃうからねぇ。


ブログもそろそろ潮どきか?

なんてことも考え始めてます。


切ないねぇ。

(TT)


コメント
こんにちはー
私も年々釣りに行く回数が減り、今年にいたってはまだ2回です(._.)釣り行くチャンスはあってもこの状況じゃ行く気にもなれず…
最近は安倍藁科をもうあきらめて、月一回ぐらい遠征する方が利口かなと思ってます。場合によっては引っ越しも含めて考えてます(^^;)
  • 鮎猫
  • 2020/10/05 11:18 AM
鮎猫さん
そうですね、行っても苦労するだけでストレス溜めて帰ってくるようじゃ、行く気にならないですよ。

引っ越しかぁ
考えることもありますよ。老後はのんびり鮎が釣れる川の近くで過ごしたい。しがらみが多くてなかなか実行は出来ないでいますが。
  • よしよし
  • 2020/10/05 11:43 AM
久しぶりです。
ほんとに切ないですね。
前は、バンバン掛かった川が、今ではポツンポツンです。今年は、色々有りましたから仕方ないですけど気分も釣果も沈みっぱなしです。
  • tom
  • 2020/10/05 9:07 PM
ご無沙汰してます。
年に数回しか出来ない釣りでは、休日を持て余します。代わりを見つけないと^_^

来年良くなる可能性も無いし、もう今から期待もしてません。
  • よしよし
  • 2020/10/06 9:14 AM
今年は6月中が、ホボ釣り可能の河川状態で、おまけに絶好調でした。
ところが皆さんご存じの通り、7月からはサッパリ。これまでの自然破壊=山林伐採等々と、地球温暖化による異常気象ですから、釣師の方でどうこうなる問題ではないと思っています。

そんなわけでよしよしさん同様の、見解に至りつつあります。
まあ、年齢も年齢になっているので、後アユ釣りが出来ても2〜3年。もう、そろそろですね。(-_-;)

そんなわけでよしよしさんもご存じの「Ok Google」を活用しています。(笑)
スピーカーは底ベタじゃなくて、少し浮かして置いた方が音がいい。空中に吊るすると、もっといい音が出るようです。(⌒∇⌒)

FireTVとかスマートスピーカーと、色々教えてもらい、世界が拡張しています。
こっちは鮎釣りと異なって、楽しいや。
  • J
  • 2020/10/09 11:16 AM
J さん
鮎釣りあと2,3年と言わず、出来るまで頑張ってやりましょうよ。自分だって止めるわけじゃない、ただ今までのように夏は毎週末鮎に行くことが、難しくなるのかなと覚悟せざる負えない。そう思ってるだけです。

アマゾンのアレクサも、ちょっと浮かせた方が音質に広がりが出て良い音色になります。専用のスタンドも売られてるけど、本体価格と比較して見合わない値段なので買う気になれません。

失礼な言い方だけど、年齢の割に新しいものに興味津々なJさんは凄いなと思います。アナログ一辺倒にならず、柔軟性があるのは頭はまだまだ若い証拠。
ダッチワイフ型のロボット(笑)が家事全般をやってくれる時代までお互い長生きしましょうね。
  • よしよし
  • 2020/10/11 9:11 PM
御無沙汰しております。
今シーズンは、久しぶりに安倍藁科の年券を買ったんですが、1回行ったきり。赤字でした(笑。
おっしゃるとおり、身近な河川が釣れないので、遠征ばかり。山梨だ、岐阜だ、富山だ、新潟だと・・・・・・。確かに、体力面・金銭面でキツいですが。釣れない川でストレスたまるより良いかなと。
ただ、回数は減りましたね。今年は特に。退職して、もっと行けるかと思ったんですが、再任用のフルタイムで働いているので、結局今までと変わらずです。私も、あと何年かなぁと考えてしまいます。
なんか寂しいですね。とりとめのないコメントですみませんm(_ _)m
  • 香魚
  • 2020/10/15 9:34 AM
香魚さん
どうもお久しぶりです。
まさか静岡の川がこんな風になるとは思ってもいませんでした。
鮎釣りは身近な遊びで、数日前から計画を立てて釣りに行く、そんな釣りではなかったと思います。遠征に行くのは、それはそれでひとつの楽しみ方ですが、地元でも釣れていて気分を変えて遠征って言うなら良いのですが、どうにもならないから遠征っていうのはとても辛いと思います。
まさかの鮎釣り衰退に戸惑っています。
  • よしよし
  • 2020/10/15 6:57 PM
↑顔文字を簡単にコピペ
コメントする









okabami.com トップページへ

categories
川小屋情報
藁科の釣り<川小屋発>

水量が一目瞭然!
○安倍・藁科川ライブカメラ
○藁科川奈良間カメラ
(静岡河川事務所HPリンク)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

釣りのブログが集まってます。
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode




powered
無料ブログ作成サービス JUGEM